今月のピックアップ
GIST(消化管間質腫瘍)とは
GIST(消化管間質腫瘍)とは
胃などに出来るがんですが、通常の胃がんとは発生原因などが異なるため、検査や治療方法にも違いがあります。
もっと知ってほしい乳がんの再発・転移のこと
もっと知ってほしい乳がんの再発・転移のこと
乳がんの治療期間は長く、経験者は再発・転移に不安を抱いています。再発・転移をテーマにした正しい知識と情報を学びましょう。
UDXオープンカレッジ もっと知ってほしい「小児がん」のこと2011 in 東京
UDXオープンカレッジ もっと知ってほしい「小児がん」のこと2011 in 東京
小児がんは、治療方法の進歩によって治療成績は目覚ましく改善されてきています。日本の小児がん医療をめぐる現状と課題を知る入門編としてご覧ください。
患者の悩み・家族の悩み
患者の悩み・家族の悩み
実際のがん患者さんやご家族は、どんな悩みを、どう和らげているのでしょうか。「医療者との関係」はどのようにしているのでしょうか。貴重な本音を教えて頂きました。

乳がん治療にかかる費用の一例

あなたにあった治療法|更新日:2014/02/28[金]

乳がん治療にかかる費用の一例 乳がん治療を行った際にかかる費用の一例を掲載します。
 治療全体の費用として、ここで紹介した費用以外に、診察費・検査費・処置費をはじめとした諸費用がかかります。それぞれの患者さんの病状や、かかる医療機関によって費用が異なる場合もありますので、ご注意ください。
 また、1カ月間の自己負担額が一定限度額を超えた場合、公的医療保険から払い戻しを受けられる「高額療養費制度」があるので、加入している健康保険や共済などの窓口にお問い合わせください。
 このページは編集部にて作成しました。

40代、I期、HER2陽性/ホルモン受容体陰性の場合

乳房温存療法(リンパ節郭清なし)+術後薬物療法(抗がん薬、分子標的薬)
治療法 治療スケジュール 自己負担額(概算)
手術 リンパ節郭清なしの乳房部分切除術:
1週間の入院
 
約18万円
放射線療法 5日間×5週間の通院 約5000円×25=約13万円
術後薬物療法 【抗がん薬】
FEC療法:3週間ごと×6回
パクリタキセル:1週間ごと×12回
 
約3万円×6=約18万円
約1万4000円×12=約17万円
【分子標的薬】
トラスツズマブ:3週間×18回
 
約3万5000円×18=約63万円
約129万円

50代(閉経後)、IIIa期、リンパ節転移2個、HER2陰性/ホルモン受容体陽性の場合

乳房切除術(腋窩リンパ節郭清あり)+術後薬物療法(ホルモン療法薬、抗がん薬)+自家組織による二期再建
治療法 治療スケジュール 自己負担額(概算)
手術 リンパ節郭清ありの乳房切除術:
1週間の入院
 
約20万円
術後薬物療法(ホルモン療法+抗がん薬治療) 【アロマターゼ阻害薬】
アナストロゾール:1日1回×5年間
 
1カ月分約5000円×12×5=約30万円
【抗がん薬】
FEC療法:3週間ごと×6回
パクリタキセル:1週間ごと×12回
 
約3万円×6=約18万円
約1万4000円×12=約17万円
乳房再建 腹直筋皮弁法:2週間程度の入院 約60万円
約145万円

30代、II期、リンパ節転移2個、HER2陽性/ホルモン受容体陽性の場合

術前薬物療法(抗がん薬、分子標的薬)+乳房温存療法(リンパ節郭清あり)+術後薬物療法(ホルモン療法薬)
治療法 治療スケジュール 自己負担額(概算)
術前薬物療法
(抗HER2療法)
【抗がん薬】
AC療法:3週間ごと×4回
ドセタキセル:3週間ごと×4回
 
約1万円×4=約4万円
約3万円×4=約12万円
【分子標的薬】
トラスツズマブ:3週間×18回
 
約3万5000円×18=約63万円
手術 リンパ節郭清ありの乳房部分切除術:
1週間の入院
 
約20万円
放射線療法 5日間×5週間の通院 約5000円×25=約13万円
術後薬物療法
(ホルモン療法)
【抗エストロゲン薬】
タモキシフェン:1日1回×5年間
 
1カ月分約3000円×12×5=約18万円
【LH-RHアゴニスト製剤】
ゴセレリン:4週間ごと×2年間
 
約1万3000円×24=約31万円
約161万円

※自己負担額は、健康保険適用による3割負担の金額を記載しています。
※抗がん薬および分子標的薬の費用は、体表面積や体重によって異なります。ここでは、モデルケースとして身長160cm体重50kgで算出しています。

(名医が語る最新・最良の治療 乳がん 2011年11月25日初版発行)

みんなの感想:この記事はあなたの健康に役立ちましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
58% 21% 0% 21%
一言感想

この記事を読んだ人が興味のある記事はこちら


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。