リウマチ患者における手のしびれ、脚のしびれ2020/08/08

77歳女性(母親)、リウマチ歴40年、メソトレキセート、デノスマブ(骨粗しょう症)等を服用しています。半年前から手のしびれを訴え始め、整形外科のクリニックで見てもらい、トコフェロールを処方されましたが効かず、別のクリニックでMRIをとり見てもらったところ、首由来のしびれということでメコバラミンを処方されましたが、気持ち悪くなるらしく服用をやめました。 そうこうしている間に、下肢にもしびれ、特に両足の裏に違和感、また、うなじの下あたりにもかさぶたがあるような違和感が出てきたようで、2番目のクリニックと相談し、大学病院を紹介してもらいました。すると、MRI画像を見てS3とS4の間が若干狭くなっているように見えるのでこれが原因かもということになり、しびれの進行が速いので、手術に向け、とりあえず脊髄の造影剤検査をすることになりましたが、検査自体のリスクはどれくらいあるのでしょうか?造影剤はオムニパーク(イオヘキソール)を使うようです。 また、手術のリスク(S3かS4の頸椎を切って狭窄を広げる?)はどれほどなのでしょうか?母も初めての首の手術のため恐怖感があるようです。検査、手術のリスク等についてご教示いただきますようよろしくお願いします。 (70代以上/女性)

taka991120先生

整形外科

関連する医師Q&A※回答を見るには別途アスクドクターズへの会員登録が必要です。

Q&Aについて

掲載しているQ&Aの情報は、アスクドクターズ(エムスリー株式会社)からの提供によるものです。実際に医療機関を受診する際は、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また被害を被った場合でも株式会社QLife及び、エムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。