すべて
病名
 × 

尿路(腎盂、尿管、尿道)の形態異常
にょうろ(じんう、にょうかん、にょうどう)のけいたいいじょう

尿路(腎盂、尿管、尿道)の形態異常とは?

重複腎盂尿管

 1個の腎臓に腎盂と尿管が2個ある形態異常です。比較的ありふれた形態異常で、合併症がなければ治療の必要はありません。

 2本の尿管がそれぞれ別に膀胱に入る完全型と、途中で1本に合流してから膀胱に入る不完全型があります。完全型の場合は、膀胱尿管逆流を伴うことが多いので、膀胱造影検査による確認が必要です。

水腎症

 尿路のどこかに、尿の流れを悪くする尿流通過障害があるために、腎臓でつくられた尿の流出が妨げられ、腎盂が尿でいっぱいになり拡張した状態をいいます。胎児期の超音波検査で発見されたり、尿路感染症を契機に発見されたりします。

 尿流通過障害を起こす病気はいろいろあります。子どもにみられる主な原因としては、尿路(腎盂と尿管の移行部、尿管と膀胱の移行部、尿道など)の狭窄、膀胱尿管逆流、まれに尿路結石神経因性膀胱と呼ばれる膀胱の機能異常などがあげられます。

 超音波検査が最も負担が少なく簡便で、経過をみるのに適した検査です。その他、腎盂造影、膀胱造影などを行い、原因、程度を明らかにします。利尿薬を投与して行う腎シンチグラフィは、手術が必要か否かを判断するのに有用です。

 尿路の閉塞は進行性の腎障害をまねくため、強い通過障害があると判定された場合は外科的治療が必要になります。腎盂尿管移行部狭窄の場合、腎盂の形成術が最も一般的です。

尿道下裂

 尿の排出口である外尿道口が亀頭の先端になく、陰茎の中間や根元あたりに開口している状態です。

 形成不良の尿道が、索と呼ばれる伸展性の乏しい組織となり、放置すると陰茎が下に曲がって性交ができなくなります。立って排尿もできず、精神的な影響も出るため、就学前くらいまでには治療を受けることが望ましいと思われます。

 また、停留精巣や鼠径ヘルニアなど、他の合併症の検査も必要です。

(執筆者:新潟大学医歯学総合病院小児科助教 鈴木 俊明)

おすすめの記事

コラム腎不全

新潟大学医歯学総合病院小児科助教 鈴木俊明

 腎臓のはたらきが低下して不要な老廃物や水分などの排泄が十分できなくなった状態を「腎不全」といいます。

 腎臓の機能が半分以下になると、成長障害や貧血、骨の異常などを合併するようになり、末期状態になると、尿毒症症状(食欲不振や嘔吐といった消化器症状、けいれんや意識障害などの精神神経症状など)が現れます。

 小児の末期腎不全患者は、年間におよそ60人程度発生し、現在200~300人ほどが透析を受けているとされています。

 原因疾患としては、以前1位であった糸球体腎炎の頻度が減少し、代わって先天性の腎尿路奇形が占める割合が増加し、1位となっているのが特徴です。

 基本的に不可逆的(元にもどらない)で進行性のため、腎機能低下の進行をいかにくい止めるかが重要です。残念ながら末期の腎不全になってしまった場合は、十分はたらけなくなった腎臓の代わりに、腹膜透析、血液透析といった治療法が選択されます。

 透析および支持療法の進歩に伴って、腎不全を患いながらも、幼稚園や学校に通ったり、旅行をしたりといった健常な子どもと同じ生活が十分可能になっています。しかし、よりよい精神・身体の発育のためには腎移植が最も望ましい治療法です。また、透析をへずに移植を行うこともあります。

 腎不全に伴う成長発育の問題や骨の障害、心機能障害、精神的な問題などは、腎機能が低下してきた段階からすでに始まっている問題です。早い時期から、小児腎臓病の専門医と将来を見据えた相談をすることが望ましいと思われます。