大阪歯科大学附属病院

診療時間

午前 午後 その他
8:45 - 11:00 13:30 - 14:30
8:45 - 11:00 13:30 - 14:30
8:45 - 11:00 13:30 - 14:30
8:45 - 11:00 13:30 - 14:30
8:45 - 11:00 13:30 - 14:30

午前:月火水木金(受付時間)

午後:月火水木金(受付時間/科目毎時間・曜日あり)

休診日:土・日・祝・年末年始・1/14・6/18

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- -
公式サイト http://www.osaka-dent.ac.jp/hospital/
アクセス 京阪電気鉄道京阪本線天満橋駅から徒歩3分
駐車場 有料:65台
混雑状況 比較的混まない時間帯
・口腔外科第一科: 木曜の午前の後半
・木曜の午後 ※口コミや調査による未検証情報です。 あくまで参考レベルでの利用に留めてください。
カードによる
支払い
J-Debit ※条件によって利用できない場合があります。直接医療機関のホームページ等でご確認ください。
高度医療機器 MRI、マルチスライスCT
病床数 一般病床(35) ※カッコの中は病床数です。
外国語対応 英語

医院からのお知らせ(現在お知らせはありません)

医院の求人(現在求人情報は登録されていません)

大阪歯科大学附属病院の院長/関係者様へ
写真、お知らせ、求人の掲載は、下記よりお問い合わせください。

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。

アクセス

最寄駅からの所要時間

京阪電気鉄道京阪本線天満橋駅から徒歩3分

近隣の駅からの距離

  • 天満橋駅(大阪メトロ谷町線)から0.2km
  • 天満橋駅(京阪中之島線)から0.26km
  • 天満橋駅(京阪本線)から0.26km

地図を見る

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

大阪歯科大学附属病院の最新口コミ(13件)

口コミをもっと見る

専門医

内分泌代謝科専門医(1) / 口腔外科専門医(15) / 呼吸器専門医(1) / 小児歯科専門医(8) / 歯周病専門医(3) / 歯科放射線専門医(5) / 歯科麻酔専門医(5) / 病理専門医(1) / 眼科専門医(2) / 糖尿病専門医(1) / 細胞診専門医(1) / 老年病専門医(1) / 血液専門医(1) ※カッコの中は専門医の人数です。

健診・人間ドック、専門外来、予防接種など

}

健康診査、人間ドック、健康相談

健康診査
健康相談

専門外来

ペインクリニック/口唇裂・口蓋裂専門外来/ドライマウス・ドライアイ外来/息さわやか外来(口臭外来)/白い歯外来/顎関節外来/口腔腫瘍外来/顎変形症外来/歯科CAD/CAMセンター

予防接種

B型肝炎
麻疹(はしか)
風疹
ムンプス(おたふくかぜ)
MRワクチン(麻疹
風疹)
水痘(みずぼうそう)
肺炎球菌感染症
インフルエンザ

医療機器

内視鏡
全身用X線CT
高速らせんCT(ヘリカルスキャンCT)
3D-CT
NMR-CT(MRI)
骨塩量測定装置
超音波診断装置
カラードップラー
X線テレビ装置
X線デジタル画像装置(デジタルラジオグラフィー)
自動血液ガス分析装置
自動血球計数装置
自動生化学分析装置
ホルター心電計
呼吸機能検査
トレッドミル
眼底カメラ
人工呼吸器
除細動器
マイクロサージャリー装置

在宅医療、人材募集、推薦・連携

推薦・連携 下記の施設から推薦・連携されています。

※この情報は医療機関からの情報提供に基づいて掲載しています。

大阪歯科大学附属病院の院長 / 関係者様へ
在宅医療、人材募集、推薦・連携欄への記載はQLifePro 貴院情報編集に登録いただくと無料で行えます。

患者数、在院日数

平均入院患者数※2015年4月〜2016年3月 18.4人/日
平均外来患者数※2015年4月〜2016年3月 1049人/日
平均在院日数※2015年4月〜2016年3月 一般 8.3日

大阪歯科大学附属病院で行える先進的な医療

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 歯科口腔外科
特色 口腔、顎、顔面領域に発生する腫瘍、嚢胞、外傷、炎症、先天異常、顎変形症、顎関節疾患、口腔粘膜疾患などの口腔外科的疾患の診断および治療を行っている。当病院では歯科以外の診療科として内科、耳鼻咽喉科、眼科を併設し、必要に応じてそれぞれの科が連携を取って診療に当たっている。病院は大阪市の中央部にあり、大阪城に近く、交通の便もよい。新病院になって早13年になるが、落ち着いた雰囲気の中で診療が行われ、日々内容の充実に医員ばかりでなく、病院一丸となって取り組み、各種専門外来も発足してきている。口腔外科の診療室は2つあり、チェア数は52台と多い。入院病棟は13階で、35床の入院ベットを持っている。広く静かで、見晴らしもよい。日本口腔外科学会研修指定病院。
症例数 年間新患数3,500人。外来手術件数2,500件

★口腔腫瘍は80人で、うち口腔癌は35人を占めている。舌、歯肉癌が多く、頬粘膜、口底、上顎洞癌などが続いている。それらの治療法は放射線療法、化学療法および手術を併用、あるいは手術や放射線療法を単独で行い、5年生存率は73%である。早期癌に対しては手術単独で治療することを基本としている。進行癌に対しては上記3者の治療法を組み合わせて対処している。頻度の多い舌癌に対しても手術を基本としているが、放射線の組織内照射単独で治療を行うこともある。歯肉癌、特に下顎歯肉癌に対しては手術前に3~4週間の放射線・化学同時併用療法を行い、その効果をみて手術の切除範囲を決定するが、なかには手術を回避できる症例も存在する。診断と同時に口腔ケアを開始し、術前放射線治療による粘膜炎の軽減に努め、また術後早期からリハビリテーションを行い、口腔機能の温存に力を注いでいる。治療に際しては患者様および家族と十分に話し合い、理解をしてもらうことが最も重要と考え、その上で治療法を提示している。さらに他の医療機関へのセカンド・オピニオンも勧めている。当方でもセカンド・オピニオンには積極的に対応している。顎骨腫瘍、特に下顎エナメル上皮腫に対しては、顎骨の連続性を保存し、形態と機能の温存に主眼をおいた顎骨保存療法を主に行い、再発は極めて少ない。進展例に対しては顎骨切除と欠損部への自家骨移植を同時に行っている。また、骨の再生医療に関しては、臨床に応用すべく基礎的実験を活発に行っている

★顎変形症はプロジェクトチームを組み、年間約30例の外科的矯正手術を行い、機能的、審美的に満足のいく結果が得られている。手術法では、下顎前突症に対しては下顎枝矢状分割術が多く用いられているが、上顎骨のLe FortI型骨切り術を併用することもある。下顎骨の偏位している症例、下顎角が張っている症例、オトガイが突出している症例などにも形成手術を行っている。また、顎関節症状を伴う下顎前突症に対しては下顎枝垂直骨切り術で対応している

★顎関節症は約400人の患者数である。問診表や臨床症状、さらにMRIなども含めた画像検査などで、日本顎関節学会の定めた症型分類の診断を行い、それぞれの症型に応じた治療法を試みている。約半数の症例で薬物療法、マイオモニター、スプリントを用いるとともに、顎関節洗浄療法も頻用している。本療法の奏効率は80%である。前記の治療に抵抗する場合には顎関節鏡視下検査や同手術、さらに顎関節開放手術を行うこともある。顎堤が吸収、萎縮したり、外傷で喪失したりすると、義歯の維持が悪くなったり、歯科インプラントを埋入できなくなったりするが、このための補綴前処置として骨移植などで顎堤形成術を行い、良好な結果を得ている

★唇顎口蓋裂に対しては院内の関連科が合同診断会議を行い、齲蝕予防や治療、顎発育や咬合の管理、形成手術などを行っている

★口腔粘膜疾患は50例で、白板症や口腔扁平苔癬が多い。白板症に対しては主に切除、口腔扁平苔癬は薬物療法で対応している。その他、嚢胞100人、顎骨骨膜炎、骨髄炎80人、外傷60人の治療を行っている。
医療設備 レーザー、顎関節内視鏡、凍結外科装置、超音波エコー、CT、3D-CT、MRIなど。

「医者がすすめる専門病院 大阪・奈良」(ライフ企画 2011年5月)

インフォメーション

大阪歯科大学附属病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

大阪歯科大学附属病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。