クレアチニン執筆者:昭和大学病院医学部医学教育推進室教授 高木 康/昭和大学横浜市北部病院病院長 田口 進

つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus

腎臓や筋肉の病気などを調べる検査です。高値のときは、腎機能がかなり悪化している可能性があります。筋肉の萎縮する病気の場合は、低値になります。

クレアチニンとは

 尿素窒素と同様、体内の蛋白質が分解されたあとの最終産物。筋肉内でクレアチンという物質からつくられて血液中に出現し、腎臓から尿中へ排泄される。

医師が使う呼び方:「ニン」=クレアチニンから

クレアチニンの基準値

男性:0.5~1.0mg/dl

女性:0.4~0.8mg/dl

(酵素法)

腎機能が低下すると高値に

 尿素窒素(ちっそ)と同様に、腎(じん)臓病の疑いがあるときに行う検査です。

 ただし、尿素窒素は腎臓では糸球体で濾過(ろか)されて、尿細管から再吸収されますが、クレアチニンは糸球体から濾過されるだけで、尿細管から再吸収はされません。さらに、クレアチニンは、腎臓以外の影響を受けにくいという性質があります。

 そのため、腎臓の排泄能力の指標としてより有効で、クレアチニンの上昇は、腎機能が低下した状態をよりよく反映しています。

 しかし、クレアチニンは、腎機能(糸球体濾過率)が正常の50~75%以下になるまでは上昇しないため、軽度の腎機能障害の判定には適当とはいえず、そのためには次に述べるクレアチニン・クリアランスの検査が必要です。

筋肉の萎縮する病気では低値に

 クレアチニンは、筋肉の病気を調べるときにも検査されます。

 筋肉内で合成されるクレアチニンの量は筋肉の量に比例するため、筋ジストロフィー症などの筋肉の萎縮(いしゅく)する病気があるときは、低値になります。

男性は女性より高値

 測定法にはいくつかあり、それぞれで基準値が若干異なります。ここで提示している酵素法では、酵素の入った試薬と比色計を用いて測定します。

 筋肉量の多い男性は、女性と比べると10~20%高値になり、体格のよい人は当然、高値になります。

 また、年齢が増すごとに糸球体濾過率が低下するため、高値になります。しかし、同時に筋肉量も低下するため、高齢者では腎機能の指標としての血清クレアチニンは、わずかしか上昇しないので、注意が必要です。

 検査当日の飲食は普通にとってかまいません。前日・当日の激しい運動は控えます。

基準値以上のときは繰り返し検査を

 基準値以上のときは繰り返し検査を行い、いつも基準値を超えるような場合は、糸球体濾過率はすでに3分の1~2分の1に低下していると考えられます。

 運動や食事などに気をつけて、脱水・感染・妊娠などの憎悪因子を避けるような日常生活を送る必要があります。

 また、慢性腎疾患では月1~2回測定し、さらに糸球体濾過率を推定するために、クレアチニン・クリアランスを半年ごとに調べるほうがよいでしょう。

疑われるおもな病気などは

  • 高値

    腎機能障害(腎不全)、肝硬変、降圧薬服用など
  • 低値

    筋疾患(筋ジストロフィー症)、長期臥(が)床、妊娠など

おすすめの記事

出典:四訂版 病院で受ける検査がわかる本 2014年7月更新版