すべて
病名
 × 

鉤虫症、回虫症
こうちゅうしょう、かいちゅうしょう

もしかして... 肺炎

つぶやく いいね! はてなブックマーク

鉤虫症、回虫症とは?

どんな病気か

 回虫、鉤虫が腸に寄生する病気です。

 虫卵の入った便が混じった土(人糞肥料など)のなかで幼虫がかえり、それが経口的に感染します。現在はほとんどみられなくなりました。

症状の現れ方

 鉤虫症の症状としては、腹痛、頭痛、貧血がみられます。回虫症では、幼虫が肺に入って肺炎を起こしたり、胆道に入って黄疸を引き起こしたりすることがあります。

検査と診断

 便中の虫卵の有無を確認します。

治療の方法

 コンバントリンを内服します。

鉤虫症、回虫症と関連する症状・病気

(執筆者:長岡中央綜合病院小児科医長 竹内 一夫)

おすすめの記事