診療科目

小児科産科婦人科

診療時間

午前 午後 その他
9:00 - 18:00
9:00 - 18:00
9:00 - 18:00
9:00 - 18:00
9:00 - 18:00
9:00 - 18:00

休診日:日・祝

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- -
公式サイト http://www.fukuda-hp.or.jp/
駐車場 有料:142台
カードによる
支払い
クレジットカードによる支払いが可能 ※条件によって利用できない場合があります。直接医療機関のホームページ等でご確認ください。
外国語対応 英語

福田病院の院長/関係者様へ

写真掲載、お知らせ掲載を希望される場合下記よりお問い合わせください。お知らせ掲載は、メールで投稿ができる、便利な機能です。

写真・お知らせ掲載に関するお問い合わせ

福田病院の院長/関係者様へ
病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。
※よろしければ口コミウィジェットをご活用下さい

ストリートビュー

拡大・縮小

最寄駅からの所要時間

JR鹿児島本線熊本から市電3号線洗馬橋下車1分

近隣の駅からの距離

  • 洗馬橋(熊本市電B系統)から0.1km
  • 新町(熊本市電B系統)から0.15km
  • 西辛島町(熊本市電B系統)から0.36km

福田病院の最新口コミ(11件)

専門医

専門医 乳腺専門医(1)/周産期(新生児)専門医(1)/大腸肛門病専門医(1)/小児外科専門医(1)/小児科専門医(2)/産婦人科専門医(14)/麻酔科専門医(1.7) ※カッコの中は専門医の人数です。

その他の情報

この情報は都道府県の公開情報を元に、QLifeが独自に編集したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。

健康診査、人間ドック、健康相談

健康診査実施の有無:実施あり(医療法に基づき
広告が可能なものに限る)
健康相談実施の有無:実施なし

専門外来

専門外来:あり(医療法に基づき/広告が可能な患者特性や治療方法に限る)/内容:不妊治療

予防接種

三種混合(ジフテリア+百日咳+破傷風)
経口生ポリオ
麻疹
風疹
二種混合(麻疹+風疹)
日本脳炎
BCG
インフルエンザ
おたふくかぜ
水痘
B型肝炎
成人用肺炎球菌感染症

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 産婦人科
特色 1907年(明治40年)に福田令寿によって創立され、代々産婦人科医業を営んでいる。2007年で創立100年となる。当時より産婦人科の医療を通して「女性の幸福」を追求し努力している。女性の一生を通して役立つ病院、母性をサポートするウーマンズホスピタルを目指す。診療科目としては、産科、婦人科、小児科(新生児科、小児外科)、生殖内分泌(不妊症)、更年期科、東洋医学漢方など多岐にわたり、女性医師が多いのが特徴である。各々の科の専門医師による優れた医療チームで高度の医療を提供できるようにしている。中でも産科は82年からLDRシステムを導入し、年間3,000件を超える分娩数があり、患者さんのバースプランを尊重しながら取り扱っている。自然分娩を基本としつつ、緊急を要する帝王切開については、手術決定から児娩出まで10分以内という実績や、異常分娩のケースにも対応できる医療体制と技術を持つ。24時間体制で常に同レベルの医療の提供ができるよう努力している。2006年に地域周産期母子医療センターに認定され、母体搬送も受け入れている。NICUも12床併設しており、超未熟児の管理も行っている。また、不妊症の治療にも力を入れ、エンブリオロジスト(生殖補助医療胚培養士)認定者による体外受精、顕微授精などの高度な技術の提供と、不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター認定者による精神面のケアも考慮し、チームで取り組み成果をあげている。その他、医師のチェックのもとに、マタニティスポーツ(スイミング、ビクス、ヨーガ)を主としたメディカルフィットネスの施設が院内にあり、スポーツによる効果はもちろん、産前産後の患者さん情報交換の場として多くの方に利用されている。
症例数 2008年の1日平均外来数は353人、分娩数3,101人、手術件数876例。そのうち腹腔鏡下手術109例、その他、子宮鏡検査・手術241例、不妊治療による妊娠347例のうち、体外受精によるもの妊娠率は、35.8%

周産期=当院の特微として、ハイリスク妊娠・分娩の症状が137件、帝王切開14.7%である。母体搬送も受け入れている。双胎妊娠、骨盤位、前回帝王切開施行例も、いつでも帝王切開ができる体制経膣分娩を試みており、24時間、医師、助産師で対応している。羊水検査等による出生前胎児診断、特殊超音波断層診断検査(カラードプラ、4D超音波検査)も行っている。妊娠30週前後で周産期専門医師によるベビーチェックを行っている。LDRシステム、助産師による周産期生活指導は丁寧をモットーに徹底しており、夫立ち会い分娩数も全体の30%以上と増加している。また、産科出血が予測できる疾患(前置胎盤、多胎妊娠など)、合併症については、自己血貯血法を取り入れている

新生児=NICU12床、GCU29床、妊娠27週以降の新生児、超未熟児、未熟児の診療を行っている。24時間体制で、児の搬送も受け入れている

婦人科=腹腔鏡下手術(卵巣腫瘍・子宮外妊娠・子宮筋腫)、子宮鏡検査(レゼプトコープ)、更年期外来、骨粗鬆症の診断・治療、ホルモン補充療法、乳房検査(高感度超音波断層検査法、マンモグラフィ)を行っている。女性のための女性医師による診察の要望が多く、それに応えるようにしている。また、地域住民の子宮癌検診や基本健康審査など、健康管理にも力を入れている

生殖内分泌外来=子宮卵管造影法、腹腔鏡検査、人工授精、顕微授精、受精卵凍結保存を行っている。最近では泌尿器科と連携をとり、男性不妊治療にも取り組み結果をあげている。2007年の不妊医療の実績として妊娠率は、体外受精40.8%(対移植)顕微受精26.3%(対移植)凍結移植56.2%(対移植)人工授精10.0%であった

東洋医学漢方診療科=婦人科(月経異常、更年期、冷え症など)、周産期にまつわる諸症状、不妊症に対し漢方医療法を行っている

小児科=未熟児医療、新生児定期健診、育児相談を行っている。
医療設備 LDRシステム、4D超音波、腹腔鏡、子宮鏡、骨密度測定器、マンモグラフィ、院内スポーツ施設(プール、スタジオ)などを備えている。
所属スタッフ 福田稠理事長(産婦人科全般、周産期)、松井和夫総病院長(周産期、妊娠高血圧症候群予知・予防)、東憲次総副院長(婦人科全般、腫瘍学)、河上祥一院長(周産期、漢方)、新田慎副院長(産婦人科全般)、山本勢津子医師(不妊症、周産期、新生児)、寺尾雅子医師(更年期、婦人科全般)、小原明美医師(更年期、内分泌)、杉本千里医師(周産期、新生児)、桑原三郎医師(産婦人科全般)、楳木美智子医師(産婦人科全般)、前田知子医師(産婦人科全般)、新堀曜子医師(産婦人科全般、新生児)、山口美奈医師(産婦人科全般)、土屋廣幸小児科部長(小児科全般)、丸山英樹新生児センター長(新生児、周産期)、林田良啓(新生児、小児外科)、後藤仰子医師(小児科、新生児)、持永華江医師(小児科、新生児)、高木美佐子医師(麻酔科指導医)。

「医者がすすめる専門病院 熊本・鹿児島」(ライフ企画 2009年10月)

分野 東洋医学
特色 当院は、産婦人科を中心とした病院。漢方科は02年より併設。エキス剤・煎じ薬を用いた保険診療をしている。西洋医学の併用も行い、不妊症外来、更年期外来、婦人科外来、周産期外来の専門医師と連携しながら治療を行っている。月一度の院内報(コアラジャーナル)には、漢方講座を連載している。ホームページでも閲覧することができる。http://www.fukuda-hp.or.jp/
症例数 気・血・水理論を用い、漢方診察ならびに必要なときは婦人科の診察を行い、詳しく説明した後に処方を行っている。主訴別では、更年期障害13.2%、女性不妊12.3%、生理不順10.4%、冷え9.7%、生理痛9.4%、男性不妊5.5%、月経前緊張症4.9%、不育症3.2%、その他である。生理痛や生理不順で西洋医学やエキス剤で症状改善しない場合は、煎じ薬を使用し、良い成績を得ている。妊娠中の諸症状(むくみ、高血圧など)や合併症(感冒、静脈瘤、パニック症候群、アトピー性皮膚炎など)で、西洋医学が好ましくない場合にも利用されている

★つわりには、当院独自の漢方坐薬を使用している(NAUSEA AND VOMITING OF PREGNANCY vol.1、朝日新聞社「漢方辞典」に掲載)。お産後の乳汁促進にも、当院独自の煎じ薬を利用できる

★他科で明らかな異常を認めないめまい、耳鳴り、下腹痛や尿道のほてり、性交痛などの西洋医学では対応できない症状の方も来院されている

★子宮筋腫、子宮内膜症には、外科的治療、西洋医学療法、漢方療法からの選択や併用も可能。手術が必要な場合は、当院で行っている。不妊症には、体外受精、顕微授精も行っている。精子の運動率低下や量減少がある場合は、男性への漢方療法も行い、良好な成績を得ている。手術、分娩もあるので、電話で確認の上、来院を。
医療設備 X線、マンモグラフィ、骨密度測定器、超音波、心電図、深部体温計などを備えている。
所属スタッフ 河村祥一、寺尾雅子、小原明美、楳木美智子他、常勤医18人。

「医者がすすめる専門病院 熊本・鹿児島」(ライフ企画 2009年10月)

治療実績

疾患名 病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 熊本県 全国
消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患 鼠径ヘルニア 11 11 0 28位 -
女性生殖器系疾患及び産褥期疾患・異常妊娠分娩 子宮頸・体部の悪性腫瘍 21 21 0 9位 -
子宮の良性腫瘍 77 77 0 2位 -
卵巣の良性腫瘍 35 35 0 5位 -
子宮内膜症 38 38 0 2位 -
子宮・子宮附属器の炎症性疾患 10 10 0 3位 -
異所性妊娠(子宮外妊娠) 35 35 0 1位 14位
妊娠早期の出血 61 0 61 1位 1位
妊娠高血圧症候群関連疾患 146 91 55 1位 1位
妊娠合併症等 47 31 16 1位 3位
早産、切迫早産 376 194 182 1位 1位
胎児及び胎児付属物の異常 993 676 317 1位 1位
前置胎盤および低置胎盤 22 22 0 1位 18位
(常位)胎盤早期剥離 24 24 0 1位 1位
妊娠中の糖尿病 81 41 40 2位 7位
分娩の異常 709 667 42 1位 1位
新生児疾患、先天性奇形 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 608 43 565 1位 12位

福田病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

福田病院の近くにある病院

おすすめの記事

インフォメーション

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。