すべて
病名
 × 

コレラ
これら

もしかして... コレラ  嗄声

つぶやく いいね! はてなブックマーク

コレラとは?

どんな食中毒か

 コレラ菌O1およびO139に汚染された水、魚介類、食品の摂取によって起こる下痢症です。保菌者の便、まれには患者さんの吐物も感染源になる可能性があります。

症状の現れ方

 突然発病し、発熱を伴わず、激しい水様下痢と嘔吐が起こります。水様便は便臭がなく、米のとぎ汁のように見えます。大量の水分と電解質が失われるので、典型的な例では、嗄声(しわがれ声)、無尿、排腸筋などの筋肉のけいれんが起こります。近年はこうした定型例よりも、極めて軽少なもの、あるいは無症状に経過する例のほうがはるかに多くみられます。

検査と診断

 新鮮な排泄便から選択培地を用いてコレラ菌を分離、同定します。

治療の方法

 水分および電解質が大量に失われている場合には、迅速かつ大量な輸液が必要になります。市販の輸液では乳酸加リンゲル液が適当です。経口的輸液としては、1Lの飲料水にブドウ糖20・5g、NaCl3・5g、NaHCO3 2・5gおよびKCl1・5gを溶解したものが用いられます。

 抗菌薬による治療は下痢およびコレラ菌の便中排菌期間を著しく短縮させます。ニューキノロン系薬剤、テトラサイクリン系薬剤、エリスロマイシン系薬剤、ST合剤などが用いられます。

病気に気づいた時、予防のために

 下痢が強い場合には医師の診療を受け適切な治療をしてもらう必要があります。胃の切除および胃酸の低下のある人は、症状が重症化する恐れがあります。東南アジアなどのコレラ流行地に出かける場合には、生水、氷などの摂取には注意が必要で、加熱したものを食べることがすすめられます。

コレラと関連する症状・病気

(執筆者:国立感染症研究所所長/国立感染症研究所所長 渡邉 治雄)

コレラに関連する可能性がある薬

医療用医薬品の添付文書の記載をもとに、コレラに関連する可能性がある薬を紹介しています。

処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

・掲載している情報は薬剤師が監修して作成したものですが、内容を完全に保証するものではありません。

コレラに関連する可能性がある薬をもっと見る

コレラに関する記事

おすすめの記事

コレラに関する病院口コミ

もっと見る

コレラに関する医師Q&A