すべて
病名
 × 

扁桃肥大
へんとうひだい

扁桃肥大とは?

 咽頭粘膜下には多数のリンパ節小胞が分布しており、これらが集まったものを扁桃といいます。咽頭扁桃、耳管扁桃、口蓋扁桃、舌扁桃などがあり、口蓋扁桃はのどの奥、左右両側にあります。一般的には、口蓋扁桃の大きい場合を扁桃肥大といいます。

 口蓋扁桃は2~3歳より増大し、4~5歳より急速に増大し、7~8歳で最大となり、以後は小さくなっていきます。もともと扁桃が大きい時期があるので、大きいというだけでは治療の対象にはなりません。大きいために何らかの症状がある場合に治療の対象となります。

 ほとんどの場合、口蓋扁桃肥大からの症状はありませんが、口蓋扁桃は空気や食物が通る所にあるため、症状としては口蓋扁桃が気道を狭窄するために起こるいびきや睡眠時の無呼吸、食物の通過障害があります。睡眠時の無呼吸がある場合には治療の対象となります(睡眠時無呼吸といびき)。

(執筆者:新潟厚生連新潟医療センター小児科医長 坂井 貴胤)

扁桃肥大に関連する可能性がある薬

医療用医薬品の添付文書の記載をもとに、扁桃肥大に関連する可能性がある薬を紹介しています。

処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

・掲載している情報は薬剤師が監修して作成したものですが、内容を完全に保証するものではありません。

扁桃肥大に関連する可能性がある薬をもっと見る

おすすめの記事

扁桃肥大に関する病院口コミ

扁桃肥大に関する医師Q&A