診療科目

内科消化器科循環器科小児科外科整形外科リハビリテーション科麻酔科 /血液内科/消化器内科/循環器内科

診療時間

午前 午後 その他
9:00 - 12:00 13:00 - 17:00
9:00 - 12:00 13:00 - 17:00
9:00 - 12:00 13:00 - 17:00
9:00 - 12:00 13:00 - 17:00
9:00 - 12:00 13:00 - 17:00
9:00 - 12:00

午前:月火水木金土(科目毎時間・曜日あり)

午後:月火水木金(科目毎時間・曜日あり)

休診日:日・祝・年末年始(12/30~1/3)

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- - -
公式サイト http://www.aiiku-hp.or.jp/
アクセス 札幌市営地下鉄東西線円山公園駅から5番出口徒歩5分
駐車場 有料:68台
カードによる
支払い
クレジットカードによる支払いが可能 ※条件によって利用できない場合があります。直接医療機関のホームページ等でご確認ください。
高度医療機器 MRI、マルチスライスCT
病床数 一般病床(180) ※カッコの中は病床数です。
外国語対応 英語

医院からのお知らせ(現在お知らせはありません)

医院の求人(現在求人情報は登録されていません)

愛育病院の院長/関係者様へ
写真、お知らせ、求人の掲載は、下記よりお問い合わせください。

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。

アクセス

最寄駅からの所要時間

札幌市営地下鉄東西線円山公園駅から5番出口徒歩5分

近隣の駅からの距離

  • 円山公園駅(札幌市営地下鉄東西線)から0.43km
  • 西18丁目駅(札幌市営地下鉄東西線)から0.97km

地図を見る

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

愛育病院の最新口コミ(1件)

専門医

乳腺専門医(1) / 外科専門医(3) / 大腸肛門病専門医(1) / 小児科専門医(1) / 整形外科専門医(1) / 消化器内視鏡専門医(5) / 消化器病専門医(7) / 総合内科専門医(2) / 腎臓専門医(1) / 血液専門医(5) ※カッコの中は専門医の人数です。

短期手術、健診・人間ドック、専門外来など

}

対応可能な短期手術(日帰り)

皮膚
皮下腫瘍摘出術
腋臭症手術
ヘルニア手術
内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術
乳腺腫瘍摘出術

対応可能な短期手術(一泊二日)

胸腔鏡下交感神経節切除術
甲状腺部分切除術
甲状腺腫摘出術
下肢静脈瘤手術
腹腔鏡下胆嚢摘出術

健康診査、人間ドック、健康相談

健康診断
乳がん検診
基本健康診査
胃がん検診
大腸がん検診

専門外来

乳腺専門外来/胃・大腸 外来/血液 外来/甲状腺 外来/生活習慣病 外来

予防接種

ジフテリア
百日咳及び破傷風の三種混合
ジフテリア及び破傷風の二種混合
麻疹
風疹
麻疹及び風疹の二種混合
日本脳炎
インフルエンザ
おたふくかぜ
水痘
B型肝炎
肺炎球菌感染症

各種療法

理学療法

救急・災害対策医療

救急告示病院(二次)

医療機器

3D-CT

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 血液内科
特色 白血病、リンパ腫、骨髄腫など難治性血液疾患に対する化学療法を中心とする集学的治療を専門とするほか、各種の貧血、血小板減少等の広範な血液疾患に対応する血液専門医、指導医を揃えている。高齢化社会の中で、増加する高齢者の血液疾患に対する少量化学療法や緩和療法など、臓器予備能やQOL(生活の質)に配慮した治療方針も考慮する。併設している消化器科と連携し、血液疾患における消化管病変の診断、治療に積極的に取り組んでおり、消化管リンパ腫の症例も多い。大学病院(北大血液内科、第3内科)との強力な連携のもと、造血細胞移植にも対応している。日本血液学会血液研修施設。
症例数 08年1年間の血液疾患新患者数は白血病34例、悪性リンパ腫50例、多発性骨髄腫10例、骨髄異形成症候群17例などであり、血液腫瘍性疾患で年間100例以上である。札幌市内はもとより、道内各地の医療機関からの紹介患者が大半である。外来通院患者は月100~120人である。入院病床は内科60床(うち無菌病室が10床)であり、血液内科としての入院患者は常時50人以上である

★白血病の治療は日本成人白血病研究グループ(JALSG)の標準治療を基本としており、急性骨髄性白血病の寛解率は86.6%(対象38例)である。造血細胞移植(同種移植)の症例は北大病院で施行している。高齢者(70歳以上)に対しては、抗がん剤の投与量を軽減した少量化学療法を症例ごとに工夫して行う。キロサイド少量+M-CSF療法などのオリジナル治療も施行している。急性リンパ性白血病のうちフィラデルフィア染色体を有する症例は、予後不良とされてきたが、近年分子標的薬のグリベック併用により寛解率も向上している。当科の12例では10例が完全寛解を得ており、その後、造血細胞移植に移行する症例も増加している

★骨髄異形成症候群は高齢者が主体の増加しつつある血液疾患であり、白血病への移行や骨髄不全の進行が予後に影響する。病態の評価が最重要との観点から、輸血等の対症療法から通常化学療法の選択まで、症例ごとに検討して対応している。血液疾患患者は免疫力の低下がみられ、とくに化学療法の経過中には好中球減少が必発であり、感染症のリスクも一段と高まるので無菌室を有効に活用し、感染予防対策を行っている

★悪性リンパ腫は症例数の最も多いリンパ造血器腫瘍であり、年間40~50例の新患をかぞえる。最近5年間で200例以上の新患入院患者があり、そのうち最も症例数の多い非ホジキンリンパ腫、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療成績は初回寛解率が83.3%、5年生存率59.7%である。治療の基本は分子標的薬であるリツキサンにCHOP療法を加えるR-CHOP療法が標準であるが、種々の予後因子を考慮した症例ごとの治療法を選択することも多い。進行性で予後不良な症例に対しては、造血細胞移植である自家末梢血幹細胞移植を併用している

★多発性骨髄腫は、進行性で難治性の血液疾患であるが、最近サリドマイド、ボルテゾミブなどの新規薬剤が登場しており、それらを併用した化学療法を主体に、適応症例があれば自家末梢血幹細胞移植を併用している

再生不良性貧血に対しては、重症度に応じて抗胸腺細胞グロブリン、シクロスポリンなどによるATG=免疫抑制療法を施行している。最近まとめた17例24回のATG療法の治療成績は、奏効率70.8%、10年生存率66.7%である

★特発性血小板減少性紫斑病や低悪性度非ホジキンリンパ腫、マルトリンパ腫ではヘリコバクター・ピロリ菌との関連が注目されており、治療としての除菌治療を積極的に行っている

★悪性貧血は免疫機序によるビタミンB12吸収障害が原因の大球性貧血であるが、本症ではピロリ菌の関与が少ないことが推定されており、因果関係について症例を集積している。
医療設備 08年4月、現在地に新築移転した。北海道初のオール電化で空調完備した病院である。血液内科病室60床、うち無菌病室10床、個室10床。外来化学療法ベッド4床。感染症予防用陰圧診察室あり。CT、MRIなど完備。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 △
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 北海道」(ライフ企画 2010年6月)

インフォメーション

愛育病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

愛育病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。