今月のピックアップ
GIST(消化管間質腫瘍)とは
GIST(消化管間質腫瘍)とは
胃などに出来るがんですが、通常の胃がんとは発生原因などが異なるため、検査や治療方法にも違いがあります。
もっと知ってほしい乳がんの再発・転移のこと
もっと知ってほしい乳がんの再発・転移のこと
乳がんの治療期間は長く、経験者は再発・転移に不安を抱いています。再発・転移をテーマにした正しい知識と情報を学びましょう。
UDXオープンカレッジ もっと知ってほしい「小児がん」のこと2011 in 東京
UDXオープンカレッジ もっと知ってほしい「小児がん」のこと2011 in 東京
小児がんは、治療方法の進歩によって治療成績は目覚ましく改善されてきています。日本の小児がん医療をめぐる現状と課題を知る入門編としてご覧ください。
患者の悩み・家族の悩み
患者の悩み・家族の悩み
実際のがん患者さんやご家族は、どんな悩みを、どう和らげているのでしょうか。「医療者との関係」はどのようにしているのでしょうか。貴重な本音を教えて頂きました。

前立腺がん

z_176_177ced-150x150

高密度焦点式超音波療法(HIFU・ハイフ)(東海大学医学部付属八王子病院内田豊昭先生) 4/4ページ

東海大学医学部付属八王子病院 泌尿器科教授 内田豊昭先生。1999年、前立腺肥大症に使われていた治療法をがん治療に導入。機器の改良にも参加し、HIFUとともに歩み続ける。
その他の治療法|公開日:2014/02/12|キーワード:
z_173_175csad-150x126

高密度焦点式超音波療法(HIFU・ハイフ)(東海大学医学部付属八王子病院内田豊昭先生) 3/4ページ

放射線療法を受けて、いったんPSA値が下がっても、3~10年後に再発する場合があります。被ばくの問題があるので、放射線療法を再び行うことはできません。また、放射線療法で再発した場合は、照射した部分が癒着していることから、手術療法も難しいとされて…
その他の治療法|公開日:2014/02/12|キーワード:
z_169_172fwadvce-150x122

高密度焦点式超音波療法(HIFU・ハイフ)(東海大学医学部付属八王子病院内田豊昭先生) 2/4ページ

治療は治療台にあお向けに寝て、足を広げた体位で行います。肛門にプローブを入れて照射を始め、医師はモニター画面を見て、位置がずれていないか、治療領域の温度が適切か、便やガスがたまって治療の妨げになっていないかなどを、絶えずチェックしながら進…
その他の治療法|公開日:2014/02/12|キーワード:
z_164_168dsac-150x122

高密度焦点式超音波療法(HIFU・ハイフ)(東海大学医学部付属八王子病院内田豊昭先生) 1/4ページ

超音波は人間の耳で聞こえる範囲よりも高い周波数の音波のことで、医療現場では検査機器としてよく使われています。前立腺がんの診断に用いられる経直腸エコーもこれに当たります。胎児の診断をはじめ、最近は健康診断にもよく使われています。胎児の診断に…
その他の治療法|公開日:2014/02/12|キーワード:
z_162_163fvdsa-150x150

化学療法(東邦大学医療センター佐倉病院鈴木啓悦先生) 3/3ページ

東邦大学医療センター佐倉病院 泌尿器科教授 鈴木啓悦先生。治療開始のタイミング、分量など、患者さんに合わせてひと工夫。副作用を減らし、効果を引き出す抗がん薬の使い方には定評がある。
薬物療法|公開日:2014/01/07|キーワード:
z_156_161feqr-150x131

化学療法(東邦大学医療センター佐倉病院鈴木啓悦先生) 2/3ページ

ドセタキセルによる治療開始は、慎重を期す必要があります。ドセタキセルによる治療でPSA値が30%以上下がった人は、明らかに予後がよいことがわかっています。治療開始は早すぎても遅すぎてもよくないのです。ベストのタイミングで治療を始めるためには、血…
薬物療法|公開日:2014/01/07|キーワード:
z_152_155fvadsc-150x122

化学療法(東邦大学医療センター佐倉病院鈴木啓悦先生) 1/3ページ

前立腺がんの化学療法は、精巣腫瘍や膀胱がんの治療と違って、根治をめざすものではありません。抗がん薬を使いながら、がんの増殖や痛みを抑え、がんと上手につきあっていく治療法です。化学療法の対象となるのは、転移(進行)がんの患者さんで、ホルモン…
薬物療法|公開日:2014/01/07|キーワード:
z_150_151evfad_100

ホルモン療法(内分泌療法)(金沢大学附属病院並木幹夫先生) 3/3ページ

金沢大学附属病院 泌尿器科教授 並木幹夫先生。従来からのホルモン療法はもちろん、術後の補助療法としての可能性など、新しい展開に精力的に挑む。
薬物療法|公開日:2013/12/20|キーワード:
z_144_149fasdv-150x137

ホルモン療法(内分泌療法)(金沢大学附属病院並木幹夫先生) 2/3ページ

ホルモン療法として、もっとも一般的に行われている治療法は、LH-RHアゴニストと抗アンドロゲン薬を併用する治療法です。これは、CAB(combined androgen blockade)療法と呼ばれ、二つの薬を組み合わせて用い、精巣と副腎から分泌される男性ホルモンの働き…
薬物療法|公開日:2013/12/20|キーワード:
z_138_143dvs-120x150

ホルモン療法(内分泌療法)(金沢大学附属病院並木幹夫先生) 1/3ページ

ホルモン療法は内分泌療法ともいいます。前立腺がんは男性ホルモンと関係が深く、男性ホルモンがたくさんあるほど増殖する性質があります。そこで、男性ホルモンの分泌やその作用を抑えて、前立腺がんを小さくしていくのがホルモン療法です。がんを根治でき…
薬物療法|公開日:2013/12/20|キーワード:

がんがわかるWEB大賞