フルオメソロン0.02%点眼液

処方薬ジェネリック

フルオメソロン0.02%点眼液の基本情報

印刷する

アクセスランキング(08月23日更新)

  • 先々週:--位
  • 先週:--位
  • 今週:--位
つぶやく いいね! はてなブックマーク
  • フルオメソロン0.02%点眼液の画像
    フルオメソロン0.02%点眼液の画像

作用と効果

合成副腎皮質ホルモン(ステロイド)剤で、目の炎症をおさえて症状を和らげます。
通常、眼瞼炎、結膜炎、角膜炎などの目の炎症性疾患の治療に用いられます。

使用上の注意

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。角膜上皮剥離、角膜潰瘍、ウイルス性結膜・角膜疾患、結核性眼疾患、真菌性眼疾患、化膿性眼疾患がある。コンタクトレンズを使っている。

妊娠または授乳中

他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量

点眼する前によく振りまぜてください。通常、1回1~2滴を1日2~4回点眼しますが、年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された使用方法に従ってください。

点眼するときは、次の手順で点眼してください。まず、手を洗い、顔をあおむけにし、下まぶたを引き、目をしっかり開けて点眼します。このとき容器の先がまぶたやまつげに触れないようにします。まばたきをせずに静かに目を閉じ、1~5分間目がしらを指先で圧迫した後、目を開けてください。(他の点眼薬を点眼する場合は、はじめの点眼薬を点眼してから5分以上あけてください。)

点眼を忘れた場合は、気がついたとき、1回分を点眼してください。次からは通常の使用法に戻ってください。ただし、次の通常の点眼する時間が近い場合は点眼しないで、次の通常の時間に1回分を点眼してください。2回分を一度に点眼してはいけません。

誤って多く点眼した場合は医師または薬剤師に相談してください。

医師の指示なしに、自分の判断で点眼するのを止めないでください。

副作用

主な副作用として、眼刺激感、結膜充血などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

・(続けて使用したとき)眼痛、頭痛、見えにくい [緑内障]

・眼痛、涙が出る、見えにくい [角膜ヘルペス、角膜真菌症、緑膿菌感染症、角膜穿孔]

・(長期に使用したとき)見えにくい [後嚢下白内障]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

保管方法

乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光を避け室温(1~30℃)で保管してください。

この点眼薬は、保管の仕方によっては振りまぜても粒子が分散しにくくなる場合があるので、上向きに保管してください。

薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。

医薬品情報

製薬会社

株式会社日本点眼薬研究所

薬価

1mLあたり17.6円 先発薬を探す

剤形

振りまぜるとき白濁する懸濁点眼剤、(キャップ)ライトグレー[明るい灰]、(瓶)白色半透明、(投薬袋)透明

シート記載

-

薬効分類

神経系及び感覚器官用医薬品 > 感覚器官用薬 > 眼科用剤 同じ薬効分類の薬を探す

主成分

フルオロメトロン

この成分で処方薬を探す

YJコード

1315704Q1042

レセプト電算コード

661310232

更新日付:2015年07月15日

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

フルオメソロンに関する医師Q&A

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

フルオメソロン0.02%点眼液の他の剤形

この薬を調べた人は、他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、株式会社日本点眼薬研究所の提供情報を元に、くすりの適正使用協議会が独自に編纂したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
  • ・掲載している「関連する疾患」、「併用禁忌・併用注意」の情報は、医療用医薬品の添付文書を元に薬剤師が監修して作成したものです。内容を完全に保証するものではありません。
  • ・フルオメソロン0.02%点眼液を適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、くすりの適正使用協議会、株式会社ネグジット総研ではその賠償の責任を一切負わないものとします。