すべて
病名
 × 

カンジダ性爪囲爪炎
かんじだせいそういそうえん

カンジダ性爪囲爪炎とは?

どんな病気か

 主に手指の爪およびその周囲の皮膚に生じるカンジダ感染症で、頻度は全皮膚粘膜カンジダ症患者の7%程度です。

 水仕事をする中年女性に多く、生活習慣が問題とされます。

症状の現れ方

 カンジダ性爪囲爪炎は指間びらんと同様に中年の女性に多くみられます。手指の爪に多く、爪は基部が白く濁り、その周囲の皮膚に発赤とはれが認められます。悪化すると湿ったり、うみをもつことがありますが、細菌性の瘭疽ほど炎症が強くなることはありません。

 一方、爪甲(爪)が濁り、肥厚する爪カンジダ症はまれな病型で、膠原病など基礎疾患のある患者さんに生じやすい病気です。

検査と診断

 直接鏡検(顕微鏡での検査)KOH法で行います。菌要素を比較的検出しにくい病気で、注意が必要です。

治療の方法

 外用薬では完全には治らないことが多く、内服薬(イトラコナゾール)もしばしば用います(皮膚と粘膜のカンジダ症)。

病気に気づいたらどうする

 湿疹性の爪囲爪炎、細菌性の瘭疽などとの区別が必要です。皮膚科専門医を受診してください。

(執筆者:済生会川口総合病院皮膚科部長 加藤 卓朗)

おすすめの記事