イヅミ正露丸 260粒本草製薬

市販薬

印刷する

アクセスランキング(01月17日更新)

  • 先々週:--位
  • 先週:--位
  • 今週:--位
つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus

希望小売価格

260粒入り1150円

剤形

丸剤

医薬品分類

  • 第2類医薬品
  • 一般用医薬品

JANコード

4987334203023

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

作用と効果について

食べ過ぎ、飲み過ぎ、冷えなどや、とくに夏場に見られるように胃腸機能が低下しますと、とかく下痢を起こします。こんなときに止瀉薬を服用してください。
イヅミ正露丸は腸内殺菌剤などが配合された止瀉薬(下痢止め)です。
なお、「イヅミ正露丸」は丸剤特有の製造方法のためやや湿った軟かい丸剤であります。
下痢、消化不良による下痢、食あたり、はき下し、水あたり、くだり腹、軟便

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。

1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)発熱を伴う下痢のある人、血便のある人又は粘液便の続く人。
 (3)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (4)高齢者。
 (5)本人又は家族がアレルギー体質の人。
 (6)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (7)次の症状のある人。
  排尿困難
 (8)次の診断を受けた人。
  心臓病、緑内障
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
 (1)服用後、次の症状があらわれた場合
[関係部位]皮ふ
[症  状]発疹・発赤、かゆみ

[関係部位]消化器
[症  状]食欲不振、胃部不快感


 (2)5~6日間服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
 口のかわき、便秘、下痢
母乳が出にくくなることがある。

用法・用量

次の量を1日3回食後、湯又は水にて服用する。
〔年  令〕大人(15歳以上)
〔1 回量〕3粒  
〔服用回数〕1日3回 

〔年  令〕8歳以上15歳未満
〔1 回量〕2粒  
〔服用回数〕1日3回 

〔年  令〕5歳以上8歳未満
〔1 回量〕1粒 
〔服用回数〕1日3回 

〔年  令〕5歳未満
〔1 回量〕服用しないこと 
〔服用回数〕服用しないこと

(1)用法及び用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

してはいけないこと(禁止事項)

(守らないと現在の症状か悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

1.本剤を服用している間は, 次の医薬品を服用しないこと
 胃腸鎮痛鎮痙薬
2.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること
 (母乳に移行して乳児の脈が速くなることがある。)

成分・分量

9粒〔大人の1日服用量〕中、次の成分を含有する。
〔成  分〕日本薬局方クレオソート
〔分  量〕275mg
〔はたらき〕殺菌作用

〔成  分〕日本薬局方ロートエキス
〔分  量〕19.8mg
〔はたらき〕鎮痛・鎮痙作用

〔成  分〕日本薬局方ケイヒ末
〔分  量〕49.5mg
〔はたらき〕健胃作用

〔成  分〕日本薬局方オウバク末
〔分  量〕99mg
〔はたらき〕健胃作用

〔成  分〕日本薬局方カンゾウ末
〔分  量〕165mg
〔はたらき〕鎮痛・鎮痙作用

〔成  分〕チンピ末
〔分  量〕105mg
〔はたらき〕健胃作用

炭酸水素Na、グリセリン、コムギデンプン

保管方法その他

(1)直射日光の当らない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。又温度差のはげしい所では容器の内側に水滴が生じることがありますが、使用には問題はありません。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限をすぎたものは服用しないこと。

更新日付:2018年01月09日

他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • ・イヅミ正露丸 260粒を適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。