すべて
病名
 × 

溶血性貧血
ようけつせいひんけつ

もしかして... 遺伝性球状赤血球症

つぶやく いいね! はてなブックマーク

溶血性貧血とは?

どんな病気か

 赤血球が何らかの原因で破壊され(溶血)、本来の赤血球の寿命よりも短くなることによって、貧血と黄疸が主な症状として現れる病気です。

 大きく先天性と後天性に分けられます。先天性の代表として遺伝性球状赤血球症を、後天性の代表として自己免疫性溶血性貧血について解説します。

 症状、検査、診断のあらましは、厚生省(当時)研究班の診断基準(表12表12 溶血性貧血の診断基準)が参考になります。

表12 溶血性貧血の診断基準

溶血性貧血と関連する症状・病気

(執筆者:聖路加国際病院副院長・小児科部長 細谷 亮太)

溶血性貧血に関連する可能性がある薬

医療用医薬品の添付文書の記載をもとに、溶血性貧血に関連する可能性がある薬を紹介しています。

処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

・掲載している情報は薬剤師が監修して作成したものですが、内容を完全に保証するものではありません。

溶血性貧血に関連する可能性がある薬をもっと見る

おすすめの記事

溶血性貧血に関する医師Q&A