今月のピックアップ
GIST(消化管間質腫瘍)とは
GIST(消化管間質腫瘍)とは
胃などに出来るがんですが、通常の胃がんとは発生原因などが異なるため、検査や治療方法にも違いがあります。
もっと知ってほしい乳がんの再発・転移のこと
もっと知ってほしい乳がんの再発・転移のこと
乳がんの治療期間は長く、経験者は再発・転移に不安を抱いています。再発・転移をテーマにした正しい知識と情報を学びましょう。
UDXオープンカレッジ もっと知ってほしい「小児がん」のこと2011 in 東京
UDXオープンカレッジ もっと知ってほしい「小児がん」のこと2011 in 東京
小児がんは、治療方法の進歩によって治療成績は目覚ましく改善されてきています。日本の小児がん医療をめぐる現状と課題を知る入門編としてご覧ください。
患者の悩み・家族の悩み
患者の悩み・家族の悩み
実際のがん患者さんやご家族は、どんな悩みを、どう和らげているのでしょうか。「医療者との関係」はどのようにしているのでしょうか。貴重な本音を教えて頂きました。

大腸内視鏡検査 (広島大学病院田中信治先生) 1/3ページ

治療方針の決定|更新日:2013/08/23[金]

大腸内視鏡を用いた検査・診断法

 正しい治療法の選択において欠かせない大腸内視鏡検査。内視鏡と診療技術の進歩により、診断の精度は劇的に向上している。

5mm以下の微小病変までカメラが映し出す

 内視鏡は、直径1cmほどの細くてよく曲がる管状の先端に小型カメラやライトがついたスコープと、カメラから送られた映像をモニターに映し記録するビデオ装置などが組み込まれた内視鏡システム本体部分からなります。
 口や肛門(こうもん)などから挿入して、体の内部を直接のぞくことができるため、大腸がんをはじめとする消化管のがん(食道がんや胃がん)のほか、さまざまな病気の診察や治療に用いられています。特に今の内視鏡は、画面が非常に鮮明に映るハイビジョンシステムを採用しているため、体の内部のようすが手に取るようにわかります。ほかの検査装置による画像診断では見落としがちな、5mm以下の微小な病変やヒダの裏の小さな病変まで発見することができ、これまでの診断のありかたを大きく変えました。

大腸内視鏡のしくみ

大腸内視鏡の診断精度を上げた最新観察法

 病変をみつけるだけでなく、内視鏡の先端部からは専用の器具を自由に出し入れできるため、作業に応じて、鉗子(かんし)(物をつかんだり引っ張ったりするために使う器具)やスネア(病変を切除する輪状の器具)などを取りつけて、病変組織の一部、あるいは全体を採取・切除することができます。
 ポリープなどの病変がみつかった場合、内視鏡から生検用の鉗子を通して、2~3mmの組織を採取することをバイオプシー(生検)といいます。取った組織は病理検査に回します。
 さらに、後述するように病変を色素で染色したり(染色観察)、拡大したり(拡大観察)、特殊な光を当てたり(画像強調観察)することで病変の形状、壁深達度などを判別する観察法も専門の医療機関によって行われています。これらの技術により、生検をしなくても早期がんの診断ができるようになったため、早く確実に患者さんを治療することが可能になりました。

生検鉗子で数mmの組織を採取する

手術が予想される場合はバイオプシーを行う

大腸内視鏡の検査

 内視鏡で治療できる可能性が高い場合は、病理検査のために組織を取ることはほとんどせず、そのまま検査を終了します。小さなポリープなどであれば、その場で切除する治療に移ることもあります。
 一方、内視鏡検査による観察の結果、進行がんで手術が必要だと考えられる場合は、バイオプシーを行います。組織の一部を生検鉗子で切り取って採取し、採取した組織は病理学的な検査をして確定診断の材料にします。後日、結果がわかった段階で治療方針を決めていきます。
 内視鏡検査がほかの検査と大きく異なる点は、治療を兼ねる場合もあるところです。その日のうちに治療をするかどうかは、医療機関の考え方や病変の大きさ、患者さんの希望、体調などによって異なります。事前に確認しておくことをお勧めします。

(名医が語る最新・最良の治療 大腸がん 2012年6月26日初版発行)

みんなの感想:この記事はあなたの健康に役立ちましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
20% 80% 0% 0%
一言感想

この記事を読んだ人が興味のある記事はこちら


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。