口腔内カンジタ、膣カンジタの治療について2018/06/27

5月中頃から軟便〜下痢が続き、5月31日消化器外科を受診しました。クラリスロマイシン5日分処方され飲みました。 内服後一度は収まった下痢が再発し37度〜37.3度の微熱が出るようになりました。 再診にて年齢的にも大腸ファイバーを勧められ6月13日にうけました。 初見としては、問題ないとの事でした。 しかし、ファイバーを受けた後から、膣カンジタの症状と 口腔内のざらつき・つかえ感が見られる様になりました。 25日に婦人科で 洗浄と膣剤を使用し、ハリゾンを7日分処方されました。 念のため皮膚科に受診したところ、口腔内もカンジタ菌が少しいるよと言われました。 本日でハリゾン内服3日目です。 つかえ感は治らず不安です。治療はこのままでいいのでしょうか? 再診をするのは いつのタイミングがいいのでしょうか? 御回答よろしくお願いします。 既往は、橋本病があります。 甲状腺機能は保たれており、内服治療はしていません。 今内服しているのは、ミヤBM ハリゾン錠です。 (40代/女性)

マスコット先生

産婦人科

関連する医師Q&A※回答を見るには別途アスクドクターズへの会員登録が必要です。

Q&Aについて

掲載しているQ&Aの情報は、アスクドクターズ(エムスリー株式会社)からの提供によるものです。実際に医療機関を受診する際は、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また被害を被った場合でも株式会社QLife及び、エムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。