会員限定この記事を読むと10pt 進呈!!

新規会員登録(無料) ログイン

[ヘルスケアニュース] 2015/07/27[月]

いいね!つぶやく はてなブックマーク

年齢によって異なるジョギング・ランニングの目的

 現在、多くの人が楽しんでいるジョギングやランニング。とくにここ数年は、健康ブームの影響もあってか、増加の一途をたどっている印象があります。そこで、インターネット調査会社の株式会社インテージがその実態調査を実施。それによると、ジョギング・ランニングの主な目的は、「健康管理・体力維持」が最も多く全体の5割以上を占める結果になりました。

 ただし、その目的は年齢によって異なるようです。20代の女性では「美容・ダイエット」が39.6%と最多。男女ともに60代は「美容・ダイエット」の割合が低く、「健康管理・体力維持」が高くなりました。年齢があがると、健康のために走る人が多くなるようです。

 一方、「ストレス解消・リフレッシュ」と「ファンラン」を目的にしているのは、女性の方が高い割合に。「自己研鑽」や「アスリート」を目的としているのは40~50代の男性が中心でした。働き盛りの男性は、ランニングにも「結果を残す」と真剣なようです。

人気の理由は、「距離」も「支出」も無理なく続けられるから?

 ジョギング・ランニングを始めた時期では、「5年以上前」が最も多く全体の4割近くに。また、全体の半数以上が週1回以上実施していることがわかりました。ジョギング・ランニングは、多くの人にとって、長い間継続して、定期的に続けられる楽しみとなっているようです。

 気になる1回当たりの走行距離は、「1~3km程度」が36.4%、「3~5km程度」が36.7%と、5km以内が半数以上を占めています。多くの人が自分にとって無理なく継続できる距離を設定して、楽しみながら走っている様子がうかがえます。

 また、ジョギング・ランニングのグッズ購入のための年間支出金額は平均1万6,318円。高い年代ほど支出金額が多い傾向に。ただし、全体の4割近くが支出「0円」と、費用をかけずに気軽に始められるスポーツであることも、人気の理由のひとつのようです。(下玉利 尚明)

記事を読んでポイント獲得!

10pt 進呈!!

この記事を読んで
簡単なアンケートに回答すると、
"Amazonギフト券に交換できる"
QLifeポイントを獲得できます!

おすすめの記事

この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。