すべて
病名
 × 

子宮付属器炎
しきゅうふぞくきえん

子宮付属器炎とは?

どんな病気か

 卵巣と卵管を総称して子宮付属器と呼び、この子宮付属器に起こる炎症を子宮付属器炎といいます。付属器を越えて炎症が骨盤腹膜内に広がると骨盤腹膜炎、さらに腹部全体に広がると汎腹膜炎になります。

原因は何か

 ほとんどの場合、細菌などの感染によります。子宮付属器は子宮内腔、腟を介して外界とつながっているため、外界から病原菌が進入する可能性があります。子宮付属器における局所の免疫機能が低下するか、あるいは、病原体の進入が過剰となった時に子宮付属器炎が起こります。

 不潔な性行為や性感染症の患者さんとの性行為などで起こりやすく、子宮内操作を伴う医療行為、子宮避妊リング、卵巣チョコレート嚢胞、悪性の子宮腫瘍なども誘因になりえます。

 原因となる病原菌には、性感染症としてクラミジア・トラコマチスと淋菌、一般細菌として大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌、バクテロイデスなどがあります。これらが混合感染している場合が多いようです。膿汁がたまって腫瘤を形成したものを瘤膿腫、膿瘍といい、卵管にできるものを卵管瘤膿腫、卵巣にできるものを卵巣膿瘍と呼びます。

症状の現れ方

 下腹部痛と発熱が主な症状です。腹膜刺激があると下腹部を押して離す時に強い痛みを感じます。気分不快、嘔吐などの消化器症状を伴うこともあります。

検査と診断

 内診と血液検査が重要です。瘤膿腫を伴うものでは画像診断が有用で、超音波断層法、MRI、CTなどにより子宮付属器に膿状の内溶液を含む袋状の構造物が認められます。内診では付属器の圧痛、熱感、子宮頸部の移動痛などが認められます。血液検査で白血球の増加、CRPの上昇、赤沈亢進などの急性炎症反応が認められます。腹腔鏡が診断に有用なこともあります。

 原因となっている病原菌の特定には時間を要するほか、適切な検体が採取できず不可能な場合も少なくありません。

治療の方法

 急性期は薬物療法を原則とします。軽症では外来での経口抗生剤の投与でよいのですが、中等症以上では入院安静とし、抗生剤を点滴静注するなど強力な治療を行います。

 一般に広域感性(有効菌種の範囲が広い)のペニシリン系やセフェム系の抗生剤を選択します。クラミジアの複合感染が疑われる場合には、テトラサイクリン系の抗生剤やニューキノロン系の抗菌製剤を併用します。

 瘤膿腫や膿瘍を伴うものは、炎症がある程度おさまった段階で外科的処置を行います。手術の方法は付属器切除術からドレナージ(膿汁を排出させる)だけのものまでさまざまです。子宮全摘術が必要な場合もあります。患者さんの年齢、今後の出産希望の有無、基礎疾患などを考慮して術式を決定します。

 経過は、さまざまの要因により決まってきます。通常は適切な治療により治りますが、治療の開始時期が遅れるなどして重症化すると敗血症になることもあります。治ったあとに癒着が残ることも少なくなく、その結果、将来、不妊症子宮外妊娠を発症することがあります。

病気に気づいたらどうする

 なるべく早く婦人科を受診することが望まれます。

(執筆者:東京大学医学部附属病院女性診療科・産科講師・病棟医長 大須賀 穣)

子宮付属器炎に関連する可能性がある薬

医療用医薬品の添付文書の記載をもとに、子宮付属器炎に関連する可能性がある薬を紹介しています。

処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

・掲載している情報は薬剤師が監修して作成したものですが、内容を完全に保証するものではありません。

子宮付属器炎に関連する可能性がある薬をもっと見る

おすすめの記事

コラム腹腔鏡

東京大学医学部附属病院女性診療科・産科講師・病棟医長 大須賀穣

 腹腔とは腹膜に囲まれた閉じられた空間で、下腹部では腸管、子宮、卵巣、卵管がなかにあります。通常は数十ml程度の腹腔内貯留液で満たされています。

 腹腔鏡は腹壁に小さな孔をあけて挿入し、腹腔内を観察する内視鏡です。通常は、へその部分を5mmから1cm切開してあけた孔から挿入します。腹腔鏡を施行する時には、腹腔内に炭酸ガスを注入することにより十分な空間を作ります。

 子宮を移動させるためには腟から子宮操作鉗子を子宮に取り付けます。子宮、卵管などを観察するためには腸管を上腹部に収納する必要があるため、骨盤を高くした体位にします。麻酔は硬膜外麻酔でも可能ですが、気管内挿管による全身麻酔にすることが多くなります。腹腔鏡により子宮、卵管、卵巣を直接観察することができます。

 腹腔鏡で観察される画像は大きなモニター画面に鮮明に映し出され、手術室にいる複数の医師などが同時に見ることができます。

 腹腔鏡は、以前は不妊症の検査としての使用が一般的でしたが、最近は手術に使用することがはるかに多くなっています。手術を行う時には、下腹部に別にあけた小さな孔(3~5mm)からさまざまな手術用の鉗子を挿入し、腹腔鏡で観察しながら手術操作をします。これを腹腔鏡手術といいます。

 腹腔鏡手術では、これまでは開腹手術で行ってきた子宮外妊娠、卵巣嚢腫、子宮筋腫、子宮内膜症などの多くの婦人科手術を行うことができます。摘出した組織は細かくして回収用のバッグに入れるなどして、腟や腹部にあけた小さな孔から取り出します。不妊症の場合は、腟から子宮に注入した色素水が卵管より流出してくるかを確認することにより、卵管の通過性を検査できます。

 入院期間は、手術の内容によって日帰りから数日間までありますが、いずれにしても開腹手術よりは短期間で退院できます。腹腔鏡手術には、術後の回復が早い、傷が目立たず美容的である、術後の癒着が少ない、などの多くの優れた点があります。一方で、多くの器具を使うために費用がかかり、手術自体も術者が熟練を必要とするという問題点もあります。また合併症として皮下気腫、腸管の損傷、尿路系の損傷、血管の損傷などが起こりえます。

子宮付属器炎に関する医師Q&A