[がん患者と家族が語る「闘病の悩みと解決法」] 2010/02/26[金]

いいね!つぶやくはてなブックマークGooglePlus

【大腸がん】家族の「悩み」「医療者との関係」


40歳代
女性
治療内容 外科手術(大腸の一部を切り、直腸とつなげた)
医療者との
関係
医療機関は特に相談しませんでした
痛みを
和らげるには
患者であった父があまりにも一般的な「がんの告知を受けた人」の例にそぐわず、常のように前向きで「なっちゃったもんしょ~がねえし~。ま、やるだけやてみるしかないんじゃね?」といった様子だったので、さほど心配することはなかったので、あまり参考になる意見・アイデアはありません。ですが、過去を悔やんでも仕方がないので、その時点で出来る範囲のことを患者本人・周囲もしてあげるのが一番いいと思います。どんなに悔やんでみても、病状が好転するわけはないので。ちなみについ最近、別居の義父も胃がんを告知されて、現在入院中です。義父の場合は、定期健診をここ数年受けていなかったことが災いしました。毎年の検診を受けるようお勧めします。
今は… 既に治癒し、治療はうけていない
50歳代
女性
治療内容 外科手術(大腸のがんの前後15センチずつ切除)
医療者との
関係
残念ながら特にありませんでした。
痛みを
和らげるには
本人が社交的であれば、同じ病気の人たちとの交わりなどもあると思うが、そういうわけでもないので、本人のいらだちが、こちらに向いたのだと思う。私は冷静に受け止められたが、母は辛かったと思う。一人、姉がいるが、無関心な人なので、結局、全ての決断や、医者との交渉など、冷静な私がすることになり、仕事時間のやりくり等、大変だった。もっと、がんは、怖いものではないというプロパガンダが欲しい。
今は… 既に治癒し、治療はうけていない
40歳代
女性
治療内容 外科手術(不詳)
医療者との
関係
家族は、長く付添いをしていると、心も体も疲れてきます。そんなときに、毎日顔を合わせている看護師さんや医師に、顔を覚えてもらって、声をかけて頂けると、ふと安らぎを覚え、有難かったです。
痛みを
和らげるには
長い闘病生活、そしてもう治る可能性の低い病気・・・そんな時は、やはり看護師さん、担当医(担当でなくても信頼できる先生)などの、話をいつでも聞いてくれる・・・という優しさが信頼感、安心感につながります。大きい病院の場合、あまりの忙しさに、その時間がなく、患者や、その家族はより不安になってしまいます。医療従事者が、ゆっくり話を聞いてくれる病院内機関の充実を願います。
今は… その他(既に死亡など)
40歳代
男性
治療内容 外科手術(不詳)、薬物療法(不詳)、放射線治療(不詳)
医療者との
関係
医師は、家族の心のケアまではできないと思います。
痛みを
和らげるには
対面して相談するほど、自分は強くなかった。逃げていたという自責の想いがあり、うつ病になり、治療に長い時間を要した。あの時、抱え込まずに誰かに相談していれば…と思う。相談もいろいろあると思うが、人の意見や経験は納得できなかった。自分で答えを発見できるコーチングに目のウロコが落ちが感じがした。がんに関する専門知識をもった人がコーチングできるとよいと思います。
今は… その他(既に死亡など)
20歳代
男性
治療内容 外科手術(不詳)
医療者との
関係
痛みを
和らげるには
ガンの種類や性質、どのような症状が現れるなどがわかるサイトがいっぱいあればいいと思う。本人以外で家族または他人が目で見て分かる症状を、簡単に調べられることや、ガンにならないための予防法・食事療法などがすぐ分かるようなサイトいっぱいあればいいと思う。他人にしか相談できないことなど、参考程度にはなり、軽減になると思います。
今は… 外来通院中
40歳代
女性
治療内容 外科手術(不詳)、薬物療法(不詳)
医療者との
関係
「完治の可能性が大きいがんなので、がんばりましょう。」と笑顔で、説明してくださったので、私も、母を励ましていけたと思う。
痛みを
和らげるには
両親は、がんイコール死と、考えて、悲観し落ち込んでしまう。父がまるで役にたたず、母は、家に閉じこもってしまったので、地域ケアプラザなどで、がん克服友の会が出来て、互いを励ましあい支えあっていけるサークルがあればいいかな。がんを克服された、タレントさん有名人が、もっと露出して、元気な姿をテレビに出てほしいです。
今は… 外来通院中
50歳代
男性
治療内容 外科手術(直腸摘出、人口肛門を付ける)、薬物療法(不詳)
医療者との
関係
担当の医師が若かったのにも関わらず優秀で、何時も患者さんの手を握り話かけてくれたので、精神的にも安心感が有ったと思います。
痛みを
和らげるには
生死を分ける様な大手術をし、長い病院生活を余儀なくされる老人達にとって病院がもっと患者を労わり隅々に目を配れる事が出来る様に最も大切な心のケアが出来る様に、看護士さんの人数を増やして欲しいし、給料もとても安いと聞いているのであのような大変な仕事をする人々をもっと優遇して欲しい。優秀な医者の数も増やして欲しい。
今は… 既に治癒し、治療はうけていない
30歳代
男性
治療内容 薬物療法(FOLFOX4レジメFOLFIRIレジメTS-1アバスチンアービタックス)
医療者との
関係
直接的にはありませんが、医療関係者の努力が、患者と家族を支えている事は間違いありません。
痛みを
和らげるには
患者本人同士がつながり支えあう場がある事は否定しませんが、患者家族が精神論を語り合うだけの互助会的な場は要りません。そんなものは何の救いにもなりませんから。情報交換の場であれば良いですが、そういう場は既にありますし…。必要なのは、新薬認可のスピードアップや治療費の軽減等、現実問題の解決です。要は国の問題です。
今は… 外来通院中
30歳代
女性
治療内容 外科手術(直腸切断術(人工肛門増設を含む))、薬物療法(ユーエフティE配合顆粒)
医療者との
関係
医療従事者の負担を増やすことになるが、もっと本人や家族の悩みを聞いてくれるような場があればと思います。
痛みを
和らげるには
TV放送で取り上げられたがん患者やガン以外の重症患者と家族の記録の番組。それによって考え方を変えてみたりして、最終的に悩みの軽減になった。TVや雑誌とかでがん患者自身・家族の精神的な部分の体験談等を目にすると、自分だけでない悩みなんだとわかり、落ち着かない気持ちがなんとなく和らぐ気がする。
今は… 外来通院中
50歳代
男性
治療内容
医療者との
関係
告知をしていただいたので、自然に対処出来たような気がする。
痛みを
和らげるには
自然が一番だと思います。気を遣いすぎたり、悩みを抱えると、患者が顔色を見たりすることが多くなり逆に気を遣うようになり、お互いにいらだちが起きたりする。今迄にしたかったことや出来なかったこと、食べたいものなど、率直に聞きました。悔いのない時間を大切にしてあげることが一番と思いました。
今は… その他(既に死亡など)
40歳代
女性
治療内容
医療者との
関係
痛みを
和らげるには
うちの場合は、たまたま腰痛を訴えて初めて行った病院でなんとなく内視鏡検査をして、偶然にもとったポリープの先端が悪性だったというものでした。なので術前よりは術後のほうが、心の動揺が激しかった気がします。そういうときの本人もつらいが、周囲がどう対応したらいいのかすごく戸惑いました。
今は… 既に治癒し、治療はうけていない
60歳代
女性
治療内容 外科手術(悪性のポリープ切除)
医療者との
関係
医師は「悪いところを取ったから大丈夫」と言ってくれたが、本人はショックを受けて、沈みこんだり、物事に対する取組の姿勢が変わり、積極性、やる気が無くなった。
痛みを
和らげるには
悪性のポリープだということで、一日入院して手術をしてきた。本人は「内視鏡で、大腸のポリープをとってもらった」としか言わないので詳しいことは分からない。ポリープの段階で発見されたので、悩みはないが、本人が毎晩お酒を飲み不摂生なので、本当にがんになるのではないかと心配している。
今は… 既に治癒し、治療はうけていない
30歳代
女性
治療内容 外科手術(結腸ガン切除)
医療者との
関係
痛みを
和らげるには
私の場合は、妹が看護士なので相談する相手がいたので大いに助かりました。身近な人で相談できる機関や人がいるのといないのでは、家族として大きな違いがあると思います。本人ではなく家族ならではの悩みをお互い持っている人同士の交流の場があればいいのではないかと思います。
今は… 外来通院中
50歳代
女性
治療内容 外科手術(大結腸切除術)
医療者との
関係
とても忙しい医師でしたが、退院するまで毎日病室を訪れてくださいました。2~3秒間でも毎日医師の顔を見ることで「見捨てられていない」とか「守られている」という安心感が大きいと思います。家族が付き添うことよりも、効果は絶大だと思います。
痛みを
和らげるには
患者への病名の告知について、家族の中でも意見が分かれました。がんを克服した元患者や家族からの経験談をもっと聞く機会があれば、家族から患者への経済的・精神的サポートの参考になると思います。それぞれ置かれている立場が違うので、たくさんの経験談が必要だと思います。
今は… 既に治癒し、治療はうけていない
30歳代
女性
治療内容
医療者との
関係
痛みを
和らげるには
お尻から内視鏡で組織を採って検査した際に全てのがん細胞が偶然とれた(ポリープのみだった)。知人に話したら、何人かが同じような経験があったので少し気分が落ち着いた。考えしずぎないようになった。保険以外のお金に関しての相談を、気軽に役所などで説明したもらいたい。
今は… 既に治癒し、治療はうけていない
30歳代
女性
治療内容 外科手術(不明)
医療者との
関係
何かの病気となると、外科医をしている従兄に意見を求めることがありますが、心筋梗塞でも癌でも「大丈夫、大したことはない。」というような意見なので、不安にならないようにという配慮があっての意見だとしても気は楽になる。
痛みを
和らげるには
患者本人は父ですが、大腸がんは比較的一般的なことは知っていたし、本人が平然としていたため、特に不安は感じなかった。ただ癌というと治療費がかさむ印象が強いので、様々な癌の種類別のおおよその治療費などが、インターネットなどで簡単に調べられたら良いと思う。
今は… 既に治癒し、治療はうけていない
60歳代
女性
治療内容 外科手術(不詳)、薬物療法(不詳)、放射線治療(不詳)
医療者との
関係
痛みを
和らげるには
姉と妹が相次いで直腸がんと診断され、腫瘍部分の摘出手術を受けた。3年ほど前で、今は1年に一度の検診の結果、放射線治療を受けている。もし私自身が、がんになったら・・、家族のことが一番心配になるので、家事などを負担してくれるシステムがあると心強い。
今は… 外来通院中
40歳代
女性
治療内容 外科手術(不詳)、薬物療法(不詳)
医療者との
関係
痛みを
和らげるには
悩みを話し、じっくり聞いてもらえること。共感できること。人により看護師は職業柄か、無神経な対応・言動をするので話す相手を選ぶ。体験のない人は、想像でものを言うので、返答にショックを受けることがよくあったので、経験者の方が望ましいように思う。
今は… その他(既に死亡など)
50歳代
男性
治療内容 外科手術(大腸狭窄のためのガン切除(転移のためあくまで狭窄とる手術))、薬物療法(クレスチン)
医療者との
関係
「抗がん剤の副作用で食欲がなくなった」と言えば、医師は「抗がん剤の治療を止めましょうか?自宅に帰ってもいいですよ」とか言います。それはうれしい反面、ガンの治療を諦めたことと同じなので、逆にもう治療はできないのかと不安になってしまう。
痛みを
和らげるには
いろんな抗がん剤の新薬をどんどん試せたらとつくづく思うのですが、医師からはそのような提案もないし、こちらからは言いにくいしで、そのような相談を病院内の相談室等に気軽に相談できて担当医に間接的にでも検討してもらう機会があるといいのですが。
今は… 入院中
40歳代
女性
治療内容 外科手術(不詳)
医療者との
関係
痛みを
和らげるには
「自分の家族がいなくなってしまう」という不安、「患者のために何ができるのか」がわからない気持ち。そうした心のケアから専門的な入院つきそいまで、相談にのってくれる機関があればいいと思います。とにかく、何をしたらよいか分からない状態でした。
今は… その他(既に死亡など)
【大腸がん】家族の声をすべて読む

すべての【大腸がん】家族の声を、上記からダウロードできます。是非ご覧ください。

Get Adobe ReaderPDFファイルを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。右のアイコンからAdobe社のサイトへ移動してください。リンク先には、ダウンロードまでの説明が掲載されていますので、手順に従いダウンロードしてください。

nyugan.info 乳癌診療情報サイトSURVIVORSHIP.jp

おすすめの記事

この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。