すべて
病名
 × 

白血球増加と白血球減少
はっけっきゅうぞうかとはっけっきゅうげんしょう

  • 内科
  • 診療に適した科

白血球増加と白血球減少とは?

 白血球は、体内に進入した細菌や異物を取り込み、消化分解し、体を守っています。白血球数は1日のうちでも生理的に変動しており、血液1μL中に4000~9000個くらいあります。健常人の血液中には好中球、好酸球、好塩基球、単球、リンパ球の5種類の白血球の細胞があり、これらの細胞の増減についても問題になります。

白血球増加と白血球減少と関連する症状・病気

(執筆者:大阪市立大学大学院医学研究科血液腫瘍制御学教授 日野 雅之)

おすすめの記事

白血球増加と白血球減少に関する医師Q&A