すべて
病名
 × 

急性中耳炎
きゅうせいちゅうじえん

もしかして... 副鼻腔炎  急性中耳炎

つぶやく いいね! はてなブックマーク

急性中耳炎とは?

どんな感染症か

 急性中耳炎は小児、とくに2歳以下の乳幼児に多くみられます。中耳と鼻の奥は細いトンネル(耳管)でつながっていて、かぜをひいた時などに鼻やのどのなかで増えた細菌がトンネルを通って、もともと菌のいない中耳に入り炎症が引き起こされます。

 大人に比べて子どもでは、このトンネルから中耳へ菌が侵入しやすい構造になっていて、しかも菌を除く免疫のはたらきが未熟なため、中耳炎が起こりやすいのです。季節的にかぜをひきやすい冬から春に多くみられます。

 炎症を起こす原因のほとんどが細菌による感染症で、肺炎球菌、インフルエンザ菌が主な原因菌です。最近これらの菌のなかで抗菌薬の効きにくい薬剤耐性菌の割合が増え、子どもの難治性中耳炎の原因菌として問題になっています。

症状の現れ方

 鼻水やのどの痛みなどのかぜのような症状に続いて、発熱、急に耳の奥に刺すような強い痛みが始まり、耳がふさがって聞こえにくく感じます。「耳が痛い」ことをうまく伝えられない乳幼児では、耳に手をやるしぐさ、泣いてぐずる、不機嫌で眠らないなどの行動がみられます。時に耳のなかから粘液が出てくる(耳だれ)ことで気づくこともあります。

検査と診断

 耳のなかを直接のぞいて(耳鏡または内視鏡検査)鼓膜の状態、発赤、腫脹(はれ)、耳だれの有無を観察して中耳炎を診断します。鼻炎や副鼻腔炎を併発していることが多いため、鼻のなかの診察も大切です。耳だれや鼻の奥のぬぐい液から原因となる細菌の検査をします。

治療の方法

 症状が軽く鼓膜の変化が少ない場合は、抗菌薬を使わず3日間鎮痛薬だけで様子をみます。軽症でも3日後改善しない場合に抗菌薬が処方されます。

 中等症、重症でははじめから抗菌薬が処方され、重症度に応じて抗菌薬の量を多く処方されることもあります。鼓膜の腫脹(はれ)が高度な場合や、抗菌薬を5日間使っても改善しない場合では、鼓膜を切開して中耳にたまった膿を吸い取ります。さらに抗菌薬の点滴をすることもあります。中耳炎の治療とともに鼻炎の治療も必要です。

病気に気づいたらどうする

 耳鼻咽喉科医の診察を受けます。夜間など病院が診療していない時間帯に急に耳が痛くなったら、まず市販の鎮痛薬を服用して安静を保ち、翌日早めに受診しましょう。また、鼻を強くかみすぎないように注意します。

急性中耳炎と関連する症状・病気

(執筆者:東京女子医科大学東医療センター耳鼻咽喉科准教授 余田 敬子)

中耳炎に関連する可能性がある薬

医療用医薬品の添付文書の記載をもとに、中耳炎に関連する可能性がある薬を紹介しています。

処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

・掲載している情報は薬剤師が監修して作成したものですが、内容を完全に保証するものではありません。

中耳炎に関連する可能性がある薬をもっと見る

中耳炎に関する記事

もっと見る

おすすめの記事

コラム難治性中耳炎の増加

東京女子医科大学東医療センター耳鼻咽喉科准教授 余田敬子

 最近、何回も中耳炎を繰り返す反復性中耳炎や、抗菌薬を使ってもなかなか治らない遷延性中耳炎などの難治性中耳炎にかかる子どもが増えています。

 中耳炎の治り方は、子ども自身の免疫力と原因菌との強さのバランスに影響されます。年齢が低いほど免疫力が未熟なため中耳炎を反復しやすく、抗菌薬が効きにくい菌による中耳炎は長引くことが多いのです。ほかに、母乳栄養の期間が短い、兄弟がいる、集団保育に預けられている、おしゃぶりを使う、にあてはまる子どもは、難治性中耳炎になるリスクが高いと考えられています。

 子どもの中耳炎では、早い時期で見つけて治療を受けること、症状がなくなっても耳や鼻の炎症が完治するまで根気よく専門医の治療を続けることが大切です。

中耳炎に関する病院口コミ

もっと見る

急性中耳炎に関する医師Q&A