口唇ヘルペスは、唇やその周りに痒みや痛みを伴う小さな水ぶくれ(水疱)ができる感染性の病気で、「単純ヘルペスウイルス」というウイルスが原因となって起こります。疲れたときや発熱時など免疫が低下しているときに症状が出ます。日本人の10人に1人は発症したことがあると言われており、とてもありふれた病気ではありますが、繰り返し発症する患者さんも多く、その辛さはあまり共有できていません。
そこでこの度、口唇ヘルペスの症状にお悩みの患者さん3名によるオンライン座談会を企画し、患者さんが口唇ヘルペスで困っていることや治療の満足度などについて、ざっくばらんにお話しいただきました。
座談会に参加された患者さんからのご質問には、中野皮膚科クリニック院長の松尾光馬先生にお答えいただきました。

監修:松尾光馬 先生
中野皮膚科クリニック 院長 / 東京慈恵会医科大学皮膚科学講座