会員限定この記事を読むと10pt 進呈!!

新規会員登録(無料) ログイン

[ヘルスケアニュース] 2015/10/13[火]

いいね!つぶやくはてなブックマークGooglePlus

2015年春と比べて、四国と九州は1.5倍、大阪は2倍に

 日本気象協会は10月7日、2016年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)の飛散予測の第1報を発表しました。

 2016年春シーズンは、2015年春と比べて、四国と九州で約1.5倍の飛散数、東海、近畿はやや多く飛ぶと予測しています。一方、関東、中国では前年並み、北海道や東北、北陸ではやや少ない見込みです。また、東京ではほぼ前年並みですが、大阪は2015年春の飛散数が少なかったこともあり、約2倍近くとなる見込みです。

 毎年の花粉の飛散量は夏の気象条件が大きく影響すると言われており、一般的に、気温が高く、日照時間が多く、雨が少ない夏の翌年には、飛散数が多くなります。ここで、全国の2015年夏の気温・日照時間、降水量について振り返ってみましょう。

◆気温
東北地方や関東甲信地方では7月下旬から8月上旬にかけて、特に気温が高くなりました。一方、西日本は、前線や台風などの影響もあり2年連続の冷夏となりました。

◆日照時間
北海道~北陸、関東甲信地方まではほぼ平年並みの日照時間でしたが、東海地方から西では少なく、西日本の太平洋側では特に少なくなりました。

◆降水量
北海道、東北、北陸地方では平年並みか少なく、西日本太平洋側ではかなり多く、その他の地域では、平年並みかやや多くなりました。

各地域別の2015年、2016年飛散予測

【北海道】やや少ない(前年比80%)
■■■■■■■■2016年春
□□□□□□□□□□2015年春

【東北】やや少ない(前年比80%)
■■■■■■■■2016年春
□□□□□□□□□□2015年春

【関東・甲信】前シーズン並(前年比100%)
■■■■■■■■■■2016年春
□□□□□□□□□□2015年春

【北陸】やや少ない(前年比80%)
■■■■■■■■2016年春
□□□□□□□□□□2015年春

【東海】やや多い(前年比130%)
■■■■■■■■■■■■■2016年春
□□□□□□□□□□2015年春

【近畿】やや多い(前年比120%)
■■■■■■■■■■■■2016年春
□□□□□□□□□□2015年春

【中国】前シーズン並(前年比90%)
■■■■■■■■■2016年春
□□□□□□□□□□2015年春

【四国】多い(前年比150%)
■■■■■■■■■■■■■■■2016年春
□□□□□□□□□□2015年春

【九州】多い(前年比160%)
■■■■■■■■■■■■■■■■2016年春
□□□□□□□□□□2015年春

(QLife編集部)

記事を読んでポイント獲得!

10pt 進呈!!

この記事を読んで
簡単なアンケートに回答すると、
"Amazonギフト券に交換できる"
QLifeポイントを獲得できます!

おすすめの記事

花粉症に関する
アレルギーに関する
この記事を読んだ人は
他にこんな記事も読んでいます。
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。