すべて
病名
 × 

咽喉頭異常感症
いんこうとういじょうかんしょう

咽喉頭異常感症とは?

どんな病気か

 のどに異常感を感じても、耳鼻咽喉科の診察では訴えに見合う病変が咽頭や喉頭に認められない病態を総称した病気です。

原因は何か

 咽頭に異常感を感じさせる疾患(原因)は数多くありますが、主に3つに大別できます。それは①局所的原因、②全身的原因、③精神的原因です。

 ①局所的原因にはのどや鼻・副鼻腔、喉頭、咽頭、食道・胃、気管・気管支などの軽い炎症性疾患、およびアレルギー性鼻炎を代表とする鼻や喉頭・気管の過敏症、また甲状腺疾患、咽頭・喉頭・口腔の早期がんや良性腫瘍など腫瘍性病変、さらに形態異常による舌根肥大症、茎状突起過長症、頸椎の変形などがあります。近年、逆流性食道炎の関与が注目されています。

 ②全身的原因となる疾患としては自律神経失調症、内分泌異常、更年期障害鉄欠乏性貧血嚥下障害などいろいろな疾患があります。

 ③精神的原因としてはうつ病、仮面うつ病、心身症、神経症、がん不安などがあげられます。

症状の現れ方

 多くはのどに何かがつかえる感じを訴えます。嚥下運動を行った時で、唾などを飲み込んだ時がほとんどです。しかし、食事や水などの液体を飲んだ時にはその症状を感じません。

検査と診断

 原因・要因はさまざまなため、すべての検査を行うことはできません。耳鼻咽喉科的診察と鼻腔・喉頭のファイバースコープ(内視鏡)検査、頸部の触診などを行います。疑われる原因を選別してから血液検査、CTなどの画像検査、食道・胃ファイバースコープ(内視鏡)検査、心理テストなどを追加して行います。

治療の方法

 原因疾患が明らかになれば、治療を行います。原因疾患が見つからない時には経過観察や精神安定剤の投与をします。

病気に気づいたらどうする

 症状が続き、心配していても改善しない時は、耳鼻咽喉科を受診して、異常のないことを確認してもらうと早くよくなります。

(執筆者:東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教授 加藤 孝邦)

おすすめの記事

コラム食道異物

いちみや医院耳鼻咽喉科院長 一宮一成

 食道にひっかかった異物は通常、食道直達鏡という筒状の器械を口から挿入して摘出します。

 さまざまなものが食道異物となりますが、ここでは代表的な異物とその注意点について述べます。

硬貨異物

 小児の食道異物では最も多いものです。摘出は容易なことが多いのですが、まれに2枚以上の硬貨がひっかかっていることがあります。硬貨を数枚飲んだ可能性のある場合には、必ず医師に伝えておくべきでしょう。

ボタン電池異物

 近年、小型でボタン形の電池が普及していますが、これが食道に長時間とどまっていると、粘膜が腐食されて大変危険です。食道に穴があいて死に至った報告もありますので、できるだけ早く摘出しなければなりません。

魚骨異物

 中高年層に多い異物ですが、通常のX線写真には写らず、診断をつけるのが難しい場合も少なくありません。骨の先が粘膜に刺さって感染を起こすこともありますので、診断がつかなくても食道直達鏡を挿入して、異物がひっかかっていないかどうかを調べることもあります。

PTP異物

 PTPとは、錠剤やカプセル剤を包装したパッケージで、指で押し出して薬を取り出すものです。高齢社会になり薬を長期に服用する人が増えるにつれ、薬と間違えてPTPをうっかり飲んでしまう事故も増えています。

 薬をのむ量を間違えないように、PTPのシートを1錠分ごとに切り分けることがありますが、これはPTPを誤って飲む可能性を高めることになってしまいます。

義歯異物

 先がとがって形も複雑な義歯は、食道直達鏡で無理やり摘出しようとすると、食道粘膜を傷つけてしまいます。義歯異物の場合は、頸部を切開して摘出しなければならないことも少なくありません。

咽喉頭異常感症に関する医師Q&A