キッコーマン総合病院

診療時間

午前 午後 その他
8:30 - 11:00 16:00 - 17:30
8:30 - 11:00 16:00 - 17:30
8:30 - 11:00 16:00 - 17:30
8:30 - 11:00
8:30 - 11:00 16:00 - 17:30
8:30 - 11:00

休診日:日・祝

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- -
公式サイト http://hospital.kikkoman.co.jp/
駐車場 有料:244台
混雑状況 比較的混まない時間帯
・総合: 月~金曜の午後
・月~金曜の夕方
・木曜の午後
混み具合
・消化器科: 常にとても混んでいる ※口コミや調査による未検証情報です。 あくまで参考レベルでの利用に留めてください。
高度医療機器 DSA、MRI、マルチスライスCT
外国語対応 英語

キッコーマン総合病院の院長/関係者様へ

写真掲載、お知らせ掲載を希望される場合下記よりお問い合わせください。お知らせ掲載は、メールで投稿ができる、便利な機能です。

写真・お知らせ掲載に関するお問い合わせ

キッコーマン総合病院の院長/関係者様へ
病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。
※よろしければ口コミウィジェットをご活用下さい

ストリートビュー

拡大・縮小

最寄駅からの所要時間

東武鉄道野田線愛宕から徒歩7分

近隣の駅からの距離

  • 愛宕(東武野田線)から0.63km

キッコーマン総合病院の最新口コミ(6件)

専門医

専門医 ペインクリニック専門医(1)/リウマチ専門医(0.1)/内分泌代謝科専門医(0.1)/外科専門医(3.2)/大腸肛門病専門医(1)/婦人科腫瘍専門医(1)/小児科専門医(1.1)/循環器専門医(2.1)/整形外科専門医(4.3)/消化器内視鏡専門医(1)/消化器病専門医(4.1)/産婦人科専門医(4.1)/皮膚科専門医(0.1)/眼科専門医(1.7)/糖尿病専門医(0.2)/総合内科専門医(1.1)/耳鼻咽喉科専門医(0.4)/肝臓専門医(3.1)/脳神経外科専門医(0.2)/腎臓専門医(0.2)/超音波専門医(1)/麻酔科専門医(1.6) ※カッコの中は専門医の人数です。

その他の情報

この情報は都道府県の公開情報を元に、QLifeが独自に編集したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。

対応可能な短期手術(日帰り)

皮膚
皮下腫瘍摘出術
手根管開放手術
水晶体再建術
乳腺腫瘍摘出術

健康診査、人間ドック、健康相談

健康診査を実施している
健康相談を実施していない

専門外来

専門外来あり/糖尿病外来/禁煙外来(ニコチン依存症)/その他/手の外科外来/股関節外来/スポーツ外来/足の外科外来

予防接種

四種混合(ジフテリア+百日せき+急性灰白髄炎(ポリオ)+破傷風)
三種混合(ジフテリア+百日せき+破傷風)
二種混合(ジフテリア+破傷風)
急性灰白髄炎(ポリオ)
麻しん
風しん
二種混合(麻しん+風しん)
日本脳炎
結核(BCG)
Hib感染症
小児の肺炎球菌感染症
ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)
インフルエンザ
おたふくかぜ
水痘
A型肝炎
B型肝炎
成人の肺炎球菌感染症
ロタウイルス感染症
破傷風

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 消化器内科
特色 特に肝胆膵疾患の診療を積極的に行っており、近隣の医療機関からもERCPによる総胆管結石の治療やステント挿入などを目的とした紹介患者が多い。また、肝疾患の紹介患者も多く、肝炎から肝硬変、肝癌、食道胃静脈瘤まで肝疾患の治療においては合併症を含めたすべての病態に対応可能である。他科との連携も良好であり、患者の症状に応じて必要な診療が迅速に受けられるように対応している。
症例数 年間入院患者数は約480人で、消化管疾患から肝胆膵疾患まで多岐にわたっている。年間の検査数は、腹部超音波検査が約4,700件、内視鏡検査は上部約2,400件、下部約850件施行している

★ペグインターフェロンが発売された03年12月以降にインターフェロン療法を施行したC型肝炎は300例以上で、11年末に発売されたテラプレビルを含む3剤併用療法も既に15例施行している。治療成績は全国成績とほぼ同等であるが、きめ細かな対応により中止例が少ないのが特徴である

★B型肝炎も適応に応じて核酸アナログ製剤やペグインターフェロンによる治療を行っている。また各種肝疾患の線維化進展の程度を非侵襲的に測定可能なフィブロスキャンも導入している

★肝炎患者の増加により肝癌、食道胃静脈瘤患者も漸増しており、肝癌に対する肝動脈塞栓術、経皮的局所治療(エタノール注入、ラジオ波焼灼)ならびに静脈瘤に対する内視鏡的結紮術や硬化療法、B-RTO、PTO等の側副血行路塞栓術を施行する症例数も増加傾向にある。大病院では内視鏡科や放射線科に治療を依頼する病院もあるが、当院は消化器内科医がすべての治療技術を有しており、主治医を含むチーム全体で病態ごとに最もよいと思われる治療法を選択している

★胆石や腫瘍による閉塞性黄疸等の胆道系疾患の対応も積極的に行っており、日本胆道学会認定指導施設(千葉県に10施設)、日本肝臓学会認定施設(千葉県に13施設)、日本超音波医学会専門医研修施設(千葉県に18施設)のすべてを取得しているのは東葛北部では当院のみである

★消化管疾患の診療では、カプセル内視鏡を導入しており、またヘリコバクター・ピロリの診断においては呼気試験の器械を導入しており、その場ですぐに結果を説明して除菌等の対応ができる体制を整えている。
医療設備 MRI、CT、血管造影、内視鏡(上部、下部、側視鏡、カプセル)、超音波(カラードプラ装置)、フィブロスキャン。
所属スタッフ 三上繁院長代理、秋本政秀内科部長、清水史郎消化器内科部長、大西和彦医師。
所属医師 三上 繁 1959年生まれ 千葉大学医学部卒
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 △
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 千葉・茨城」(ライフ企画 2012年11月)

分野 消化器・一般外科
特色 食道、胃、大腸、肝胆膵の消化器癌および胆石等の腹部疾患のほか、乳癌、呼吸器疾患、血管、ヘルニア等幅広く治療を行っている。規模は大きくないが、地域の中核病院として、個々の患者さんに応じた高度の医療を提供している。日本外科学会専門医制度関連施設、日本消化器病学会専門医制度認定施設、日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設、日本人間ドック学会研修関連施設。マンモグラフィ検診制度管理中央委員会認定施設。
症例数 年間手術件数は400~450件。胃・食道癌40件、結腸・直腸癌40件、肝胆膵癌20件、胆石症60件、乳癌30件、鼠径ヘルニア60件。腹部大動脈瘤・下肢静脈瘤等血管疾患15件

★胃癌、大腸癌は内視鏡を積極的に使用し、早期癌は可能な限り内視鏡下に切除(EMR、ESD)している。症例に応じて腹腔鏡手術のほか、5~8cmの小切開で手術を行っているため、術後の回復が早く入院期間が短縮されている。胃全摘術の際は小腸でパウチ(代用胃)を作成しており、術後も十分な食事摂取が可能となっている

★肝胆膵癌は血管合併切除再建、術前門脈塞栓術等を行い、進行癌に対しても根治的切除を目指している

★91年より腹腔鏡下胆嚢摘出手術を開始し、胆石・総胆管結石症の90%以上は腹腔鏡で行っている。開腹手術となる症例は、通常よりはるかに小さな3~4cmの皮膚切開で胆嚢を摘出している。いずれの術式でも入院期間は5日以内である

★乳癌は92年より乳房温存手術を開始し、多数例に行っている。当科はマンモグラフィ検診制度管理中央委員会による認定医師、認定放射線技師を擁する施設である(医師・技師・施設すべてが認定を受けている医療機関は千葉県全体で約20施設にすぎない)

★各種癌に対する術前・術後の抗癌剤治療も積極的に行っている。新規抗癌剤は積極的に導入しており、オキサリプラチンの国内正規登録第1号は当科の患者である

★成人の鼠径ヘルニアは95年よりプラグメッシュ等を導入し、現在はダイレクトシールを中心とした個々の患者さんに応じた各種メッシュ類を用いている。手術時間は20分前後と短く、再発率も1%未満と良好な成績である。基本的には小児は日帰り、成人は手術翌日に退院しているが、希望により日帰り手術も行っている

★腹部大動脈瘤切除や下肢血行再建の際は血管外科の世界的権威である重松宏日本心血管病予防会代表理事(元東京大学教授)が来院し、執刀していただいている

★当科では代表的疾患に対してはクリニカルパスを導入しており、平均在院日数は約10日である。当科はすべての癌において、全国の癌患者登録を基に計算された「癌研究振興財団」の5年生存率よりはるかに良い成績である。また、全国のがんセンターだけのデータを基にしている「全国癌センター協議会」の5年生存率と比較しても、ほとんどの癌で同等以上の成績になっている。特に当科で力を入れている乳癌、肝胆膵癌は非常に良好な手術成績となっている

<当科/全国がんセンター協議会/癌研究振興財団の5年生存率(%)の比較>乳癌=97.1/90.3/85.5、甲状腺癌=100.0/95.6/―、肺癌=59.7/64.4/25.6、食道癌=37.5/47.2/31.6、胃癌=76.1/76.0/62.1、大腸癌=82.8/76.2/68.9、肝癌=72.7/49.9/23.1、膵癌=43.2/17.0/6.7、胆道癌=51.0/39.3/20.2。
医療設備 MRI、へりカルCT、ハーモニック・スカルペル、マイクロウエーブ、アルゴンビーム・コアグレーター、腹腔鏡下手術装置。
所属スタッフ 久保田芳郎院長(大腸肛門外科)、川口米栄部長(肝胆膵、乳腺、内視鏡・腹腔鏡外科)、ほかに東京大学腫瘍外科からの派遣常勤医2人、非常勤医2人。
所属医師 久保田 芳郎  1949年生まれ  東京大学医学部卒 
川口 米栄  1961年生まれ  東京大学医学部卒
  • セカンドオピニオン受入 〇
  • 初診予約 〇
  • 主治医指名 △
  • 執刀医指名 △

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 千葉・茨城」(ライフ企画 2012年11月)

治療実績

疾患名 病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 千葉県 全国
眼科系疾患 白内障、水晶体の疾患 261 261 0 25位 -
耳鼻咽喉科系疾患 睡眠時無呼吸 11 0 11 35位 -
前庭機能障害 14 0 14 - -
呼吸器系疾患 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 72 0 72 - -
誤嚥性肺炎 23 0 23 - -
循環器系疾患 狭心症、慢性虚血性心疾患 54 11 43 39位 -
心不全 40 0 40 48位 -
閉塞性動脈疾患 11 11 0 30位 -
消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患 胃の悪性腫瘍 31 14 17 48位 -
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 59 37 22 48位 -
直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 34 17 17 40位 -
肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 73 54 19 26位 -
胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 10 10 0 30位 -
膵臓、脾臓の腫瘍 16 16 0 30位 -
小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 242 242 0 27位 -
穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 24 0 24 42位 -
胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 10 10 0 - -
鼠径ヘルニア 74 74 0 32位 -
ヘルニアの記載のない腸閉塞 29 0 29 - -
慢性肝炎(慢性C型肝炎を除く。) 11 0 11 10位 -
肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 11 11 0 34位 -
胆嚢水腫、胆嚢炎等 33 33 0 33位 -
胆管(肝内外)結石、胆管炎 36 14 22 45位 -
筋骨格系疾患 上肢末梢神経麻痺 16 16 0 3位 -
膝関節症(変形性を含む。) 24 24 0 17位 -
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 13 13 0 18位 -
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 50 20 30 23位 -
股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 18 18 0 19位 -
皮膚・皮下組織の疾患 急性膿皮症 23 0 23 34位 -
乳房の疾患 乳房の悪性腫瘍 16 16 0 38位 -
腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患 膀胱腫瘍 27 27 0 27位 -
前立腺の悪性腫瘍 40 0 40 35位 -
上部尿路疾患 17 17 0 22位 -
前立腺肥大症等 14 14 0 23位 -
腎臓または尿路の感染症 25 0 25 - -
女性生殖器系疾患及び産褥期疾患・異常妊娠分娩 子宮頸・体部の悪性腫瘍 19 19 0 24位 -
子宮の良性腫瘍 34 34 0 26位 -
生殖器脱出症 11 11 0 13位 -
新生児疾患、先天性奇形 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 103 0 103 14位 -
外傷・熱傷・中毒 四肢筋腱損傷 25 25 0 8位 -
肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 18 18 0 15位 -
胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 56 0 56 5位 -
肘関節周辺の骨折・脱臼 29 29 0 9位 -
前腕の骨折 70 70 0 4位 -
手関節周辺骨折脱臼 13 13 0 8位 -
股関節大腿近位骨折 42 42 0 34位 -
その他 手術・処置等の合併症 12 12 0 35位 -

キッコーマン総合病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

キッコーマン総合病院の近くにある病院

おすすめの記事

インフォメーション

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。