※ エビリファイの全薬剤(形は異なるが成分は同じ)の評価を掲載しています。「医師・薬剤師の評価」についての詳細はこちらをご覧ください。

医師(40代) 精神科(精神神経科) 大学病院

私の処方の仕方 本来は統合失調症の薬ですが、2013年6月に「うつ病に対して、抗うつ剤に付加する形での使用」が認可されました。
実感としても、少量の付加であれば気分の改善をもたらしています。
メーカーである大塚製薬によると、本薬剤特有の作用として、若干の意欲の改善効果があるようです。
しかし、エビリファイそのものがアカシジア(足がそわそわする、座っていられない)の副作用を起こしやすい薬ですので、増量は慎重にされたほうがいいかと思います。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

エビリファイの薬一覧

他にもこの薬の評価が見られています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、製薬会社の提供情報を元に、くすりの適正使用協議会が独自に編纂したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、くすりの適正使用協議会、株式会社ネグジット総研ではその賠償の責任を一切負わないものとします。

「医師・薬剤師の評価」はあくまで参考材料のひとつに

  • ・法律で「医薬品等の適正使用と有効性・安全性の知識と理解を深める努力」が「患者責任」と規定されたこと、また「他の薬を試したい」時に医師に訊けずに転医してしまう患者が少なくない実態を解消する支援をしたいと考え、1)生活者・医療者間の会話の糸口・参考例、2)医薬品についての関心や知識を深めるきっかけ・参考材料、として提供しています。詳細はこちらをご覧ください。
  • ・薬口コミの内容は不完全です。これだけで服薬中断や変更の判断は絶対にしないでください。
  • ・専門家が審査したうえで公開しています。「明らかに間違った内容」「著しく読む人への配慮に欠ける、または誤解を招く表現」のほか、「服用を強く恐怖させる表現」「処方を強く否定する記述」「強い断定」「多量摂取の推奨」「適応外処方の推奨」などを排除しています。ただし問題の「評価」を見つけた場合は、お手数ですが「問題投稿通報」からお知らせください。