すべて
病名
 × 

蟯虫症
ぎょうちゅうしょう

つぶやく いいね! はてなブックマーク

蟯虫症とは?

どんな病気か

 蟯虫が腸に寄生する病気で、寄生虫症のなかで最も多く、学童、幼児に多くみられます。

原因は何か

 蟯虫が肛門付近に産卵する時にかゆみを伴うため、かいた手に虫卵が付着します。その虫卵の付いた手で周囲の物に触ることで、環境に付着し、そこから他の人の口へ入って感染します。

症状の現れ方

 肛門のかゆみ、肛門周囲の皮疹がみられます。かゆみのために不眠などの症状が現れることもあります。

検査と診断

 朝、排便前にセロファンテープを肛門に付けて虫卵の有無をみます。

治療の方法

 家族全員がコンバントリンを内服する必要があります。環境を介して経口感染するため、家族も蟯虫症の可能性があり、家族全員の治療を行わないと再発することがあります。

蟯虫症と関連する症状・病気

(執筆者:長岡中央綜合病院小児科医長 竹内 一夫)

蟯虫症に関連する可能性がある薬

医療用医薬品の添付文書の記載をもとに、蟯虫症に関連する可能性がある薬を紹介しています。

処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

・掲載している情報は薬剤師が監修して作成したものですが、内容を完全に保証するものではありません。

蟯虫症に関連する可能性がある薬をもっと見る

おすすめの記事

蟯虫症に関する医師Q&A