紫斑性腎炎の良好な経過について2020/06/26

こちらで紫斑性腎炎についてずっとご相談させて頂いています。(まもなく7歳です) 昨年3月から発症し現在に至ります、今は数か月おきに定期的に尿検査のため通院しています。 潜血はこれまでずっと+2~3、蛋白は殆ど-~±、たまに+1で、今は殆ど落ち着いています。今年一月に溶連菌にかかり尿も劇的に悪化しましたが、薬で落ち着きました。また2月に感染巣であるかもしれない副鼻腔炎の治療をしっかりしました。 クレアチニンは問題なく、血液検査もigaは高めでしたがそのほかは特に問題なかったです。 一日三回ずっとジピリダモールを飲んでいます。5月末ごろから潜血が減ってプラスマイナス1~+1になり、今では自宅の簡易検査を時々していますが、ここ数週間殆ど潜血が完全ではありませんが明らかに減っており、毎回うっすらほんのり色がつくくらいの状態が続いています。 もしかしたらこのまま完治していくのかなと期待してしまうのですがいかがでしょうか。ただ、今はマスクや自粛のお陰もあり風邪などずっとひいてないおかげもあるのかもしれません。また風邪などで再燃というか悪化を心配しています。 このままよくなっていくこともありますか? よろしくお願い致します。 (10歳未満/男性)

千葉の小児科医先生

小児内科

関連する医師Q&A※回答を見るには別途アスクドクターズへの会員登録が必要です。

Q&Aについて

掲載しているQ&Aの情報は、アスクドクターズ(エムスリー株式会社)からの提供によるものです。実際に医療機関を受診する際は、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また被害を被った場合でも株式会社QLife及び、エムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。