【細菌性髄膜炎とは】発熱、激しい頭痛、悪寒(おかん)などが現れ、一般的に発症後24時間で病変はピークに達するので、早期診断、早期加療がポイントになります。急性化膿性髄膜炎(かのうせいずいまくえん)とも呼ばれます。 乳幼児によく起こりますが、年齢によって起因菌が… QLife 家庭の医学より

添付文書の記載をもとに、細菌性髄膜炎に関連する可能性のある薬を紹介しています。

処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

他の疾患、症状を調べる

脳や神経の感染症

新生児の病気

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、掲載製薬会社の提供情報を元に、処方薬に関しては、くすりの適正使用協議会が、市販薬(OTC)はセルフメディケーション・データベースセンターが独自に編纂したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
  • ・掲載している関連する疾患、症状とお薬の紐づけ情報は、医療用医薬品の添付文書を元に薬剤師が監修して作成したものです。内容を完全に保証するものではありません。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、くすりの適正使用協議会、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。