「医師・薬剤師の評価」は、以下の目的で運営されています

  • 患者の『医薬品のしくみや多面性に関心を持つ』『定型・網羅型でなく現場感ある言い回しで、医療者との実地対話に慣れる』ご支援
  • 医師の『他医の対話ノウハウを得る』『得意分野外でも患者視点での処方ノウハウを得る』ご支援
  • 薬剤師の『他薬剤師の対話ノウハウを得る』『薬剤師が有する知識を広めて社会地位を高める』ご支援

「医師・薬剤師の評価」の意義は?

旧薬事法が改正され、法律(薬機法)で「医薬品等の適正使用と、有効性・安全性の知識と理解を深める努力」が「患者責任」と規定されました。もはや素人だからと「分からないので専門家まかせ」と言えず、「医療の不確実性」に向き合うパートナーになりました。ところが実際の診療現場では互いに制約が多いため、皆が話し下手・聞き下手になってしまいます。じっくりゆっくり対話することは困難です。そのため、建設的対話をしやすくする材料・背景理解・会話技術が双方に必要となっています。
一方で、「他の薬を試してみたい」患者が、「でも薬の疑問を口にするとドクターに怒られそう」と対話を避けて転医するケースが以前から少なくありません。この場合も、医薬品について質疑応答するシミュレーション効果があるコンテンツを繰り返し目にすることで、躊躇せず、また上手に対話ができるようになると考えられます。
さらに、薬剤師ナレッジの有効活用という目的もあります。薬剤師は使用上の「ノウハウや実態」を最も把握している人であり、患者や医師からもっと頼りにされる余地があります。貴重な知識の存在を共有することで、薬剤師の活躍や地位向上にも寄与したいと考えています。

不完全な情報は患者を迷わせる?

薬口コミは、必ず「くすりのしおり」とセットで掲載されています。「くすりのしおり」とは、「患者向けのわかりやすい&要約版の添付文書」ともいうべき公的性格の文書で、医薬品の全容把握に有用です。この定型&網羅型コンテンツと、薬口コミの現場感・たとえ話・メリハリの両方がセットになって、読者の理解が進むように配慮しています。
また、そもそも医療においては「時には迷う」のが健全です。患者や家族が選択をせまられた時には、「リスクとベネフィットのトレードオフ」「医学・技術の進歩」「不確実性への姿勢」「家族・家計事情」「価値観や死生観」「時間」「医療資源の制約」などなど・・・総合的な判断が求められます。日頃から「小さな迷い」と向き合いつつ治療判断に取り組む練習をしておくことで、いつか来る「大きな判断を迫られる局面」への力になるでしょう。そもそも処方薬は、医療者しか出せないわけですから、患者の「迷い」は医療者相談を促進し、距離を縮める材料でもあります。

個人の主観コメントはEBM(エビデンスに基づく医療)に反する?

誤解している人も多いのですが、EBMは「統計データでなければエビデンスと言えない」「データだけを根拠に判断し、個人経験は排除」という考え方ではありません。むしろ「個人の経験値」も、(エビデンス・レベルは低いですが)判断根拠の一つに使うべきであり、患者と主治医間の対話材料としても重要だ、とされています。つまり、個人の経験値を明文化・共有することは、EBMを目指す医療者の支援にもなります。
また、NBM(ナラティブな医療。患者の個別性や環境や治療史などを重視)とのバランスがとりやすくなる点でも、主観情報の集合知に触れることは有用です。