うつ病は楽しいことがあっても後でだるいだけなのはなぜですか。2021/03/22

いつもうつ病のことでお世話になります。今日、ふと思ったことで、うつ病って高所恐怖症や閉所恐怖症と元は同じなのかなと思いました。うつ病は特定な事に関してではなく、あらゆること、ちょっとでも心配になるようなことでも、恐怖をいだいてしまう。それと、読んだ本に、鬱病の人はいいことがあっても、うつ状態がよくなるのでなくてただだるいだけだ、ということが書いてあって笑ってしまいました。本当にそのとおりです。本当にだるいだけです。広場恐怖とかいうのは、行動認知療法や森田療法などで治るようですが、鬱は治りませんよね。自分は歳も歳なのでもうこの鬱が治るとは思っていません。できるだけ自分のことで周りに迷惑や嫌な気分をさせないように気を配っていこうと思っています。几帳面だからとか完璧主義だからと言われてもいまさらもうどう仕様もありませんからね。よくもまあ30年以上も薬を飲みながら仕事も頑張ったと思っています。高齢のうつ病の方々に先生方はどのようにお話されているのかもしよかったらお話ください。 (60代/男性)

プレアデス先生

精神科

関連する医師Q&A※回答を見るには別途アスクドクターズへの会員登録が必要です。

Q&Aについて

掲載しているQ&Aの情報は、アスクドクターズ(エムスリー株式会社)からの提供によるものです。実際に医療機関を受診する際は、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また被害を被った場合でも株式会社QLife及び、エムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。