今月のピックアップ
GIST(消化管間質腫瘍)とは
GIST(消化管間質腫瘍)とは
胃などに出来るがんですが、通常の胃がんとは発生原因などが異なるため、検査や治療方法にも違いがあります。
もっと知ってほしい乳がんの再発・転移のこと
もっと知ってほしい乳がんの再発・転移のこと
乳がんの治療期間は長く、経験者は再発・転移に不安を抱いています。再発・転移をテーマにした正しい知識と情報を学びましょう。
UDXオープンカレッジ もっと知ってほしい「小児がん」のこと2011 in 東京
UDXオープンカレッジ もっと知ってほしい「小児がん」のこと2011 in 東京
小児がんは、治療方法の進歩によって治療成績は目覚ましく改善されてきています。日本の小児がん医療をめぐる現状と課題を知る入門編としてご覧ください。
患者の悩み・家族の悩み
患者の悩み・家族の悩み
実際のがん患者さんやご家族は、どんな悩みを、どう和らげているのでしょうか。「医療者との関係」はどのようにしているのでしょうか。貴重な本音を教えて頂きました。

治療方針を決める(昭和大学医学部・昭和大学病院ブレストセンター中村清吾先生) 2/2ページ

乳がんの治療法を選ぶ前に|更新日:2013/07/11[木]

治療法の選択

 乳がん治療は、乳房部分切除術、乳房切除術、放射線療法、術前・術後の薬物療法などを組み合わせて進められます。

手術、放射線療法 薬物療法の組み合わせ

乳がんの病期(ステージ)

 乳がんの治療は、手術、放射線療法、ホルモン療法薬、抗がん薬、分子標的薬などによる薬物療法を組み合わせて進められます。手術や放射線療法は乳房部分にあるがんのかたまりを取ったり殺したりする治療なので局所療法、薬物療法は、全身に散っている可能性のある微小ながんを叩くので全身療法といいます。
 手術のみ、あるいは何らかの全身療法を加えるか、全身療法のみかといった乳がん治療の基本的な方針は、がんの進行度によって変わります。0期の非浸潤がんでは手術だけですむことがほとんどです。
 I期~IIIa期の浸潤がんも手術を前提に考えます。その場合、手術の前後に抗がん薬や分子標的薬、ホルモン療法薬を用いて、目に見えないがんを叩いたり、手術後に放射線でがんの取り残しを叩いたりする治療が追加されます。乳房をすべて取る、いわゆる全摘手術を受けたあと、希望する人に対しては、新しく乳房を造る乳房再建を実施することもあります。
 がんがIIIa期より進行している場合、患者さんの体調や意向にもよりますが、多くは手術をせず、抗がん薬や分子標的薬、ホルモン療法薬を用いて全身に散ったがんを叩く治療が進められます。
 再発や遠隔転移した場合は、可能ならば手術を行う場合もありますが、ほとんどは薬物療法が中心となります。
 これは、基本的な治療方針ですが、乳がんではそのタイプや患者さんの希望、閉経前か後か、子どもを希望するかどうか、あるいは経済的な側面、職業や家庭の状況といったライフスタイルまで含めて、治療方針が検討されます。がんのなかでは、もっとも「個別化医療」が進んでいるがんといえるでしょう。

初期治療は全身療法と局所療法を組み合わせて行われる

しこりの大きさや位置で術式を決める

 乳がんの手術は、大きく分けて二つあります。病変を中心に、乳房の一部を切除する乳房部分切除術、一般に放射線療法とセットになって乳房温存療法と呼ばれる手術と、がんのできた側の乳房をすべて切除する乳房切除術、一般に全摘と呼ばれる手術です。
 現在では、乳がんの病期が0期~II期でしこりの大きさが3cm以下であれば乳房温存療法が第一選択となっています。しかし、しこりが3cm以上あっても、手術前の薬物療法でしこりが3cm以下にまで小さくなれば、乳房温存療法も可能です。
 ただし、乳房の大きさには個人差があり、たとえばしこりの大きさが3cm以下でも乳房が小さい場合は、乳房温存療法でも乳房の形が損なわれることも考えられ、乳房切除術(全摘)を行って乳房を再建することを選択する患者さんも増えています。
 がんの大きさと乳房のバランスや、がんのある位置によっても乳房を温存できるかどうかは左右されます。しこりの数が二つ以上で離れた場所にある場合は、乳房温存療法は適応できません。また、乳がんのなかには大きなしこりになるものもあれば、細かく広範囲に散らばっていくものもあります。病変が広範囲にわたるものは乳房切除術(全摘)が適応となります。ですから、3cmというのは、あくまでも目安であって、それ以内であれば必ず温存できるとはいえません。
 3cm以上の浸潤がんの多くは、乳房切除術が行われます。

手術はがんの状態や乳房の大きさが考慮される

乳房切除術では再建を考慮 乳輪や乳頭を残す方法も

早期発見・早期治療で約90%が治る

 いまの乳房切除術は、胸筋は残し、乳房だけを皮膚ごと切除する「胸筋温存乳房切除術」が、標準治療となっています。
 乳房再建をする場合は、皮膚は残して乳腺だけくり抜く「皮下乳腺切除術」や、同じ手法で乳輪乳頭も残す「乳輪乳頭温存乳房切除術」などを行うことも増えています。

手術後に放射線を照射しがんの取り残しをたたく

 放射線療法は、放射線の一種のX線をがん細胞に照射することで、がん細胞を殺したり、増殖を止めたりする治療です。乳房温存療法としてセットで行われ、乳房部分切除術のあとに併用するほか、リンパ節に転移した可能性があるときに、腋窩(えきか)リンパ節郭清(かくせい)(わきの下のリンパ節を切除する手術)のあとにも行われます。
 放射線療法は、照射量や回数が決められていますが、患者さんの状態や希望によって1回の照射量を増やし回数を減らす「短期照射」も行われるようになりました。また、放射線を用いた乳がん治療の新しい試みも始まっています。

手術前後に行われる 微小ながんをたたく薬物療法

 乳がんの治療で使われる薬には、ホルモン療法薬、抗がん薬、分子標的薬があります。日本人の乳がん患者では、ホルモン療法薬の効くタイプのがんが多いため、薬物療法のなかでもホルモン療法は重要な位置を占めます。
 ホルモン療法薬は女性ホルモンのエストロゲンが関係するがん細胞に作用するもので、エストロゲンの産生を抑えたり、その働きをブロックしたりします。脂肪からエストロゲンが作られないようにするものもあります。抗がん薬はがん細胞のDNAに作用して、がん細胞を殺したり、がん細胞の増殖を防いだりする薬です。ただし、全身の正常な細胞への影響も避けられません。分子標的薬はもっとも新しく登場した薬で、がん細胞の生物学的メカニズムを担う分子(HER2受容体=以下HER2など)を狙い撃ちにします。HER2は乳がんの増発にかかわるたんぱく質で、この働きを阻害することで、がん細胞の増殖を抑えます。
 最近の乳がん治療の傾向として、どの患者さんにも漫然と薬を使うのではなく、乳がんのサブタイプ分類に合わせて、効く薬を効く人だけに使おうという考え方が重要視されています。これにより、効かない薬を使って副作用を招くという、患者さんにとっての不利益を避けることができるようになっています。
 たとえば、治療前に行う生検(組織診)で、エストロゲンを受け取るホルモン受容体の「エストロゲン受容体」や「プロゲステロン受容体」が陽性であれば、ホルモン療法薬を用いた治療が第一選択となります。また、HER2というたんぱく質が陽性であれば、そのたんぱく質を標的とする分子標的薬を用いた治療が優先されます。

四つのサブタイプ分類で治療法を絞り込む

乳がんのサブタイプ分類

 サブタイプ分類では、ホルモン受容体の状態、HER2の状態などから、乳がんのタイプを「ルミナルA型」「ルミナルB型」「HER2型」「基底細胞様型」の四つに分けて、用いる薬やその組み合わせなどを考えていきます。

(1)ルミナルA型
 ホルモン受容体陽性で、HER2陰性。分化度(細胞としての成熟度)が高く、増殖のスピード(増殖能 Ki‐67など)が遅い性質のがん。ホルモン療法薬がよく効くので、ホルモン療法が第一選択となります。抗がん薬による治療を必要としないこともあり、日本人の乳がん患者の約60%がこのタイプに当たります。

(2)ルミナルB型
 ホルモン受容体陽性で、HER2は陰性か陽性。ただし、Ki‐67などが高い値(増殖能が高い)を示しているため、増えるスピードは速い。このタイプは、ホルモン療法薬、抗がん薬が基本で、HER2が陽性ならば分子標的薬を加えます。日本人の乳がん患者の約5%です。

(3)HER2型
 ホルモン受容体が陰性で、HER2が陽性のタイプ。ホルモン療法による薬の効き目はあまり期待できませんが、分子標的薬がよく効きます。日本人の乳がん患者の約10%です。

(4)基底細胞様型
 ホルモン受容体陰性、HER2陰性で、一般に「トリプルネガティブ」タイプと呼ばれています。トリプルといわれるのは、ホルモン受容体をエストロゲン受容体とプロゲステロン受容体とに分けているためです。ホルモン療法薬や分子標的薬ではあまり効果は見込めませんが、抗がん薬がほかのタイプに比べて効きやすいので、抗がん薬治療が第一選択となります。日本人の乳がん患者の約15%程度です。

抗がん薬が効くかどうかを調べる遺伝子検査も登場

 ホルモン受容体、HER2以外にも、がん細胞にあるいくつかの遺伝子を調べることで、抗がん薬の効きやすさを測定する検査も登場しています。これにより、その患者さんに抗がん薬治療が効果があるかどうかをより確実に示すことができるようになりました。ただし、この検査は健康保険が使えないので、自費診療になります。

妊娠希望なども考慮する 妊娠中でも治療ができる

 若い乳がん患者さんの場合、妊娠を希望されることもあります。また、妊娠中に乳がんがわかる場合もあります。
 こうした場合は、おなかの赤ちゃんに影響が及ばないような抗がん薬を上手に使って妊娠を継続し、出産後に手術や放射線療法などを行うことができます。いまの医療であれば、出産をあきらめなくていいのです。

病期・がんの性質別にみる治療法の選択

(名医が語る最新・最良の治療 乳がん 2011年11月25日初版発行)

みんなの感想:この記事はあなたの健康に役立ちましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
18% 55% 18% 9%
一言感想

この記事を読んだ人が興味のある記事はこちら


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。