山口大学医学部附属病院

医師医療過疎地への貢献や学会活動も積極的

回答者:40代  男性  勤務先:病院(200床未満) 宇部市の基幹病院であると同時に山口県内の難しい症例が集まってくる病院です。
山口県の医療の最後の砦です。
近年ドクターヘリの運用も始まり、県の北部などの医療過疎地の救急患者の救命に貢献しています。
特定機能病院で大学病院でもあり、医師をはじめとする医療スタッフのマンパワーも充実しています。
学会等での発表や講演会、講習会なども充実しています。 2014年02月14日投稿

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

山口大学医学部附属病院の他の口コミ

山口大学医学部附属病院の近くにある病院の口コミ

インフォメーション

山口大学医学部附属病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

山口大学医学部附属病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。