診療科目

内科消化器科外科麻酔科 /血液内科/消化器内科/乳腺外科/糖尿病内科

診療時間

午前 午後 その他
9:00 - 11:30 13:30 - 16:30
9:00 - 11:30 13:30 - 16:30
9:00 - 11:30 13:30 - 16:30
9:00 - 11:30 13:30 - 16:30
9:00 - 11:30 13:30 - 16:30

午前:月火水木金(受付時間)

午後:月火水木金(受付時間)

休診日:土・日・祝

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
-
公式サイト http://www.h-kaisei-hosp.com/
アクセス 札幌市営地下鉄南北線北34条駅から徒歩3分
駐車場 無料:14台
カードによる
支払い
VISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERS ※条件によって利用できない場合があります。直接医療機関のホームページ等でご確認ください。
高度医療機器 DSA、マルチスライスCT
病床数 一般病床(108) ※カッコの中は病床数です。
病棟別病床数 障害者施設病棟(54) ※カッコの中は病床数です。

医院からのお知らせ(現在お知らせはありません)

医院の求人(現在求人情報は登録されていません)

開成病院の院長/関係者様へ
写真、お知らせ、求人の掲載は、下記よりお問い合わせください。

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。

アクセス

最寄駅からの所要時間

札幌市営地下鉄南北線北34条駅から徒歩3分

近隣の駅からの距離

  • 北34条駅(札幌市営地下鉄南北線)から0.28km
  • 麻生駅(札幌市営地下鉄南北線)から1km

地図を見る

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

開成病院の最新口コミ(1件)

専門医

外科専門医(2) / 消化器内視鏡専門医(4) / 消化器病専門医(4) / 総合内科専門医(4) / 老年病専門医(1) / 血液専門医(1) / 透析専門医(1) / 麻酔科専門医(1) ※カッコの中は専門医の人数です。

短期手術、健診・人間ドック、専門外来など

}

対応可能な短期手術(日帰り)

皮膚
皮下腫瘍摘出術
内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術

健康診査、人間ドック、健康相談

健康診断
胃がん検診
大腸がん検診

専門外来

乳腺専門外来/甲状腺専門外来

予防接種

麻疹
風疹
BCG
インフルエンザ
おたふくかぜ
水痘
B型肝炎
肺炎球菌感染症

各種療法

理学療法

リハビリ等

脳血管疾患等リハビリ(III)
運動器リハビリ(I)
呼吸器リハビリ(II)

医療機器

内視鏡
全身用X線CT
超音波診断装置
X線テレビ装置
自動血液ガス分析装置
自動血球計数装置
自動生化学分析装置
呼吸機能検査
人工呼吸器
人工腎臓(透析)装置

患者数、在院日数

平均入院患者数※2015年4月〜2016年3月 83人/日
平均外来患者数※2015年4月〜2016年3月 93人/日
平均在院日数※2016年2月〜4月 急性期 18.6日

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 消化器・一般内科
特色 当院は地域に密着した医療を重視しており、消化器科、一般内科、血液科、外科、人工透析科を標榜し診療を行っている。北海道大学を中心として、他科の専門病院と連携を密にして、種々の病状に迅速に対処しており、消化器科は消化器病全体を対象に診療している。特にヘリコバクター・ピロリ菌除菌治療や炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)に対する治療を積極的に取り入れている。また、内視鏡的治療も積極的に行い、吐・下血などの緊急症例に対しても迅速に対処している。
症例数 消化器科として1日平均外来患者数は約40例、入院症例数は年間約700例であり、食道疾患、胃・食道逆流症、機能性胃症、消化性潰瘍、消化管がん、肝疾患、胆・膵疾患、炎症性腸疾患、過敏性腸症候群などについて診療している。上部消化管内視鏡検査は年間約1,200例。大腸内視鏡検査は約700例。腹部超音波検査は1,500例行っている。ピロリ菌除菌治療はこの4年間で500例を超えており、良好な結果を得ている。また、炎症性腸疾患患者に対する治療法として、インフリキシマブによるクローン病の治療50例、潰瘍性大腸炎症例に対するGCAP(顆粒球吸着療法)、LCAP(白血球除去療法)を40例以上に行っている。また、最近は胃がん・大腸がん症例に対する化学療法に力を入れており、積極的に実施している。慢性肝炎(B型、C型)に対するインターフェロンを中心とした治療も積極的に行っており、肝硬変、肝がん患者の治療も行っている。
医療設備 ヘリカル3DCT、電子スコープ(上部消化管・下部消化管)、超音波・カラードプラ超音波装置。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ×
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 北海道」(ライフ企画 2010年6月)

名医の推薦分野をもっと見る

インフォメーション

開成病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

開成病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。