[赤ちゃん湿疹…食物アレルギーかも?] 2008/06/09[月]

いいね!つぶやく はてなブックマーク

table1.gif食物アレルギーは、母乳だけの時期はあまり起こりませんが、離乳食が始まったころからが注意。「口のまわりや顔、体に発疹が出て、かゆがったり、機嫌が悪くなったりしたら、アレルギーに詳しい医師に相談しましょう」。
どんな症状が出ているか、いつからこういう症状が起こったのか、食べてすぐ出たのか、何を食べた後に症状が出たのか、こういうことは以前にも起こったか、それとも初めてのことか…などを整理して医師に伝えてください。赤ちゃんの病歴、家族の病歴なども質問されます。
問診のあと、原因を探るために血液検査や皮膚テストをします。それでも十分な診断がつかない場合には、食物除去試験(疑わしい食物を1?2週間除去してみて、症状がよくなるかどうか観察する)を行います。
そして、最終的な確定診断のために、食物経口負荷試験(原因と思われる食物を与えてみて症状の変化を見て確かめる)を行うこともあります。
「食物経口負荷試験は、アレルギー専門医のいる病院で、十分に注意して行うものです」

治療は除去食 勝手な過剰除去は厳禁

食物アレルギーを起こしている原因となる食物が判明したら、それを除去していくのが対応の方法です(除去食療法)。もし複数の原因食物があるのなら、まずどれをどの程度除いたらいいかなど、医師とよく相談をしないといけません。
「大事なのは、除去食療法は医師の指示に従って行うことです。素人判断で勝手に過剰に除去したり、逆に原因となっていることを知らずにどんどん与えていたりするのが一番困ります」

» つづき「成長に必要な栄養の確保 正しいスキンケア、湿疹の治療も」を読む


おすすめの記事

アレルギーに関する
アトピー性皮膚炎に関する
この記事を読んだ人は
他にこんな記事も読んでいます。
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。