すべて
病名
 × 

悪性卵巣腫瘍(卵巣がん)
あくせいらんそうしゅよう(らんそうがん)

悪性卵巣腫瘍(卵巣がん)とは?

 これに対して卵巣がんは、初期の場合なら完治率も改善傾向にありますが、進行した場合は依然再発率も低くなく、治療に苦慮することがあります。卵巣がんの特徴として、おなかに水がたまる腹水とそれによる腹膜播種という転移形態をとることも、治療を困難にしている原因のひとつです。

 現在でも卵巣がんの生命予後は、進行期にもよりますが、厳しいとされています。近年、日本でも、生活様式や食生活の欧米化に伴って卵巣がんが増加傾向を示しています。

原因は何か

 卵巣腫瘍は非常に種類が多く、その発生原因も多岐にわたります。

 たとえば、良性の卵巣腫瘍のなかで最も発生頻度が高い成熟嚢胞性奇形腫は胚細胞腫瘍と呼ばれ、胎児が発生する段階の細胞が卵巣の内部で腫瘍を形成したものです。

 また、子宮内膜症性卵巣嚢腫は、卵巣の内部で子宮内膜が増殖して、月経周期に一致して出血を繰り返し、卵巣のなかに月経血が毎月たまることで発生します。

 悪性の卵巣腫瘍である卵巣がんは、通常、ヒトの体をがんから守るはたらきをする物質をつくるための鋳型である遺伝子(がん抑制遺伝子)の異常によって発生すると考えられています。

 このような遺伝子の異常が原因で発生するがんには、ほかに乳がん大腸がんなどがあります。肉親にこれらのがんにかかった人がいる場合は、卵巣がんのリスクが高くなり、家族性卵巣がん乳がんなどの家系があることも知られています。

 また、近年、卵巣がんの一部が前述した子宮内膜症性卵巣嚢腫を母地に発生する可能性が示されてきています。このため、年齢が40歳以上の患者さんに認められる直径4cm以上の子宮内膜症性卵巣嚢腫は積極的に手術をすすめるようになってきています。

症状の現れ方

 卵巣腫瘍の主な症状は、腹部膨満感、下腹部痛、性器出血、便秘、頻尿などさまざまあります。

 一般に、最も多く現れる初発症状は、下腹部、とくにどちらか片側の腹痛で、さらに腫瘍が増大した場合は、ウエストのサイズが大きくなり、スカートやジーンズがきつくなったなどの症状が出ることがよくあります。

 卵巣腫瘍は、そのサイズがかなり大きくなってからではないと、腹部膨満感などの症状が出てきにくい病気で、発見が遅れがちになります。

 卵巣は腹腔内の臓器で、子宮筋腫の際の過多月経(レバー状の塊が月経の時に出る)、子宮頸がんの際の不正性器出血(とくに性交後出血)、子宮内膜がんの際の不正性器出血などの特徴的自覚症状を欠くことも、この腫瘍の早期発見を遅らせている一因になっています。

 したがって、前述したような自覚症状のいずれかでもある場合には、婦人科を受診することをすすめます。

 片側に発生した卵巣腫瘍の場合、急速に下腹部痛が現れてくることがあり、これを卵巣腫瘍茎捻転と呼びます。卵巣腫瘍がおなかのなかでねじれてしまい、その腫瘍に卵巣を養うために送られていた血液が来なくなって腫瘍が壊死に陥り、炎症などが強くなって周期的で強烈な痛みが現れます。このような卵巣腫瘍茎捻転を起こす腫瘍は、多くは直径が5cm以上のものです。

 また、通常では卵巣がんに伴ってみられる腹水や胸水が、良性の卵巣腫瘍に伴って出現することがあり(メイグス症候群)、手術で卵巣腫瘍を摘出すると急速に腹水、胸水が消失します。

 これに対して、卵巣がんによる腹水や胸水は悪性細胞が原因になっているため、そのコントロールに苦慮することが少なくありません。

 このたまった腹水のなかを悪性細胞が流れていって、腹膜などに二次的な病変をつくる腹膜播種は、卵巣がんの進行様式の特徴です。

 良性の充実性腫瘍は、まれにホルモンを産生することがあります。その場合は、分泌されるホルモンによって閉経後の再出血や、多毛、筋力発達などの男性化徴候などが起こることがあります。

検査と診断

 卵巣嚢腫、卵巣がんの診断に最も有用なのは経腟超音波検査で、腟のなかに超音波プローブという細い管を挿入して卵巣を観察します。

 これは、通常の経腹超音波検査(下腹部をおなかの表面から超音波で観察する方法)に比べ、卵巣を近いところから詳しく観察できるため、小さな腫瘍を早期に発見するためには不可欠な検査です。

ただし、卵巣嚢腫でも直径が15cmを超えるほど巨大なものや、腹水の貯留や腹膜播種を伴う卵巣がんでは、経腹超音波検査のほうが有用なこともあります。

 また、画像診断として、卵巣腫瘍の種類を特定するためにはCTやMRI検査が有効です。

 卵巣腫瘍が良性か悪性かを判断するひとつの目安として腫瘍マーカー(コラム)が用いられています。正確に良性か悪性かを判断するためには、手術によって摘出し、顕微鏡で腫瘍細胞を調べる病理検査を行います。

治療の方法

 通常、良性の卵巣嚢腫が疑われ、その腫瘍のサイズが直径10cm以内であれば、腹腔鏡下腫瘍摘出術が可能です。ただし、サイズがそれ以上に大きいものや画像診断で悪性が疑われる場合には、開腹による腫瘍切除が必要になります。

 卵巣がんであれば、通常、子宮の摘出、大網(胃と大腸の間の膜)の切除、腹膜播種病変の切除、リンパ腺の郭清(リンパ腺を摘出し、転移の有無を調べること)を初回手術として行い、手術後約1~2週後から抗がん薬を用いた化学療法を行います。

 卵巣がんは、白血病などを除いた固形がん(1カ所に固まって発生するがん)のなかでは、抗がん薬によく反応する悪性腫瘍で、手術後に化学療法を行うと治療効果が改善することが知られています。また、最近では、少しずつ新しい抗がん薬が開発されてきていて、なるべく高い効果を保ちながら、副作用を抑える工夫がなされてきています。

病気に気づいたらどうする

 卵巣腫瘍がほかの婦人科腫瘍と異なるところは、前述したように特徴的な初発症状が乏しいことです。早期発見が完全な治療を受けるためには必要なのですが、なかなか症状が出にくく、大量の腹水がたまってから、あわてて婦人科を受診するケースが少なくありません。

 したがって、何らかの下腹部痛、不正出血、おりものの増加、腹部膨満感など、普段とは異なる症状を感じた場合には、この卵巣腫瘍を常に念頭に入れ、早期に婦人科を受診して適切な検査を受けることが重要です。とくに、下腹部に膨満感があり、ウエストのサイズが大きくなった場合は、ただ太っただけなどとすまさずに、必ず婦人科を受診するようにしてください。

悪性卵巣腫瘍(卵巣がん)と関連する症状・病気

(執筆者:東京大学医学部産科婦人科学講師 中川 俊介)

悪性卵巣腫瘍(卵巣がん)に関連する検査を調べる

おすすめの記事

コラム腫瘍マーカー

東京大学医学部産科婦人科学講師 中川俊介

 腫瘍マーカーとは、通常、腫瘍ができるとその表面に特異的に発現してくる物質で、腫瘍の大きさや広がりに応じて、血液中にその物質がたくさん流入してきます。腫瘍マーカーは、腫瘍の発生している臓器と強い特異性があるため、血液検査で高値を示すようなら、その臓器に腫瘍のあることが推測されます。

 婦人科の腫瘍でとくに特異性があるものに、CA125があります。この腫瘍マーカーは卵巣腫瘍、とくに卵巣がんの場合に高値を示します。ただし、ほかの腫瘍マーカーでも同様ですが、子宮内膜症などのほかの病気でも高値を示すことがあるため、このマーカーの検査値が上がっていたからといって、すぐに卵巣がんだと診断することはできません。

 また、このCA125は月経中には高値になることがあるため、検査は月経時を避けて行うことがすすめられます。その他、骨折、イレウス(腸管閉塞)でも高値を認めます。

 CA19-9は、婦人科以外の腫瘍でも高値を示すことが知られていますが、婦人科腫瘍では卵巣腫瘍、とくに成熟嚢胞性奇形腫で高値を示すことがあります。

 卵巣がんは、いわゆる腺がんであることが多いのですが、扁平上皮がんが多い子宮頸がんでは、SCCという腫瘍マーカーがよく高値になります。

 また、胎盤から分泌されるhCGという腫瘍マーカーは、胞状奇胎や絨毛がんなどで高値を示します。

 これらの腫瘍マーカーは、一般に病気の病状に従って増減しますが、その診断上の意義は、画像診断などを含めた検査の一部にすぎないことを頭に入れておくことが大切です。

悪性卵巣腫瘍(卵巣がん)に関する医師Q&A