すべて
病名
 × 

胸膜炎と膿胸
きょうまくえんとのうきょう

もしかして... マイコプラズマ肺炎  肺炎

つぶやく いいね! はてなブックマーク

胸膜炎と膿胸とは?

どんな病気か

 胸膜は、肺の表面をおおう臓側胸膜と胸壁にある壁側胸膜からなり、その間を胸膜腔といいます。胸膜腔には少量の液体(胸水)があります。胸膜炎とは胸膜に炎症が起きた状態で、その多くの場合、胸腔に滲出液がたまります。

 胸膜炎のうち、炎症が細菌性によるもので、胸水が膿性で著しく混濁している場合を膿胸といいます。

原因は何か

 胸膜炎の原因となる病気にはいろいろありますが、小児科領域では肺感染症に伴うものが大半で、マイコプラズマ肺炎では、約20%に胸水貯留があると報告されています。

 肺炎の炎症が臓側胸膜に及ぶと、毛細血管の透過性が亢進し、そのため胸水がたまり、炎症細胞が胸腔内に進入します。さらに炎症が進むと胸水がさらにたまります。また、そこに細菌が侵入すると膿胸となります。

 膿胸の原因としては、かつては黄色ブドウ球菌が多かったのですが、近年ではまれになってきています。

 膿胸では、最終的には胸膜で線維芽細胞の増殖が起こり、皮膜が形成されます。皮膜により、膿胸のある肺は弾性を失い、再膨張が阻害されるようになります。

症状の現れ方

 胸膜炎の症状として胸痛(咳や深呼吸で強くなる刺すような痛み)、胸部絞扼感(締めつけられるような感じ)、呼吸困難などがあります。胸水の貯留が大量になると呼吸困難が進行します。膿胸では、胸痛は少なくなります。

検査と診断

 胸部X線やCT、超音波検査が胸水の確認に有用です。胸水がある程度以上たまっている場合には、胸腔穿刺(管を刺す)をして胸水を採取します。細菌学的検査、病理学的検査、生化学的検査を行い、原因を検索します。

治療の方法

 まず胸膜炎を起こした原因疾患の治療を行います。ウイルスや肺炎マイコプラズマによる場合は、胸膜炎の原因になった肺感染症の治療で改善することが多く、実際に胸腔穿刺まで行うことはほとんどありません。

 胸水が多量にたまり、呼吸困難を起こしているような場合には、胸水の排液を行います。膿胸では、胸腔穿刺液から行った細菌検査の結果をもとに、抗菌薬を投与します。

(執筆者:新潟厚生連新潟医療センター小児科医長 坂井 貴胤)

胸膜炎に関連する可能性がある薬

医療用医薬品の添付文書の記載をもとに、胸膜炎に関連する可能性がある薬を紹介しています。

処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

・掲載している情報は薬剤師が監修して作成したものですが、内容を完全に保証するものではありません。

胸膜炎に関連する可能性がある薬をもっと見る

おすすめの記事

胸膜炎と膿胸に関する医師Q&A