今月のピックアップ
GIST(消化管間質腫瘍)とは
GIST(消化管間質腫瘍)とは
胃などに出来るがんですが、通常の胃がんとは発生原因などが異なるため、検査や治療方法にも違いがあります。
もっと知ってほしい乳がんの再発・転移のこと
もっと知ってほしい乳がんの再発・転移のこと
乳がんの治療期間は長く、経験者は再発・転移に不安を抱いています。再発・転移をテーマにした正しい知識と情報を学びましょう。
UDXオープンカレッジ もっと知ってほしい「小児がん」のこと2011 in 東京
UDXオープンカレッジ もっと知ってほしい「小児がん」のこと2011 in 東京
小児がんは、治療方法の進歩によって治療成績は目覚ましく改善されてきています。日本の小児がん医療をめぐる現状と課題を知る入門編としてご覧ください。
患者の悩み・家族の悩み
患者の悩み・家族の悩み
実際のがん患者さんやご家族は、どんな悩みを、どう和らげているのでしょうか。「医療者との関係」はどのようにしているのでしょうか。貴重な本音を教えて頂きました。

ニュース・トピックス

news20170706_100

肺がん個別化医療、タグリッソ投与の課題は再生検

アストラゼネカ株式会社は、上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)「オシメルチニブ」(商品名:タグリッソ)の発売1周年記念を機に「TAGRISSO National Symposium 2017」を6月25日に開催。同シンポジウムにあわせ、「タグリッソ発売後1年の…
ニュース・トピックス|公開日:2017/07/06|キーワード:
news20161220_100

どう使うか、免疫チェックポイント阻害剤の課題と今後の展望

2015年から開催されているアストラゼネカ・オンコロジー・メディアセミナーは、オンコロジー領域(がん領域)で注目度の高いテーマをトピックにして開催。第5回目のテーマは、今注目の免疫チェックポイント阻害剤を基礎から理解するため、慶應義塾大学医学部…
news20160901_100

進行・再発大腸がんの2次治療に新たな選択肢

日本イーライリリー株式会社は、2016年5月に治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がんに対する治療薬とした血管新生阻害剤ラムシルマブ(商品名:サイラムザ)の適応追加の承認を取得。8月30日に「急増する大腸がんに新しい選択肢サイラムザ」と題したプレ…
ニュース・トピックス|公開日:2016/09/02|キーワード:
news20160809_100

ライフスタイルに合わせた乳がん治療、全摘して再建という治療選択

保険適用されて3年、インプラントによる乳房再建術の現状や課題に関して、アラガン・ジャパン株式会社が「インプラントによる乳房再建術の保険適用から3年、乳がん治療戦略の実態と展望」と題したプレスセミナーを、8月2日に開催しました。
ニュース・トピックス|公開日:2016/08/09|キーワード:
news20160629_100

前立腺がん、患者と医師の治療評価ギャップを補完する「PRO」という新指標とは?

ヤンセンファーマ株式会社は、6月22日に「前立腺がん治療におけるPROの重要性と健康関連QOLの意義」と題したメディアラウンドテーブルを開催。国立がん研究センター東病院の松原伸晃先生が、がん治療におけるPROの果たす役割や患者さんと医師のコミュニケー…
ニュース・トピックス|公開日:2016/06/29|キーワード:
news20160613_100

慢性骨髄性白血病の新たなマイルストーン「無治療寛解維持」という次なるステージの可能性

ノバルティス ファーマ株式会社は、6月8日に「慢性骨髄性白血病(CML)無治療寛解維持メディア勉強会」を開催。ノバルティス ファーマのメディカルドクターによる無治療寛解維持の可能性と注意点に関する説明と、東京大学医科学研究所先端医療研究センターセ…
ニュース・トピックス|公開日:2016/06/13|キーワード:
news20160506_100

非小細胞肺がん 分子標的薬2剤が直接対決

肺がん分野で、昨年、分子標的治療薬のアファチニブ(商品名:ジオトリフ)という薬剤が従来の分子標的治療薬よりも病状の進行を抑えることができるとの研究発表が、世界的な医学誌「Lancet Oncology」に掲載されました。
ニュース・トピックス|公開日:2016/05/12|キーワード:
news20160401_100

腎がん「ダヴィンチによる部分切除術」が先進医療から保険適用へ

3月30日に一般社団法人日本泌尿器科学会が記者会見を開催。理事長であり神戸大学大学院医学研究科腎泌尿器科学分野教授の藤澤正人先生が、ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術についての背景を話されました。
ニュース・トピックス|公開日:2016/04/01|キーワード:
news20160125_100

個別化が進む肺がん治療、遺伝子検査の重要性とは

アストラゼネカ株式会社は第3回アストラゼネカ・オンコロジーサイエンス・メディアセミナー「肺がん治療におけるアンメットメディカルニーズ~個別化医療最先端における遺伝子検査と治療のポイント~」を1月21日に開催。近畿大学医学部内科学腫瘍内科の中川和…
ニュース・トピックス|公開日:2016/01/25|キーワード:
news20151218_100

2015年ここが変わる!肺癌診療ガイドラインのポイントとは

「新しい肺癌診療ガイドライン2015年版の改訂ポイントとは?」と題したメディアセミナーを日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社が12月14日に開催。和歌山県立医科大学呼吸器内科・腫瘍内科教授で日本肺癌学会ガイドライン検討委員会の委員長でもある山本…
ニュース・トピックス|公開日:2015/12/18|キーワード:

がんがわかるWEB大賞