すべて
病名
 × 

虫刺症
ちゅうししょう

つぶやく いいね! はてなブックマーク

虫刺症とは?

どんな病気か

 蚊、ブヨ、ノミなどの昆虫や、イエダニなどの吸血性ダニに刺されて生じた皮膚炎です。毒蛾などの幼虫や成虫の毒毛との接触により生じた皮膚炎(毛虫皮膚炎や毒蛾皮膚炎)も含まれます。

症状の現れ方

 刺されたあと30分以内に、かゆみを伴うやや隆起した赤い発疹が現れます。1~2時間後には発疹は消失あるいは軽減しますが、6~48時間後に再びかゆみを伴う赤い発疹が生じます。時に水ぶくれとなる場合もあります。

 ノミやイエダニでは6時間以後に反応が出てくることが多く、虫刺されに気づかないこともあります。毛虫皮膚炎や毒蛾皮膚炎では、やや隆起した赤い発疹が多数集まって現れます。

治療の方法

 発疹に対してはステロイド外用薬を塗布し、症状が強い場合にはステロイド薬を短期間内服します。可能なかぎり原因となる虫を特定して、再び同じ発疹が出ないような対策をとることが必要です。

病気に気づいたらどうする

 かゆみのために引っかいて症状が悪化するので、引っかかないように気をつけます。近くの皮膚科専門医のいる医療機関を受診して診断、治療を受けます。

(執筆者:島根大学医学部皮膚科教授 森田 栄伸)

刺虫症に関連する可能性がある薬

医療用医薬品の添付文書の記載をもとに、刺虫症に関連する可能性がある薬を紹介しています。

処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

・掲載している情報は薬剤師が監修して作成したものですが、内容を完全に保証するものではありません。

刺虫症に関連する可能性がある薬をもっと見る

おすすめの記事

虫刺症に関する医師Q&A