すべて
病名
 × 

ANCA関連血管炎
えーえぬしーえーかんれんけっかんえん

つぶやく いいね! はてなブックマーク

ANCA関連血管炎とは?

 顕微鏡的多発血管炎(MPA)、ウェゲナー肉芽腫症(WG)、アレルギー性肉芽腫性血管炎(AGA)では、血清中に好中球に対する自己抗体である抗好中球細胞質抗体(ANCA)が検出されます。後述するこれらの病気を総称してANCA関連血管炎と呼びます。

 ANCAには、好中球のミエロペロキシダーゼ(MPO)などに反応するP-ANCAと、プロテイネース3(PR-3)に反応するC-ANCAがあります。前者は主にMPA、AGA、後者はWGの患者さんの血清中に検出されます。

 一般的にANCAの値はこれらの血管炎の活動期には高く、治療後には低くなります。このため、ANCAは血管炎の診断や治療効果の判定に重要です。

ANCA関連血管炎と関連する症状・病気

(執筆者:順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院内科先任准教授 小林 茂人)

おすすめの記事

ANCA関連血管炎に関する医師Q&A