乳がんトリプルネガティブの抗がん剤について2018/12/27

乳がんトリプルネガティブの抗がん剤について 乳がんトリプルネガティブ、ステージ1で抗がん剤をしています。 パクリタキセルとECをしていまして、抗がん剤をすることで生存率80が90くらいになると言われました。 そこでお伺いしたいのですが、10%生存率が上がるとすれば、パクリタキセル5%.EC5%くらいなのでしょうか? それともパクリタキセルの方が効くとかECが効くとかあるのでしょうか? また、153cm43kgなのですが、パクリタキセルの投与量を110を3回、100を2回、90を7回しました。 投与量が通常よりも少ないと思いますが、十分効果はあるのでしょうか? よろしくお願いします。 (30代/女性)

うどん先生

乳腺外科

関連する医師Q&A※回答を見るには別途アスクドクターズへの会員登録が必要です。

Q&Aについて

掲載しているQ&Aの情報は、アスクドクターズ(エムスリー株式会社)からの提供によるものです。実際に医療機関を受診する際は、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また被害を被った場合でも株式会社QLife及び、エムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。