仙台オープン病院

診療時間

午前 午後 その他
8:30 - 11:00 13:00 - 17:00
8:30 - 11:00 13:00 - 17:00
8:30 - 11:00 13:00 - 17:00
8:30 - 11:00 13:00 - 17:00
8:30 - 11:00 13:00 - 17:00

午前:月火水木金(受付時間)

午後:月火水木金(科目毎に曜日・時間あり)

休診日:土・日・祝・年末年始

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
-
公式サイト http://www.openhp.or.jp/
駐車場 有料:179台
混雑状況 比較的混まない時間帯
・外科: 火・水・金曜の午前
・循環器内科: 木曜の16時頃
・総合診療科: 水曜の午前(原則として予約制です)
・消化器外科: 月曜以外の午前 ※口コミや調査による未検証情報です。 あくまで参考レベルでの利用に留めてください。
カードによる
支払い
クレジットカードによる支払いが可能 ※条件によって利用できない場合があります。直接医療機関のホームページ等でご確認ください。
高度医療機器 DSA、MRI、マルチスライスCT
外国語対応 英語
初診時にかかる
特別料金
4,320円 ※「病床数が200以上の病院について受けた初診」に係る特別の料金

仙台オープン病院の院長/関係者様へ

写真掲載、お知らせ掲載を希望される場合下記よりお問い合わせください。お知らせ掲載は、メールで投稿ができる、便利な機能です。

写真・お知らせ掲載に関するお問い合わせ

仙台オープン病院の院長/関係者様へ
病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。
※よろしければ口コミウィジェットをご活用下さい

ストリートビュー

拡大・縮小

仙台オープン病院の最新口コミ(10件)

専門医

専門医 アレルギー専門医(2)/乳腺専門医(1)/呼吸器専門医(2)/外科専門医(11.8)/循環器専門医(4)/心臓血管外科専門医(2)/放射線科専門医(1)/消化器内視鏡専門医(10)/消化器外科専門医(4.8)/消化器病専門医(17.8)/病理専門医(1)/細胞診専門医(1)/総合内科専門医(3)/肝臓専門医(0.8)/超音波専門医()/麻酔科専門医(2) ※カッコの中は専門医の人数です。

その他の情報

この情報は都道府県の公開情報を元に、QLifeが独自に編集したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。

健康診査、人間ドック、健康相談

人間ドック
脳ドック
特定健診
がん検診
健康相談の実施:無し

専門外来

循環器疾患専門外来/ペースメーカー専門外来/人工肛門専門外来/糖尿病専門外来/乳腺専門外来/睡眠障害専門外来/化学療法

予防接種

破傷風
B型肝炎
インフルエンザ
肺炎球菌感染症

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 消化器・一般内科
特色 当院は76年の設立当初から「地域医療連携」に取り組んでおり、98年には地域医療支援病院全国第一号として承認された。当科は消化器病センターとして、消化器外科をはじめ放射線科、病理室とも密に連携し、迅速かつ一貫した検査・治療を行っている

★消化器内視鏡センターでは、完全個室化された9つの検査室と3台のX線テレビ室を駆使し、NBI(narrow-band imaging)対応内視鏡システムや電子式超音波内視鏡(EUS)、小腸内視鏡、カプセル内視鏡なども導入して最新の診断・治療ができるように努めている。また、検査終了後は広く快適な回復室が用意されており、電子カルテとも連動した最新の画像ファイリングシステムにより、内視鏡画像や各種画像診断を経時的に提示しながらの結果説明も可能となっている

★当科では、ERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影)などの胆膵領域の内視鏡検査治療には20年以上前から積極的に取り組み、日本、世界をリードするような治療成績や論文などの業績を数多くあげている。また、上部・下部消化管に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)もいち早く導入し、日々治療手技の熟成改良を行っている。こうした先端技術のレベルアップや普及のため、03年からは日本各地の最先端の内視鏡医を招いて仙台ライブ:仙台治療内視鏡ワークショップを毎年8月最終土曜日に開催している。
症例数 入院患者数は、消化器病センターとして常時190人前後で、そのうち消化器内科は約110人である。上部・下部消化管、肝胆膵など多岐にわたる疾患に対応している。当院には健診センターが併設されていることもあり、消化器内科関連の検査数は東北でも有数となっている。年間の検査数では、腹部超音波検査が約9,000例で、上部消化管内視鏡検査が約9,000例、下部消化管内視鏡検査約7,000例、ERCP約600例、超音波内視鏡(EUS)約1,200例、超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)約30例などとなっている。また、確定診断や術式決定のための胆膵領域の生検・細胞診も年々増加しており、09年度には320例に対して施行されている

★消化器内視鏡治療のうちESDは増加が顕著で、09年には食道がん35例、胃がん・腺腫203例、大腸がん・腺腫69例になされた。一方、EMR(内視鏡的粘膜切除術)は食道1例、胃9例、大腸353例であり、大腸ポリペクトミーは823例であった。胆膵疾患では内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)、内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)などによる総胆管結石の内視鏡的截石術を67例、内視鏡的胆管ドレナージ(EBD)を118例に施行した。最近は超音波内視鏡ガイド下胆道ドレナージ術(ESBD)施行例も増えている

★当院には救急センターも併設されており、緊急内視鏡も多数行われている。上部・下部消化管出血に対する内視鏡では、食道静脈瘤の内視鏡治療が年間約15例、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の内視鏡的止血術約150例、大腸憩室出血約60例などとなっている。胆膵では総胆管結石による急性閉塞性化膿性胆管炎などに対する内視鏡処置の比率が高い

★高齢者患者の増加に伴い、PEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術)施行例も年間約100例となっている。また、がん化学療法にも積極的に取り組み、予後の改善が得られている

★なお、当科の年間外来者数は約22,000人であるが、紹介率が80%を超える紹介型病院である。
医療設備 MDCT、MRI、超音波内視鏡(EUS)、NBI対応内視鏡システム、小腸内視鏡、カプセル内視鏡などを備えている。
所属スタッフ 藤田直孝副院長・消化器内科主任部長・健診センター長(消化器、内視鏡)、野田裕部長(消化器、内視鏡)、小林剛副部長(肝胆膵)、伊藤啓医長(肝胆膵)、鈴木敬医長(消化管)、平澤大医長(消化管)、尾花貴志医長(消化器、内視鏡)、菅原俊樹医長(消化管)、洞口淳医長(肝胆膵)、大平哲也医員(消化管)、原田義博医員(消化管)、加藤雄平医員(肝胆膵)、越田真介医員(肝胆膵)、前田有紀医員(消化管)、山下泰伸医員(肝胆膵)、菅野良秀医員(肝胆膵)他、後期研修医7人。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 △
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 東北版」(ライフ企画 2010年12月)

分野 循環器科
特色 急性心筋梗塞、心不全急性期治療は当番医師を置き24時間対応、迅速な治療を心がけている。狭心症診断は病歴と症状から各検査を選択、必要と判断されれば冠動脈CT、冠動脈造影を状態に合わせてお勧めする。治療は心臓血管外科と共にミーティングを行い、病態と病変を考慮して内科的治療、冠動脈形成術、冠動脈バイパス術、およびハイブリッド治療と、現時点で最も効果的な治療法を検討して選択している。
症例数 09年の入院患者数928人、心臓カテーテル検査全体で786件、心エコー検査3,270件(経食道心エコー、負荷心エコー含む)、頸動脈エコー557件

★虚血性心疾患の診断について、運動負荷心電図560件、冠動脈CT 179件、治療は冠動脈形成術285件、手技成功率96%(慢性完全閉塞例含む)、ロータブレーター使用可能

★急性心筋梗塞92例、状況に応じて再灌流療法を選択、再灌流療法73件

★心不全は緊急入院143人、血行動態不良時には薬物治療に加えて補助循環装置を使用

★不整脈に対して、心臓電気生理検査57件、ペースメーカー新規、交換合わせて50件、最近は心臓再同期療法も施行、ペースメーカークリニック月2回開設

★閉塞性動脈硬化症に対して下肢血管形成術19件、ABI測定365件。
医療設備 ICU 6床、心臓カテーテル装置、心エコー、ホルター心電図、トレッドミル運動負荷心電図、マルチスライスCT、MRI、心肺補助装置、大動脈内バルーンパンピング。
所属スタッフ 加藤敦部長(循環器、心血管インターベンション)、浪打成人副部長(循環器、心血管インターベンション)、杉江正医長(循環器)、高橋務子医長(循環器)、瀧井暢医員(循環器)、後期臨床研修医2人。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 △
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 東北版」(ライフ企画 2010年12月)

治療実績

疾患名 病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 宮城県 全国
神経系疾患 脳卒中の続発症 10 10 0 7位 -
耳鼻咽喉科系疾患 睡眠時無呼吸 107 0 107 3位 -
前庭機能障害 54 0 54 8位 -
呼吸器系疾患 肺の悪性腫瘍 116 16 100 12位 -
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 259 11 248 4位 -
誤嚥性肺炎 195 14 181 2位 -
慢性閉塞性肺疾患 25 0 25 9位 -
胸水、胸膜の疾患(その他) 18 0 18 4位 -
気胸 17 0 17 11位 -
循環器系疾患 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 80 66 14 4位 -
狭心症、慢性虚血性心疾患 462 151 311 3位 -
心筋症(拡張型心筋症を含む。) 27 0 27 3位 -
頻脈性不整脈 27 0 27 10位 -
弁膜症(連合弁膜症を含む。) 39 17 22 7位 -
心不全 202 21 181 6位 -
高血圧性疾患 19 0 19 4位 -
解離性大動脈瘤 34 10 24 3位 -
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 10 0 10 8位 -
徐脈性不整脈 91 76 15 4位 -
消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 66 66 0 5位 -
胃の悪性腫瘍 520 375 145 2位 22位
小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 10 10 0 3位 -
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 527 178 349 1位 17位
直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 405 118 287 1位 15位
肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 123 55 68 5位 -
胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 159 112 47 1位 10位
膵臓、脾臓の腫瘍 206 95 111 2位 34位
胃の良性腫瘍 14 14 0 3位 -
小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 1333 1333 0 2位 5位
穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 173 49 124 2位 11位
食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 92 42 50 4位 -
胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 139 105 34 1位 1位
胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴うもの) 13 13 0 2位 19位
虫垂炎 196 104 92 1位 6位
鼠径ヘルニア 118 118 0 6位 -
閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア 21 21 0 2位 -
クローン病等 11 0 11 7位 -
虚血性腸炎 66 12 54 1位 12位
ヘルニアの記載のない腸閉塞 240 58 182 2位 6位
劇症肝炎、急性肝不全、急性肝炎 20 0 20 1位 -
肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 27 14 13 10位 -
胆嚢疾患(胆嚢結石など) 13 0 13 16位 -
胆嚢水腫、胆嚢炎等 283 257 26 1位 3位
胆管(肝内外)結石、胆管炎 347 294 53 1位 8位
急性膵炎 99 19 80 1位 4位
慢性膵炎(膵嚢胞を含む。) 30 10 20 2位 -
腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 36 22 14 2位 -
その他の消化管の障害 15 0 15 9位 -
皮膚・皮下組織の疾患 急性膿皮症 12 0 12 20位 -
乳房の疾患 乳房の悪性腫瘍 32 32 0 12位 -
内分泌・栄養・代謝に関する疾患 その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 24 0 24 2位 -
腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患 後腹膜疾患 37 13 24 2位 37位
上部尿路疾患 14 0 14 17位 -
腎臓または尿路の感染症 62 0 62 15位 -
血液・造血器・免疫臓器の疾患 貧血(その他) 35 35 0 1位 -
外傷・熱傷・中毒 詳細不明の損傷等 48 0 48 2位 28位
その他 手術・処置等の合併症 23 23 0 14位 -

仙台オープン病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

仙台オープン病院の近くにある病院

おすすめの記事

インフォメーション

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。