琉球大学医学部附属病院

診療時間

午前 午後 その他
8:30 - 11:00
8:30 - 11:00
8:30 - 11:00
8:30 - 11:00
8:30 - 11:00

休診日:土・日・祝

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
-
公式サイト http://www.hosp.u-ryukyu.ac.jp/
駐車場 499台
混雑状況 比較的混まない時間帯
・眼科: 月~金曜の午後
混み具合
・耳鼻咽喉科: 常にとても混んでいる ※口コミや調査による未検証情報です。 あくまで参考レベルでの利用に留めてください。
カードによる
支払い
クレジットカードによる支払いが可能 ※条件によって利用できない場合があります。直接医療機関のホームページ等でご確認ください。
高度医療機器 DSA、IMRT、MRI、PET、RALS、SPECT、マルチスライスCT
外国語対応 英語
初診時にかかる
特別料金
5,400円 ※「病床数が200以上の病院について受けた初診」に係る特別の料金

琉球大学医学部附属病院の院長/関係者様へ

写真掲載、お知らせ掲載を希望される場合下記よりお問い合わせください。お知らせ掲載は、メールで投稿ができる、便利な機能です。

写真・お知らせ掲載に関するお問い合わせ

琉球大学医学部附属病院の院長/関係者様へ
病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。
※よろしければ口コミウィジェットをご活用下さい

ストリートビュー

拡大・縮小

琉球大学医学部附属病院の最新口コミ(5件)

琉球大学医学部附属病院で行える先進的な医療

専門医

専門医 リウマチ専門医(4)/リハビリテーション科専門医(1)/内分泌代謝科専門医(3)/口腔外科専門医(3)/呼吸器外科専門医(2)/呼吸器専門医(10)/外科専門医(21)/小児科専門医(12)/循環器専門医(6)/心臓血管外科専門医(3)/感染症専門医(6)/放射線科専門医(13)/救急科専門医(2)/整形外科専門医(19)/気管支鏡専門医(2)/泌尿器科専門医(7)/消化器内視鏡専門医(14)/消化器外科専門医(5)/消化器病専門医(16)/産婦人科専門医(13)/病理専門医(8)/皮膚科専門医(6)/眼科専門医(9)/神経内科専門医(1)/糖尿病専門医(7)/細胞診専門医(5)/総合内科専門医(39)/耳鼻咽喉科専門医(13)/肝臓専門医(3)/脳神経外科専門医(2)/腎臓専門医(6)/血液専門医(4)/透析専門医(8)/麻酔科専門医(4) ※カッコの中は専門医の人数です。

その他の情報

この情報は都道府県の公開情報を元に、QLifeが独自に編集したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。

対応可能な短期手術(一泊二日)

皮膚
皮下腫瘍摘出術
腋臭症手術
内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術
径尿道的尿路結石除去術
尿失禁手術

健康診査、人間ドック、健康相談

健康診断実施の有無:なし
健康相談実施の有無:なし

専門外来

専門外来:あり/内容:感染症内科/膠原病内科/高齢内科/禁煙外来/緩和ケア外来/糞線虫外来/骨・軟部腫瘍科/生殖・不妊/骨粗鬆症科/遺伝・先天代謝異常/アレルギー科/児童・思春期外来

予防接種

三種混合(ジフテリア+百日咳+破傷風)
二種混合(ジフテリア+破傷風)
二種混合(麻疹+風疹)
BCG
インフルエンザ
肺炎球菌感染症

実力医

複数の有名専門医(※)の間で、特にがんの外科的治療中心に「自分や家族がかかりたい」と推薦された医師が所属しています。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。 ※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

青木陽一(あおきよういち)| 産婦人科教授

1984年新潟大学医学部卒、同大学産婦人科入局。
91年同助手、91年〜94年ハーバード大学MGHがん研究所に留学。
97年新潟大学講師。
06年琉球大学医学部教授。

専属学会・資格 日本産科婦人科学会(代議員・専門医)、日本癌治療学会(臨床試験登録医)、日本婦人科腫瘍学会(専門医)、日本がん治療認定医機構認定医、日本臨床細胞学会(細胞診専門医)、日本癌学会、日本産婦人科手術学会、日本産婦人科内視鏡学会、American Society of Clinical Oncology (ASCO) active member、International Gynecological Cancer Society (IGCS) member.
著者・編集者・論文 婦人科腫瘍学、分子腫瘍学を中心に英文論文140編、和文論文120編(筆頭以外も含む)。

実績

累積手術数 子宮頸癌105例、子宮体癌120例、卵巣癌100例、外陰癌12例など(最近5年間)。
年間執刀数 子宮頸癌20例、子宮体癌25例、卵巣癌20例など(指導・助手を含む)。
診察に際して
心がけている点
smile.
手術に際して
心がけている点
①ゆったり、手早く②患者様の顔を思い出すこと③チーム医療であること。

組織

科の特色 子宮頸癌はわが国で屈指の治療例数を誇っている。浸潤癌の高危険群、難治例(年間80例)に対しては、手術療法、化学療法、放射線療法などを組み合わせた集学的治療を行っている。同時化学放射線療法は本学放射線科との協力で、わが国で最多治療症例数の実績を持つ。
科の症例数・治療・成績 ★上皮内癌、微少浸潤癌(年間60例)には、子宮頸部円錐切除術(子宮卵巣温存)を、さらに浸潤癌の中でもIb1期で、腫瘍の大きさが2cm以下で子宮卵巣温存を希望される患者さんに対しては、08年から広汎子宮頸部摘出術(子宮卵巣温存)を行っている。5年生存率は0+Ia期100%、Ib期98%、II期73%、III期54%、IV期8%

★子宮体癌(年間50例)は、年々症例数が増加しており、手術療法を中心とし、高危険群には化学療法による強化療法を行っている。若年で挙児希望例の早期癌症例に対してはインフォームド・コンセントのもとホルモン療法も行っている。5年生存率はI期95%、II期93%、III期71%、IV期20%

★卵巣癌(年間35例)に対しては、手術療法を中心に組織型を考慮した術後療法を行っている。また挙児希望例に対しては、進行期により温存手術の可能性を追求している。5年生存率はI期90%、II期83%、III期33%、IV期10%。若い方に多い胚細胞性腫瘍では、原則として腫瘍摘出(妊孕能温存手術)と化学療法を行い、非常に良好な治療成績をあげている

★当科での化学療法の約7割は、本学の外来化学療法室で外来治療として施行している

★患者さん中心で、Evidence-based medicine (EBM:科学的根拠に基づく医療)に則った治療の実践が当科のモットー。患者さんそれぞれに最適と考えられる治療法と他の治療法を納得いくまで、何度でも説明いたします。その中でご自分が納得した治療法を選択していただき、前向きに強い気持ちで治療に立ち向かっていただきます。

素顔

名医の条件 まず良医たれること。
趣味 庭いじり、ドライブ、読書。
特技 レイランディーの剪定。
私の健康法 快眠と定刻起床。
もし医師でなかったら 数学の先生。

「実力医の履歴書 外科系II版」(ライフ企画 2012年2月)

大城吉則(おおしろよしのり)| 泌尿器科准教授(腎癌)

1962年沖縄県生まれ。
県立那覇高校卒。
88年琉球大学医学部卒。
同年琉球大学泌尿器科入局。
県立宮古病院、ハートライフ病院、新村病院などを経て03年琉球大学泌尿器科に復職し、現在に至る。

専属学会・資格 日本泌尿器科学会(専門医・指導医)、日本泌尿器科学会腹腔鏡手術技術認定医、がん治療認定医、日本透析医学会(専門医・指導医)、日本移植学会、日本臨床腎移植学会認定医、医学博士。
著者・編集者・論文 英文・和文論文40数編(共著も含む)。

実績

累積手術数 腎臓癌約200例、副腎腫瘍50例、前立腺癌40例、腹腔鏡下手術150例など(最近5年間、指導・助手を含む)。
年間執刀数 腎臓癌約50例、副腎腫瘍10例、前立腺癌5例(他施設での指導・助手を含む)。
診察に際して
心がけている点
十分なインフォームド・コンセントを行い、患者さんの希望に沿った治療を行うこと。
手術に際して
心がけている点
常に平常心でいること。

組織

科の特色 小径腎癌で腎機能温存できる症例に対しては、開腹または鏡視下での腎部分切除を行い、それ以外の症例に対しては、侵襲の少ない腹腔鏡下腎摘出術を行っている。また、下大静脈まで進展する腫瘍血栓を有する進行性腎癌に対しては、下大静脈の摘出を伴う拡大手術も行っている。
科の症例数・治療・成績 ★腎癌は外科的切除(手術)以外に有効な治療方法がないため、早期の腎癌から進行性腎癌まで積極的に手術が行われる。腎癌に対する手術方法は腫瘍の大きさおよび位置によっても異なってくるが、腫瘍のサイズが小さいI期(T1)症例に対しては、積極的に腎機能を温存するための腎部分切除を行い、腎機能が温存できない症例に対しては侵襲の少ない腹腔鏡下腎全摘出術を行う。それに対して下大静脈まで進展する腫瘍血栓を有する局所進行性腎癌に対しては、下大静脈の摘出を伴う拡大手術も行っている

★当科での腎癌の年間の手術件数は約40例であるが、当院は沖縄県で唯一の大学附属病院であるため、県内の他の施設では手術が困難な進行性腎癌症例も多数紹介され、積極的な手術療法を行っている。また、転移を有する腎癌や根治切除術が不可能な腎癌に対しても、サイトカイン療法(インターフェロン、IL-2)、最近では分子標的薬(TKI、mTOR阻害剤)を用いて治療を行っている

★最近の治療成績はI期(T1)症例の5年生存率が90%以上で、腫瘍血栓を有する(III期)の局所進行腎癌の成績は腎静脈までの腫瘍血栓症例の5年生存率が80%、下大静脈までの腫瘍血栓例が50%である。

素顔

名医の条件 わかりません。
趣味 観賞魚の飼育、ウオーキング。
特技 特になし。
私の健康法 ウオーキング。
もし医師でなかったら 中学生の頃から医師になりたいと考えていましたので、それ以外の職業を考えたことがありません。

「実力医の履歴書 外科系II版」(ライフ企画 2012年2月)

呉屋真人(ごやまさと)| 泌尿器科准講師(前立腺癌)

1993年琉球大学医学部卒。
01年がん研究振興財団、リサーチレジデント。
04年鹿児島県新村病院。
06年那覇市立病院泌尿器科医長。
09年同院泌尿器科部長。
11年4月より現職。

専属学会・資格 日本泌尿器科学会(指導医・専門医)、日本透析医学会(認定医)、日本癌学会、日本癌治療学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本がん治療認定機構がん治療認定医、医学博士。
著者・編集者・論文 英文論文数編(前立腺癌基礎研究など)、和文論文数編。

実績

累積手術数 (指導を含む):前立腺全摘除術約400例、TUR-P約800例、腎摘除術約100例、TUR-Bt約250例、膀胱全摘除術約50例。
年間執刀数 (指導を含む):前立腺全摘除術約30例、TUR-P約20例、腎摘除術約15例、TUR-Bt約30例、膀胱全摘除術約10例。
診察に際して
心がけている点
診断や治療選択の科学的根拠を、できるだけ患者さんにとって分かりやすい言葉で説明を行う。癌告知は原則行うが、告知後のアフターケアは決して忘れない。
手術に際して
心がけている点
外科治療の根治性と手術手技の安全性を重視している。

組織

科の特色 他院では手術ができない症例が多いが、最近は前立腺癌に対する小線源療法を導入したため、本治療への紹介症例が増えている。
科の症例数・治療・成績 ★前立腺癌の治療法には、①手術療法、②放射線治療(外照射、小線源療法)、③内分泌療法、④PSA監視療法がある。前立腺癌診療ガイドラインでは、前立腺癌の進行度や組織学的悪性度、そしてPSA値に応じて、適応となる治療方法を記載しているが、早期前立腺癌に対する治療法の棲み分けが十分とは言えない。当科では、D’AmicoやNCCNによるリスクグループ分類に基づき治療法を選択しているが、当然治療法の決定は患者さんとも十分に相談した上でなされている。男性機能温存のため、適応症例では、積極的に勃起神経の温存を行っている

手術療法の治療成績:3年非再発率=低リスク群88%、中リスク群90.3%、高リスク群63%である。尿失禁からの回復は術後1カ月で53.5%、術後3カ月で90.9%、術後6カ月で98%である。小線源療法は年間20例~30例の治療を行っている。

素顔

名医の条件 冷静沈着な判断力と適切な指示、実行能力を兼ね備えた医師。
趣味 読書、洗車、最近また始めたゴルフ。
特技 特になし。
私の健康法 特になし。
もし医師でなかったら 考古学者。

「実力医の履歴書 外科系II版」(ライフ企画 2012年2月)

実力医をもっと見る

治療実績

疾患名 病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 沖縄県 全国
神経系疾患 脳腫瘍 243 55 188 1位 29位
非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) 20 0 20 15位 -
脳梗塞 32 0 32 17位 -
脳脊髄の感染を伴う炎症 23 0 23 8位 -
てんかん 52 0 52 7位 -
脳の障害(その他) 17 0 17 1位 -
眼科系疾患 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍 10 10 0 1位 20位
白内障、水晶体の疾患 814 814 0 1位 -
斜視(外傷性・癒着性を除く。) 37 37 0 1位 -
網膜剥離 182 182 0 1位 24位
糖尿病性増殖性網膜症 128 128 0 1位 7位
黄斑、後極変性 130 130 0 1位 -
網膜血管閉塞症 64 64 0 1位 21位
緑内障 161 161 0 1位 27位
硝子体疾患 137 137 0 1位 2位
結膜の障害 14 14 0 2位 37位
涙器の疾患 12 12 0 1位 50位
脈絡膜の疾患 23 23 0 1位 25位
耳鼻咽喉科系疾患 頭頸部悪性腫瘍 364 208 156 1位 11位
耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 50 50 0 1位 48位
顔面神経障害 28 15 13 1位 -
慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 177 167 10 1位 5位
呼吸器系疾患 肺の悪性腫瘍 279 58 221 1位 -
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 100 0 100 19位 -
誤嚥性肺炎 47 10 37 19位 -
肺高血圧性疾患 13 0 13 2位 -
循環器系疾患 狭心症、慢性虚血性心疾患 374 170 204 8位 -
頻脈性不整脈 25 14 11 14位 -
弁膜症(連合弁膜症を含む。) 118 54 64 1位 -
心不全 23 0 23 23位 -
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 124 84 40 1位 48位
閉塞性動脈疾患 35 10 25 5位 -
静脈・リンパ管疾患 14 14 0 7位 -
循環器疾患(その他) 12 12 0 2位 -
徐脈性不整脈 26 26 0 14位 -
消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 284 38 246 1位 39位
胃の悪性腫瘍 103 47 56 1位 -
小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 16 0 16 1位 -
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 80 43 37 6位 -
直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 124 46 78 1位 -
肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 53 21 32 6位 -
胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 22 11 11 3位 -
膵臓、脾臓の腫瘍 58 20 38 3位 -
小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 10 10 0 22位 -
穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 13 0 13 19位 -
食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 40 13 27 14位 -
虫垂炎 11 0 11 17位 -
鼠径ヘルニア 11 11 0 19位 -
ヘルニアの記載のない腸閉塞 24 0 24 17位 -
肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 47 29 18 6位 -
胆嚢疾患(胆嚢結石など) 10 10 0 16位 -
胆管(肝内外)結石、胆管炎 49 39 10 15位 -
腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 12 12 0 15位 -
その他の消化管の障害 27 16 11 1位 -
筋骨格系疾患 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 26 26 0 3位 -
骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 35 12 23 2位 -
軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 49 24 25 1位 35位
脳性麻痺 12 0 12 2位 46位
膝関節症(変形性を含む。) 10 10 0 13位 -
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 10 10 0 7位 -
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 12 12 0 12位 -
股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 33 33 0 2位 -
関節リウマチ 10 0 10 3位 -
全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 78 12 66 1位 -
血管腫、リンパ管腫 23 23 0 1位 31位
皮膚・皮下組織の疾患 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 47 47 0 1位 19位
皮膚の良性新生物 36 36 0 2位 -
急性膿皮症 52 16 36 14位 -
乳房の疾患 乳房の悪性腫瘍 28 14 14 8位 -
内分泌・栄養・代謝に関する疾患 甲状腺の悪性腫瘍 26 11 15 3位 -
内分泌腺および関連組織の腫瘍 11 0 11 1位 11位
副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 93 20 73 2位 22位
褐色細胞腫、パラガングリオーマ 25 0 25 1位 4位
下垂体機能低下症 25 0 25 1位 -
下垂体機能亢進症 35 16 19 1位 33位
代謝障害(その他) 19 0 19 1位 39位
腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患 腎腫瘍 57 40 17 1位 -
腎盂・尿管の悪性腫瘍 48 0 48 1位 -
膀胱腫瘍 117 69 48 1位 -
前立腺の悪性腫瘍 142 31 111 3位 -
精巣腫瘍 13 0 13 1位 22位
上部尿路疾患 11 11 0 13位 -
男性生殖器疾患 11 0 11 9位 -
ネフローゼ症候群 13 0 13 6位 -
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 139 30 109 1位 -
腎臓または尿路の感染症 61 0 61 19位 -
水腎症(その他) 42 27 15 2位 -
女性生殖器系疾患及び産褥期疾患・異常妊娠分娩 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 159 44 115 1位 -
子宮頸・体部の悪性腫瘍 667 264 403 1位 7位
子宮の良性腫瘍 25 25 0 6位 -
卵巣の良性腫瘍 42 42 0 5位 -
生殖器脱出症 17 17 0 7位 -
異所性妊娠(子宮外妊娠) 16 16 0 2位 -
妊娠早期の出血 11 0 11 3位 -
早産、切迫早産 48 11 37 5位 -
胎児及び胎児付属物の異常 76 58 18 5位 -
妊娠中の糖尿病 42 0 42 2位 36位
子宮の非炎症性障害 19 19 0 1位 39位
分娩の異常 19 19 0 8位 -
血液・造血器・免疫臓器の疾患 急性白血病 25 25 0 2位 -
非ホジキンリンパ腫 112 51 61 2位 -
多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 10 10 0 5位 -
原発性免疫不全症候群 17 0 17 1位 9位
新生児疾患、先天性奇形 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 201 20 181 5位 -
手足先天性疾患 27 27 0 1位 27位
外傷・熱傷・中毒 頭蓋・頭蓋内損傷 41 11 30 12位 -
顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 13 13 0 5位 -
胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 14 0 14 18位 -
前腕の骨折 10 10 0 18位 -
股関節大腿近位骨折 18 18 0 18位 -
その他 手術・処置等の合併症 81 56 25 4位 -
その他の悪性腫瘍 13 0 13 1位 -

琉球大学医学部附属病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

おすすめの記事

インフォメーション

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。