会員限定この記事を読むと10pt 進呈!!

新規会員登録(無料) ログイン

[サプリメントコラム] 2008/05/07[水]

いいね!つぶやく はてなブックマーク

0507_100.jpg4月24日に投稿した「楽に死ねる方法など無い!硫化水素自殺の闇」というコラムに対し多くの読者の方からメールやコメントを頂いた。頂いた全てのメールやコメントを拝見する中で、大半の読者の方々の自殺に対する深い憂慮と死を考える方への励ましに、とかく人間関係が希薄と言われる現代において、まだまだ捨てたものではないと安堵した。

硫化水素による自殺は後を絶たず

一方、「本当に苦しんでいる人には頑張れという声は届かない」「生きるのが辛いから死を選ぶんだ」というような、自殺する事を選択せざるを得なかった方々への理解や同調を求めた内容も寄せられた。また「死ぬ奴は好きにさせればいい」「人に迷惑をかけるな」というような内容もあった。

投稿後も残念ながら、硫化水素による自殺は後を絶たない。自殺がブームと言われる事に薄ら寒いものを感じる。今回、硫化水素自殺を取り上げたが、実際、日本では年間3万人以上が自殺しており、件数は増加傾向だという。多くの人々が自分の人生に自ら幕を下ろす決断をせざるを得ない事に正直、愕然とする。

「死」は究極的な問題の解決法なのか

時に「死」が究極的な問題の解決法であると言われる。これは、ある意味正論だし否定はしない。自殺はもっともタブーとされる国々ですら自殺は存在するのだから、知恵を持った人間の宿命なのかもしれない。
筆者は自殺を考えた事は無いし、自ら命を絶つ究極の選択をしてしまう、あるいはせざるを得なかった方々の気持ちを憶測では語る事は出来ない。そんな些細なこと・・と思うことでも思い悩む人は悩んでいるのだろう。コメントを寄せていただいた方の中にもあったが、本当に苦しんでいる人に「頑張れ」という言葉は届かないのかもしれない。

一方、「このサイトをみたら私はもう一度頑張って生きようと思いました。」という力強いコメントを頂いた。涙があふれた。。。

もしも貴方が死を選ぶことを考えているなら、一つ知ってほしい。
悩み、苦しみを背負い、生きることは容易い事ではない。でも、貴方は決して一人ではない。貴方は一人で生まれてきたのではない。貴方が思っているより多くの人々が、自殺のニュースを聞くたびに心を痛めている事を知って欲しい。

記事を読んでポイント獲得!

10pt 進呈!!

この記事を読んで
簡単なアンケートに回答すると、
"Amazonギフト券に交換できる"
QLifeポイントを獲得できます!

おすすめの記事

この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。