[ヘルスケアニュース] 2015/08/25[火]

いいね!つぶやくはてなブックマークGooglePlus

出産後にもバリバリ働きたい!でも現実は・・・

 働く女性にとって「出産」は大きな出来事。出産後に復職を希望し、出産以前と変わらぬ勤務形態で働きたいと考えている人は多いようです。ディップ株式会社と株式会社STRIDEが、未婚者300人と既婚者500人を対象に実施した調査で明らかになりました。

 それによると、復職時に希望する勤務日数は「週5日」が37%で最多に。「週4日」も35%で、7割以上の女性が復職後も出産以前とほぼ同様の勤務形態で働くことを希望していることがわかりました。勤務時間も1日「6時間」が32%、「5時間」が30%でした。

 多くの女性が出産以前と同様に働きたいと考えているのに、現実は異なるようです。復職した既婚女性に実際の勤務日数を聞いたところ、「週5日」が26%と最多でしたが、「3日」が21%、「1日」が16%。勤務時間は「3時間未満」が55%と半数を超える結果となりました。

気になる復職後の「収入」は?

 理想と現実の差は「収入」にも表れています。復職時に希望する月収は「10~20万」が57%で最多ですが、実際に得ている収入は「5~10万」が37%。「10~20万」と希望通りに収入を得ている女性も22%でしたが、「5万未満」も22%でした。

 一方、復職して稼いだお金の使い道を聞いたところ、未婚女性も既婚女性も最も多かったのは「日々の生活費」。未婚女性では「子供の養育・教育費」、「老後の蓄え・貯金」が多く、既婚女性は「趣味・娯楽費」が多いという違いも見られました。

 また、復職時の不安では、「子供の事情で欠勤することに職場の理解が得られるか」、「育児・家事・介護が両立できるか」という回答が多くありました。女性が出産後も安心して職場に復帰し、育児と仕事を両立させるには、家族や職場の理解が大切なようです。(林 渉和子)

おすすめの記事

この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。