すべて
病名
 × 
  • 円形脱毛症

    えんけいだつもうしょう

    脱毛の原因としては最も多い疾患です。大部分の人は自然に治ってしまいます。

    カテゴリー  皮膚の病気 » 毛の異常

  • 壮年性脱毛症

    そうねんせいだつもうしょう

    青壮年に多い脱毛症で、男性型脱毛症あるいは若はげなどと呼ばれることもあります(図100)。20歳ころから発症し、年齢が高くな…

    カテゴリー  皮膚の病気 » 毛の異常

  • 症候性脱毛症

    しょうこうせいだつもうしょう

    何らかの原因疾患があるために脱毛が起きることです。

    カテゴリー  皮膚の病気 » 毛の異常

  • 瘢痕性脱毛症

    はんこんせいだつもうしょう

    いろいろな原因により毛包が破壊され、毛が生えてこなくなる状態をいいます。毛包のあった部位は瘢痕に置きかわり、毛包は消失…

    カテゴリー  皮膚の病気 » 毛の異常

  • 粃糠性脱毛症

    ひこうせいだつもうしょう

    粃糠性脱毛では頭にふけが多く、毛髪が薄くなります。思春期以降の男性に多い病気です。

    カテゴリー  皮膚の病気 » 毛の異常

  • 抜毛癖(トリコチロマニア)

    ばつもうへき(とりこちろまにあ)

    自分で毛を引き抜いたり、毛を根元で折ることにより頭部に毛の短い部分が現れます(図103)。

    カテゴリー  皮膚の病気 » 毛の異常

  • 黄色の爪

    きいろのつめ

    爪甲が黄色になる状態であり、黄色爪といいます。なお、本項では爪の解剖用語を用いるので、図104を参考にしてください。

    カテゴリー  皮膚の病気 » 爪の異常

  • 筋強直性ジストロフィー症

    きんきょうちょくせいじすとろふぃーしょう

    筋萎縮、筋力低下が四肢遠位と顔面に特徴的な分布を示し、筋強直と特有の多系統臓器障害(後述)を示す常染色体優生遺伝の筋肉…

    カテゴリー  運動器系の病気(外傷を含む) » 筋肉の病気

  • 毛の色の異常

    けのいろのいじょう

    毛にはメラニン(黒色の色素)が含まれており、メラニンの量と種類により毛の色が決まります。本来は黒色の毛の人が先天的ある…

    カテゴリー  皮膚の病気 » 毛の異常

  • 匙型爪甲(スプーン爪)

    さじがたそうこう(すぷーんつめ)

    爪甲の先端に近い部分が陥凹するか、または、爪甲全体がスプーン状にへこむ状態を匙型爪甲(あるいはスプーン爪)といいます。

    カテゴリー  皮膚の病気 » 爪の異常

  • 爪甲白斑

    そうこうはくはん

    爪甲が白く見える状態を爪甲白斑といいます。爪甲白斑は点状、線状と爪甲全体が白くなる汎発型の3つに分類されます。なお、本…

    カテゴリー  皮膚の病気 » 爪の異常

  • その他の小児の心身症

    そのたのしょうにのしんしんしょう

    心身症とは、症状の形成や軽快・増悪に心理的要因が関係している病気の総称です。したがって非常に多くの病気が含まれることに…

    カテゴリー  子どもの病気 » 発達障害とこころの病気

  • 多毛症

    たもうしょう

    多毛症とは、軟毛が硬毛に変化することであり、毛の数が増えるわけではありません。軟毛は色が薄く、軟らかく、短く、細い毛で…

    カテゴリー  皮膚の病気 » 毛の異常

  • ふけ症(頭部粃糠疹)

    ふけしょう(とうぶひこうしん)

    粃糠様(細かい米ぬか状)の落屑を特徴とする頭皮の病気で乾性脂漏ともいい、一般にはふけ症と呼ばれています。健康な人でも生…

    カテゴリー  皮膚の病気 » 毛嚢・皮脂腺の病気

脱毛症に関する医師Q&A