今月のピックアップ
GIST(消化管間質腫瘍)とは
GIST(消化管間質腫瘍)とは
胃などに出来るがんですが、通常の胃がんとは発生原因などが異なるため、検査や治療方法にも違いがあります。
もっと知ってほしい乳がんの再発・転移のこと
もっと知ってほしい乳がんの再発・転移のこと
乳がんの治療期間は長く、経験者は再発・転移に不安を抱いています。再発・転移をテーマにした正しい知識と情報を学びましょう。
UDXオープンカレッジ もっと知ってほしい「小児がん」のこと2011 in 東京
UDXオープンカレッジ もっと知ってほしい「小児がん」のこと2011 in 東京
小児がんは、治療方法の進歩によって治療成績は目覚ましく改善されてきています。日本の小児がん医療をめぐる現状と課題を知る入門編としてご覧ください。
患者の悩み・家族の悩み
患者の悩み・家族の悩み
実際のがん患者さんやご家族は、どんな悩みを、どう和らげているのでしょうか。「医療者との関係」はどのようにしているのでしょうか。貴重な本音を教えて頂きました。

炎症性乳がんとは

あなたにあった治療法|更新日:2014/02/28[金]

炎症乳がんとは 炎症性乳がんは、一般的な乳がんと比較して進行のスピードの速いがんです。浸潤がんの患者さんの0.5~2%とされる、まれなタイプですが、近年増加傾向にあります。
 がん細胞が乳房全体に広がっていき、乳房の皮膚がオレンジの皮のように赤く腫(は)れることが特徴で、乳房に痛みや熱感を伴うことがあります。しこりをつくらないことと炎症のようすから、乳腺炎などと間違えられやすく、気づいたときにはすでに進行していることが多くなっています。似た症状があれば、必ず専門医を受診し、早急に、乳がんかそうでないかの診断を受けましょう。
 炎症性乳がんの治療は、手術や放射線療法などの局所療法だけでは十分な効果が得られないものの、手術前の抗がん薬治療が効いた患者さんは治療後の経過がよいことが報告されています。そこで、まず抗がん薬を使うことが診療ガイドラインで推奨されています。抗がん薬治療でもっとも有効性が高いとされるのは、アンスラサイクリン系の抗がん薬によるFEC療法と、タキサン系の抗がん薬パクリタキセル(商品名タキソール)の併用療法です。HER2が陽性の場合は、分子標的薬のトラスツズマブ(商品名ハーセプチン)を併用することもあります。
 抗がん薬治療で効果があっても、炎症性乳がんは広い範囲にがんが散っているため、手術は乳房切除術(全摘)となることがほとんどです。再発を予防するために放射線療法も行う必要があるため、乳房再建は行えません。
 手術後は、HER2が陽性の場合はトラスツズマブによる治療を続け、ホルモン受容体が陽性の場合はホルモン療法薬(閉経前は抗エストロゲン薬、閉経後はアロマターゼ阻害薬)を使います。HER2、ホルモン受容体がともに陰性(トリプルネガティブ)の場合は、抗がん薬治療になります。

(名医が語る最新・最良の治療 乳がん 2011年11月25日初版発行)

みんなの感想:この記事はあなたの健康に役立ちましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
30% 50% 0% 20%
一言感想

この記事を読んだ人が興味のある記事はこちら


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。