すべて
病名
 × 

紫斑病性腎炎
しはんびょうせいじんえん

紫斑病性腎炎とは?

どんな病気か

 血管性紫斑病(アレルギー性紫斑病)に合併する腎炎です。

原因は何か

 免疫学的機序(仕組み)による全身の血管炎があり、その一環として腎炎が起こると考えられます。

症状の現れ方

 血管性紫斑病は幼児から小学生に好発し、手足の紫斑、腹痛(腸管出血)、関節痛を訴えます。4週以内に30~60%に腎炎が発症します。尿異常だけで、全身症状はない例が多いのですが、肉眼的血尿、急性糸球体腎炎症候群ネフローゼ症候群で発症する例もあります。

検査と診断

 臨床経過から診断は容易です。腎組織はIgA腎症と区別のつかない所見がみられます。

治療の方法

 腎炎の発症を予防する方法はありません。腎炎の程度に応じ、他の慢性糸球体腎炎と同じ方針で治療します。尿所見が軽い場合では大多数が治りますが、急性腎炎症候群やネフローゼ症候群で発症する場合では腎不全に至るものもあります。

病気に気づいたらどうする

 血管性紫斑病は、症状も腎炎の程度もさまざまです。かかりつけの医師に経過をみてもらいながら、症状や尿所見の変化に応じて、治療方針を相談するのがよいでしょう。症状が激しい時は入院治療が必要です。

紫斑病性腎炎と関連する症状・病気

(執筆者:新潟大学医歯学総合病院院長 内山 聖)

おすすめの記事

紫斑病性腎炎に関する医師Q&A