[ヘルスケアニュース] 2017/10/25[水]

いいね!つぶやくはてなブックマークGooglePlus

糖尿病や心疾患など、その他の重篤な疾患とも関連する自己免疫疾患


画像はリリースより

 日本イーライリリー株式会社と鳥居薬品株式会社は、視聴者参加型webイベント「乾癬webTV~もっと話そう、乾癬のこと」を2017年11月2日(木)19時30分から開催することを発表しました。同イベントは、パソコンやタブレット、スマートフォンなどの端末とインターネット環境があれば、場所を問わずに無料で参加可能(別途通信料がかかります)。事前登録制で、参加を希望の方はhttps://ez-entry.jp/WebTV/entryからの申込みが必要です(当日の申し込みも可)。

 乾癬は、免疫システムが皮膚細胞の成長サイクルを加速させるよう間違ったシグナルを送ることによって発症する慢性の自己免疫疾患です。全世界で約1億2500万人が罹患しており、その約20%が中等症から重症の尋常性乾癬です。乾癬は身体のどの部分にも発症する可能性があり、糖尿病や心疾患など、その他の重篤な疾患と関連します。

パネルディスカッションではリアルタイムアンケートも

 「乾癬webTV」では、皮膚科医の東邦大学医療センター 大森病院 橋本由起先生や日本乾癬患者連合会 柴崎弘之さんの講演やパネルディスカッションのほか、日本体育協会公認アスレティックトレーナー 中江梓さんによる体操実演プログラムも。また、パネルディスカッションでは、リアルタイムアンケートも行う予定で、「視聴者参加型」を実感できるプログラムです。

 日本イーライリリーと鳥居薬品が2016年8月に実施した調査によると、中等症・重症患者さんの91%が「医師と治療目標を共有することがより良い治療につながる」と考えているものの、39%が「きちんと医師に治療目標を伝えられていない」と回答。医師と患者さんのコミュニケーションにおける課題が浮き彫りとなりました。この「乾癬webTV」を通して、主治医とのより良いコミュニケーションのヒントがつかめるとよいですね。(QLife編集部)

おすすめの記事

乾癬に関する
この記事を読んだ人は
他にこんな記事も読んでいます。
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。